« 命みつめるふれあいバスツアー その1 蒲生郡日野町「畜産技術振興センター」 | トップページ | 野を食べる知恵 »

2007年10月23日 (火)

命みつめるふれあいバスツアー その2 蒲生郡日野町別所

Cimg2495 2007年10月21日(日) 

さらにバスに乗って畜技センターから別所に移動。
組合の皆さんが近江鉄道の踏切や国道を横断するのを誘導して下さいました。
別所の沢山の住民の方が参加して下さいました。
田んぼのあぜを歩いてため池横の広場へ。

別所の女性の皆さんは割烹着と三角巾姿で待っていて下さいました。
別所のお米はおいしい。
何度も聞いたこのウワサを確かめる日がついに!

別所営農組合の藪組合長のご挨拶をいただいて会がスタート。
お昼ご飯は早速。
竹を切って口を削ってみそ汁椀を作ってその中に別所のお味噌汁^^。
Cimg2501 おひつにはピカピカの別所の炊きたてこだわり栽培のキヌヒカリ。
そして地元のおうちで食べている日野菜漬け。(桜漬け、エビ漬け、葉っぱ漬けのみじん切り)

お土産にコシヒカリのおにぎり2つ。と日野菜漬けのパック。そしてお米。
日野町 YES NOクイズの商品が10人のはずが20人以上に。
おイモや柿などいっぱいいただきました!

どんだけ準備に手間がかかった事でしょう。
有り難うございます。
こうして沢山の地元の方々に私たち一行は迎えられたのでした。

晴天の空の下、ご飯をパクパク。

Cimg2504 「お ~ い ~ しぃ ~~~!!」

ああ、お代わりせずにいられますでしょうか。

日野菜は文字通り日野特産でカブの一種。
ワタシも時々直売所では見るものの、食べ方が分からず。
日野で栽培するものの特徴は根の色が紫紅色と白色がくっきり鮮やかに分かれるところです。
他の場所でも栽培をしていますが、土の関係か、こうした色は出ないそうなのです。
不思議。。。。
それで、市販されている日野菜の桜漬けには着色して桜色にしている物が多いのですが、今日は正真正銘日野菜の桜色を味わいます。

Cimg2511 そのお味がどれほどであったかは。。。。 

日野菜漬けをされた地元の奥さん達は
「漬け方教えて!!!」と囲まれ、ヨン様か、と思う程の人気ぶりでした。
「そんなん、適当よ~~~」と、カラカラと笑っていらっしゃいました。
ワタシも日ごろ、あまりお漬物は食べないのですが、
本当に美味しくいただきました。作り方のプリントもいただきました。「あく抜きが大切」だそうですよ。

Cimg2538 数回この別所を打ち合わせで訪れて、私もすっかり里心がついた?
打ち合わせの時は神妙な顔をしていたけれど、今日は別所の人も私たち、こだわり滋賀ネットワークのメンバーもみんなニコニコ。
別所のおっちゃんたちもみなさんにこやかで、面白い人たちばかり。
「今度は鹿食べにおいで~」なんて、言ってくださいました。
これをきっかけに別所の人と滋賀県内外(なんと大阪からも!)から来た参加者さんたちと心のつながりができれば、こんなうれしいことはありません。

Cimg2540お礼に成安造形大学生の皆さんが準備して下さった田んぼの「田」の字をかたどったメッセージボードに各々の「ありがとう」の言葉を田植えをする気持ちで書きました。

それでも、恥ずかしがりやのお互いはどうしても二手に分かれて座ってしまうのですが、
最後に成田さんの発案で質問コーナーや、全部の別所の方々と握手してお別れ、というので、ちょっと近づいたかな。

心温まる一日でした。

|

« 命みつめるふれあいバスツアー その1 蒲生郡日野町「畜産技術振興センター」 | トップページ | 野を食べる知恵 »

湖東の農家さん」カテゴリの記事

産地応援!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 命みつめるふれあいバスツアー その1 蒲生郡日野町「畜産技術振興センター」 | トップページ | 野を食べる知恵 »