« 研修3 朽木の森と針江の川端の郷 その1 | トップページ | 産地見学会@蒲生郡日野町別所 わくわく準備中 »

2007年9月 3日 (月)

研修3 朽木の森と針江の川端の郷 その2

2007農と食のコーディネーター養成講座の3回目。
朽木の森と針江の川端の郷を訪ねる講座の受講メンバーの方の感想。

その1)にこにこグループ 小國 加代子さんです。


 Cimg1965 残暑厳しい中、研修3は、森・食・田・水の豪華な4点セットでした。
 森は、暑さを忘れさせる朽木の森散策!虫めがねでの観察は、童心に返り、再発見の連続!木・虫・葉に感動でした。
  食は、くつき新本陣で地元農産物の美味しいバイキング!満腹のあまり、買い物の意欲減退が残念であり、申し訳ない気分でした。(買う応援も主旨なのに・・・)
 田は、不耕起の田んぼの見学と説明。環境には最適だが、水を絶やせぬ稲作の難しい現状を聞きました。
 水は、針江のボランティアの方に案内して頂き、各戸の「かばた」を見学!その都度冷たく美味しい水をコップでグイッ!やはり食の一番は水ありき! と想いを強くする。観光地にはしない!と針江地区の心意気。豊かさ、暖かさを実感しました。絵はがきの様な船着場は、西村京太郎氏の小説にもなり、ドラマ化が楽しみな景観でした。
 湖西の素晴らしい夏を再発見、そして満喫した研修に感動と感激でした。

いつもはつらつとした笑顔で周りを明るくしてくださる小國さん。
一緒にいると、がんばろう!楽しもう!ってエネルギーが湧いてきます。
では次に、、


その2)つなぎ隊班 林 美子さんの感想です

 この日は、3回目の研修という事で、今日は万全で行くぞーと、勇んで家をでた。
 まずは朽木の森の散策、思っていたより短いコースで残念。でも、案内の方イワクこの暑さでは、遠くの山までは無理との事。そりゃそうです。
 一番良い時期は、10月とか?秋の農繁期が済んでから、ゆっくり来ようと思いました。

 さて、楽しみのお昼ごはん、朽木の田舎料理のバイキング、すごく期待してました。 

 でもその前に、久保さんの「こだわり田んぼ」、「不耕起・冬季かん水」いったい何なんだろう?と思いながらお話を聞いて、私にぴったりの田・畑のやり方だあーと思って、よくよく聞いてみれば、それはそれなりに皆んながやらなければ出来ない事、一人がやってたら、変わり者扱いでしょうネ。でも、畑でやってみる価値有。勉強になりました。
 いよいよ昼食、でも、少し期待ハズレ。地元で取れた野菜や、手作りが少ないように感じました。
バスで成田さんが、上手にお話されたせいか、すごく期待したのに・・・・・
 午後は、針江の湧き水生水の郷、一軒一軒の「かばた」を、地元のボランティアの方に案内して頂きました。立派なお家ばかりでしたが、かばたの部分だけは、昔のままにされ、お漬物の桶や昔なつかしいものばかりありました。
 Cimg2039_2  お魚屋さんで、めずらしい琵琶ますの煮付けを試食させて頂き、お土産に買うことも出来、非常にラッキーでした。私達のグループは、興味深々・食欲旺盛の人が多かったのか、特につなぎ隊の加藤さんのお陰で、お豆腐屋さんでも「かばた」に浸かってた豆腐も皆んなで食べました。おいしかったあー。
 前回の研修の時も、加藤さんの発声で、京都の二条駅と言えば、ラーメンのおいしい店があると言う事で、研修前の試食といいましようか?昼食をつなぎ隊プラス自給自足班の増田さんとも少しの時間でしたけど、色々なお話が聞けました。回を重ねるたびに、人とふれあい・また、お話しが出来て、私にとっては、人生のすばらしい肥やしになっています。

うんうん、ほんとうにそうですね!。
今回この講座に抽選で当たって、さらに偶然くじ引きで一緒になったグループメンバーの方々。みなさんとお話しすると泉が湧くように素晴らしいお話がいっぱい聞けますよね!
この出会いからまた新しいアイデアが、新しいアクションが、生まれますように!

              
                      

|

« 研修3 朽木の森と針江の川端の郷 その1 | トップページ | 産地見学会@蒲生郡日野町別所 わくわく準備中 »

2007年 農と食のコーディネーター養成講座」カテゴリの記事

コメント

 バスの中で小耳の挟んだ情報で、ラーメン試食会に参加させて頂きました、自給自足グループの「いなかバンザイ」です(マスダ)
 何事に積極参加を基本としておりますが、今西隊長を中心に加藤隊員の情報に結束して対応する「つなぎ隊」は流石ですね。
 このことを自給自足グループで話しましたところ、近くに美味しい「こだわりにそば屋」があったそうです。
 自給自足の班長が「自分」ということで、反省しきりです。
 つなぎ隊の加藤さん、またいい処を教えて下さい、今度は合同で如何でしょうか。(ただ中国までは・・・)

投稿: 自給自自足:いなかバンザイ | 2007年9月 4日 (火) 01:20

いいなぁ〜。私も連れてっておくれやすぅ〜★
大津の辺りや、野洲、近江八幡、から彦根の間で美味しいお店あったら教えてくださ〜い。

投稿: どらここ | 2007年9月 5日 (水) 21:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 研修3 朽木の森と針江の川端の郷 その1 | トップページ | 産地見学会@蒲生郡日野町別所 わくわく準備中 »