« 滋賀の酒 萩の露と長浜浪漫ビール | トップページ | 仰木のかぼちゃコロッケは今日だけ! »

2007年8月20日 (月)

猛暑の山の頂@棚田ボランティア

2007年8月18日(土) 晴れ。

このごろずっとあんまりうれしくないほど猛暑。
今日の大津市仰木平尾地区の棚田ボランティアの作業は、いつもの集合場所(ここだって結構車で上がった所)から更に山の上へ。
息切れする軽トラが痛々しい。。今日は舗装されていない山道の整備です。

Pic_070818_1_2 雨が降ると土砂が流され川ができてしまいます。
そのへこんだ雨水の流れの跡を土砂で埋めます。

Pic_070818_2_2 山肌の土砂をシャベルやツルハシで崩して軽トラに乗せる。または一輪車。
一輪車で運ぶのは力も多少は要るけれどバランスが大切。何回か挑戦してみました。
坂を下りるときに土砂の重みに引っ張られるんです。減らしたいと日々願っている贅肉の重みが今日だけはちょっと役立ったかもなぁ。
数え切れないほど往復されてたおじさん、ご苦労様でした。

Pic_070818_3_2 ダンプじゃないので軽トラから土砂を降ろすのも人力。載せるのはもっと大変だったろうなぁ。炎天下の下汗だくだく。
日焼け止め塗っても無駄でした。汗で即流れちゃう。
嗚呼、紫外線対策(T_T)
またシミができちゃうわ。

オシャレとは言えないけど、農作業用の帽子が一番いいのかも。
実用的ですね。

Pic_070818_4_2

いい眺めです。
山の上とはいえ、日陰も少なく、厳しい日差しに熱中症気味になってしまう人も。
こんな時は、早めに休みましょう。
日陰で水分補給して、首や背中を冷やすと気持ちいいです。
「みんな、がんばってるのに私だけ、、、」なんて無理をおして頑張ることは全然良いことではないです。

Pic_070818_5

「さあ、このくらいで終わりましょうか」

まだ目の前に見える部分だけでも「あと3時間分」程度の土砂の削れた道が残ってます。
振り返ると埋めて平らにした今日の成果の道。
終わってみて結構余力も残っているのでなんだか名残惜しい感じ。

「ああ、幸せ」

遙かに開ける琵琶湖と山の景色を眺めながら冷たいお茶やお水を飲むとこんな言葉が飛び出す今日の棚田ボランティア作業、終了。

今日も地域通貨「1仰木」をいただきました。
これで、棚田のお米1キロやお野菜と交換できます。

平尾の棚田ボランティアは当日申し出をすれば、おごとの温泉で「1仰木」を使って一風呂浴びて帰ることができます。当日の18時までの入浴です。
お風呂入りたい!と言う方は「着替え」と「タオル」、「バスタオル」忘れず持参しましょう~!
すごく入りたかったけど、着替え持ってなかった~~~!!

「びわ湖花街道」
「琵琶湖グランドホテル」
「湯元館」

のいずれかを選べます。

至福の「棚田ボランティア」にぜひ参加しませんか~♪

|

« 滋賀の酒 萩の露と長浜浪漫ビール | トップページ | 仰木のかぼちゃコロッケは今日だけ! »

滋賀の棚田」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 滋賀の酒 萩の露と長浜浪漫ビール | トップページ | 仰木のかぼちゃコロッケは今日だけ! »