« 大阪で学んだ農と食の連携 | トップページ | 研修2 アリサハウスミュージアム@京都 »

2007年7月23日 (月)

すごいおいしいお米らしい!!

10月21日に産地見学会があります。
スーパーバイザー成田さんと、森本参事が練りに練って(!?)いや、勢い?で決定したのが
「蒲生郡日野町の別所の田んぼで美味しい別所のご飯食べよう」
おまけに午前中には飼畜場で絞りたての新鮮ミルクでチャイを作る!!

OH~、今からバラしちゃっていいですか?いや~、こんなチラリズムにもゴクリとくる内容でしょ?

Cimg1784そういう訳で、昨日7月22日に成田さんと森本参事、そして幹事の今西さんとワタクシ、どらここの4人で別所の組合さんを訪問して下見をして来ました。
日野の別所ってここです!
来てみてびっくり。
あら~、307号線のすぐそば。よくドライブしながら眺めていた所だわ~。
ここ、滋賀でもお米がすっごく美味しいところなんですって!
知り合いのお米屋さんもおっしゃってました。

Cimg1780お話しをうかがったヤブさんはじめ、4人の組合員の方。
ここは日野で初めての集落営農に取り組んでいらっしゃいます。
こだわり米をはじめ色々なお米を栽培されてますが、なぜ別所のお米は美味しいと言われるのでしょう?
土や水の違い、その他様々な環境要因が複雑に作用してできるダイヤモンドのような味なのでしょう。
そして日野といえば日野菜。
しかし、私たちが知っている日野菜と日野の日野菜はちょっとばかり違うらしい。日野の鎌掛(カイガケ)という集落で取れる日野菜は白と赤の部分がスカッと色が別れるそうです。普通野菜売り場で見る日野菜の色は薄ぼんやりと色が変わるのですが、そういうところが違うと。しかも、みんな家で食べる分だけ作って、漬けているそうなので、外にあまり出ません。最近はこういう田舎の家でも漬物があまりお好きでない人も少なくないそうで、本当にちょっとだけ、、と。


田んぼに松尾芭蕉の碑が建っています。
「昔、芭蕉がここで追いはぎに遭ったらしいです」
芭蕉、そこで一句----。(爆笑しました)

この辺りはそれでも昔から平和な土地柄で、成田さんいわく、
「別所の方たちはほ~んとに穏やかな優しい顔をされていますね~」

別所のみなさん、成田さんのリクエストに答えて一生懸命準備してくださってます。
昨日もお土地柄のいろんなお話を聞かせていただきました。
みなさん、楽しみにしててくださいね!

|

« 大阪で学んだ農と食の連携 | トップページ | 研修2 アリサハウスミュージアム@京都 »

こだわり滋賀ネットワーク日記」カテゴリの記事

コメント

どらここちゃんもお疲れ様でした。   別所の田んぼ、山や川そして空の色の美しいこと・・・それにあぜ道の草花が風に揺れて、その向こうには、お百姓さんの働く姿が見える!!この風景を私達は心から大切にしなければならないと、しみじみと思うことでした。         別所の方々は、すでに受け入れの準備を着々とスタートしてくださってます。昨日は組合長の薮さんが当日使う竹のお椀の準備に入りましたと電話で伺ってほんとに嬉しくなっちゃいました!!         たくさんのご参加お待ちしてまーす!  おみやげも色々あるの!  まだ詳しく言えないけど・・・ううう・・・苦しい・・・言いたいけど10月21日の超お楽しみ! 乞うご期待!!

投稿: 成田屋 | 2007年7月26日 (木) 13:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大阪で学んだ農と食の連携 | トップページ | 研修2 アリサハウスミュージアム@京都 »