« 研修5 琵琶湖安土西の湖と大中の野菜の達人を訪ねる その1 | トップページ | 研修5 琵琶湖安土西の湖と大中の野菜の達人を訪ねる その3 »

2007年10月29日 (月)

研修5 琵琶湖安土西の湖と大中の野菜の達人を訪ねる その2

2007年10月27日(土)

農と食のコーディネーター養成講座の最終回。

続いて大中愛菜館→トマト農家濱田さん。

Cimg2639 大中の地域の女性の皆さん手作りの大中の農産物で作ったお昼ご飯。
おにぎりとみそ汁。トマトと赤カブのごま和え。
この後、愛菜館の直売所に寄って、みなさん普通の夕食の買い物みたいに沢山野菜を買ってました。
大中はとっても広い干拓地で安土、近江八幡、能登川にまたがります。
車で野洲から近江八幡へ、この広い平野を抜けるときに道路脇の看板で大中の若い農家さんたちが頑張っている町、と書いてあります。
今日はそんな農家さん達と知り合う日になりました。

トマト農家の濱田和夫さん。
正直、参加者の中には「ウチもトマト作ってるし。。。」と、それほど関心が無かったかもしれません。
濱田さんちのトマトを口にするまでは。

Cimg2648 ハウスの外から見たプチトマトは真っ赤なルビーのようにキラキラ輝いていました。
一本のトマトを9メーターものばして、それにフサフサとトマトがなっているのは驚きでした。
農業技術についての詳しい話は分からないですが、近江八幡の小学生が見学に来た折の「ミニトマトの話」というプリントをいただいてみると、このトマトが実るまでの濱田さんの様々な知恵と手間を垣間見ることができます。
「ここが、専業農家の仕事です」
生業をトマト一本にかけている濱田さんのプロ意識がすがすがしい印象的な言葉でした。

ハウスの外でお話を聞いてると、ブ~ンと、大きなハチ一匹が「ナニゴト?」と聞くかのように寄ってきました。
受粉するためにハウスの中で働くマルハナバチ。
刺したりはしないそうです。
「はよ、入って仕事しいや」とハウスの中に入れました。

Cimg2652 ハウスの中に入って、みなさん口々に濱田さんに色んな質問をされています。
私と言えば、こっそり早速つまみ食い。
いや、でも、食べてみんとわからんし。

隣のハウスでパックをもらってトマト狩り。
トマト狩りなんて初めて聞くし、野菜って「狩り」たいと思うほど食べられないものでしょうが。。。。
もう、みなさん口にもパックにもあふれんばかりに詰める詰める。。。もう、パック、閉まらないし(^^;
だって、シンジラレナイくらい甘くてフルーティー。
しかも、同じ木の近い場所になっているのに、大きさによって風味が全然違う。
小さいサクランボくらいのトマトは本当に甘くておいしい。
ああ、いつまでも食べていたい。。。。
トマトの奥で濱田さんがサラダほうれん草を摘んで下さいました。
このまま食べられる柔らかな若いほうれん草。緑のほうれん草と真っ赤なトマト。

「ウチのトマト、こんなに食べた事無いわ~」
トマトを作ってる農家さんもびっくりで、爆笑が起きます。
みんな納得。それほどのトマト職人濱田さんの仕事でした。

翌日、私はそのトマトを大阪に持って行って、イベントの司会の合間に出演者やスタッフ、業者さん達に食べさせては「あま!おいしい!」と、驚く顔を見て「フフ、滋賀の農家さんのトマトやで」とほくそ笑んでいました。

かくして、バスは今年度セミナーの最後の最後の地、にんじん農家の野田康司さんの元へ出発。

つづく ^^)

 

|

« 研修5 琵琶湖安土西の湖と大中の野菜の達人を訪ねる その1 | トップページ | 研修5 琵琶湖安土西の湖と大中の野菜の達人を訪ねる その3 »

2007年 農と食のコーディネーター養成講座」カテゴリの記事

コメント

 濱田さんのミニトマト本当に美味しかったです。「日持ちの問題でここは失敗作なんで」と濱田さん。「でも楽しそうですね」の問いに「いやいや大変なんですよ」と隣の数野さん。「それはそれは楽しいですよ」とすばらしい笑顔で濱田さん。つくり創ることの素晴らしさがひしひしと感じられました。
 「次のチャレンジは」との問いに、隣のハウスに案内され、新しい育て方の研究をチョット見せて頂きました。つまみ食いさせて頂き、これがまたより美味しいんですよ。他の野菜に挑戦かと思われましたが、「やっぱりミニトマト」なんですね。さすがトマト職人濱田さん。

投稿: 自給自足:いなかバンザイ(ますだ) | 2007年10月30日 (火) 20:17

ますださん
濱田さん、本当に職人さんって感じでしたよねー。
実は、明日また、友達とトマト買いに行くんですよぉ〜♪
もちろん、にんじんの野田さんとこも行ってきま〜す。

投稿: どらここ | 2007年10月31日 (水) 23:04

 どらここさんの行動がすばやいですね。
 わたくし「いなかバンザイ」も、うれしがりというか、即行動タイプで、また濱田さんのところへ行って買って来ました。
 温室の施工の打ち合わせ中で、お忙しく駄目かと思いましたが、忙しいのが幸いし自分達で収穫する「つまみ食い付きトマト狩り」をまた体験させて頂きました。ノリの悪いうちの奥さんが大変喜んでくれ、いい家族サービスになりました。
<トマト狩りは濱田さんのトマト園のメニューには有りませんので念のため・・・>

投稿: 自給自自足:いなかバンザイ | 2007年11月 4日 (日) 23:40

いなかバンザイさん、
そうですか~、濱田さんのとこ、いらっしゃったんですね~。
私が伺ったときは奥様が出荷の準備にいらっしゃっていました。
今でも思わずハウスの中のトマトをカメラで撮ってしまう、とのこと。本当に濱田さんの所のトマトの美しい輝きは目を見張りますよね。宝石だと思います。
私も友達夫婦を連れて行って大変喜んでくれました。
濱田さんの奥さんにこのブログのページを印刷してお渡ししました。もちろん「いなかバンザイ」さんのコメント付き♪
喜んでくださいましたよ。
今月の30日ぐらいに野田さんの所ににんじんの農作業のお手伝いに行く事にしました。
お誘いしたいのですが、平日なんですよね~~~。
行きたいなーという方がいらっしゃったらぜひ行きましょう!

投稿: どらここ | 2007年11月 5日 (月) 11:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 研修5 琵琶湖安土西の湖と大中の野菜の達人を訪ねる その1 | トップページ | 研修5 琵琶湖安土西の湖と大中の野菜の達人を訪ねる その3 »