« 産地見学会のお知らせ@蒲生郡日野町別所 | トップページ | 猛暑の山の頂@棚田ボランティア »

2007年8月16日 (木)

滋賀の酒 萩の露と長浜浪漫ビール

京都、岩倉の論楽社という小さな出版社。
出版社と言うより「田舎のおじいちゃんの家」といった感じの古民家で、毎月第二日曜日にいろんな分野の方を招いてお話をする「例会」をしていらっしゃいます。
主宰は虫賀宗博さん。
論楽社ほっとニュース
先日12日の日曜日の会は虫賀さんと塩田敏夫さん(毎日新聞 前大津支局長)の対話でした。
塩田さんは去年のこだわり滋賀ネットワークの「湖国 美しい暮らしのひとびと こだわりセミナー」の講師のお一人で、ご記憶されている方も沢山いらっしゃると思います。
なにを隠そうこのワタクシも、塩田さんのお話が聞きたくて去年のセミナーに申し込んだワケで。
元々、滋賀の農業とか環境に特に深い想いがあったわけではなかったのです。

その塩田さんに論楽社の事を教えていただいて、どんな方に会えるのか、どんなお話ができるのか、ワクワクしながら参加しています。意外と滋賀から参加している方が多いんですよ。
さて、お話も良かったのだけれど、そこは省略。
会が終わると座敷は宴会になります。持ち寄りでそれはそれは豪華な晩餐。

今回滋賀からお持ちよりのこのお酒。
みんなが「うわ~~~~、なにこれ~~~~!!!」と、やたらオーバーなリアクションであっという間にカラになりそう。
普段、全くお酒を飲まない、私、どらここ。
しかし、気になる!「おいし~~」より「なにこれ~~~~!」といわれると、もう口にしたくてしょうがないですよ。---と、いうわけで飲んでみました。
Pic_070812_1
「萩の露」
(株)福井弥平商店
滋賀県高島郡高島町大字勝野1387-1
萩の露を紹介した「滋賀メチャ!うまい酒と小さな旅」

お酒の匂いの苦手な私にも爽やかに感じる薫り。
争奪競争にかまけて味わうゆとりナシでしたが、みんな「なにこれ~~~~!」とひっくり返るほど味わい深いようです。

Pic_070812_2  長浜浪漫ビール
滋賀県長浜市朝日町14-1

「夏ピルスナー」は夏限定商品でしょうか。
私はオコチャマなんで苦いビールのうまさがわからんのですが、このビールはとってもフルーティー。


こんな美味しいものを食べまくりながら、塩田さんが大津支局長時代に毎週連載されたコラム「支局長からの手紙」をぜひ本にして欲しいな、できたら滋賀から出版してほしいな、という話になりました。
もしかしたら、叶うかもしれません。
滋賀の心を紹介した心に響くエッセイです。

|

« 産地見学会のお知らせ@蒲生郡日野町別所 | トップページ | 猛暑の山の頂@棚田ボランティア »

滋賀のうまいもん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 産地見学会のお知らせ@蒲生郡日野町別所 | トップページ | 猛暑の山の頂@棚田ボランティア »