« 「鳥の眼/虫の眼-仰木・地図をめぐる視点」展 | トップページ | ふなずし漬けの季節です »

2007年6月25日 (月)

研修1「魚のゆりかご水田」+おしょうゆ作りレポ その1

6月23日(土)

「農と食のコーディネーター養成講座」
第一回目の研修は
水土里ネット愛西の西川宗右衛門さんの案内で「魚のゆりかご水田プロジェクト」の現場を見学。
お昼は竜王町へ。「竜王町農村女性加工グループ あえんぼグループ」のみなさんが作ってくださったお弁当(ボリューム満点!)をいただきました。
このグループでは地元の大豆や小麦を使ったおしょうゆ作りをしていらっしゃいます。松村和子さんからおしょうゆ作りのきっかけなどをお聞きした後、実際のおしょうゆ作りを見学&味見させて頂きました。

研修に参加した5つのグループのみなさんの感想を順にアップします(^^

Cimg1559

<つなぎ隊>・・・全員参加!よいお天気!
「魚のゆりかご水田プロジェクト」いろいろ説明を受け現地へ。
酸欠で浮いていた稚魚が気の毒でした。
「おしょうゆ作り」は大変興味がありました。
岩塩の量が多いように思えました。口にした時は塩辛く感じました。”菌”の力に驚きです。誰が発見したのでしょうネ。
今日の「つなぎ隊」はお弁当をいただきながらかなり個々の意見を交わすことができたことが収穫でした。
”環境について”、”こだわり”について、”手づくり”についてなどでした。まだまだこれからできそうです。楽しみです。(レポート/清水さん)

<にこにこグループ>
AM9:30
魚のゆりかご水田プロジェクト見学。田んぼで魚が泳いでいる姿を見ると安心してお米が食べられると感じ、琵琶湖に直結している所だけにうれしく思いました(間宮 談)

PM12:00
ドラゴンふれあいセンターにとっておき昼ご飯♪
一品づつこだわった食材で作って頂いたお弁当は本当に美味しかったです。ぜひ今度は家族でいただきたいと思います。(小國 談)

PM13:00
竜王町女性センター あえんぼグループのお醤油作り見学
小麦、大豆、醤油菌から作られた麹を見せて頂き、それと冷水と合わせ、混ぜさせて頂いた事がとても刺激的で!また、1年寝かせたものは色も香りもグンッと食欲をそそられました。それから絞って醤油がチョロチョロッと流れ出た時の音は感動的でした。
これぞ!!「にこにこグループ」の”五感を鍛える”テーマに沿った体験だと思いました。
☆あえんぼの名前の由来は、つつじに似た可愛い花で竜王町の町花にちなんでいるとお聞きしました。(赤松 談)

|

« 「鳥の眼/虫の眼-仰木・地図をめぐる視点」展 | トップページ | ふなずし漬けの季節です »

2007年 農と食のコーディネーター養成講座」カテゴリの記事

コメント

田んぼに生き物が居るのは本来当たり前なのですが、いつからか、それは珍しいことになってしまいました。
安全や安心があってそこの「美味しさ」だと思います。

投稿: 事務局(は) | 2007年7月 3日 (火) 11:02

農薬で生き物が死んでしまう土地で作られ、安くあげようと手抜きの工場で作られた恐ろしく不衛生な食べ物がきれいな陳列棚に並んでいる。。。最近のニュースでそういう話を聞くにつけ、生産する人、加工する人、食べる人の顔が見えるって大切だなーって思います。

投稿: ブログ担当どらここ | 2007年7月 3日 (火) 16:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「鳥の眼/虫の眼-仰木・地図をめぐる視点」展 | トップページ | ふなずし漬けの季節です »