« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月28日 (木)

行動を通して自分を変え、そして友達も変わり、地域をかえる活動家たちとであった

トークライブカフェ2号店@湖北に参加したコーディネーターの加藤彰三さんのレポートです♪happy01


Cimg5018
人、そのものを高めると、心身共に、より良い自分づくりが出来る事を知った。
百姓と言う人にも出会った。
台地に向かい、汗を出し、化学薬品や毒に頼る事なく、稲を育て、お米に恵まれる。
百姓であることがわたしの一番の誇りですと宣言された。
自然と向き合う人たちにとっては、とても優しいものでない。
自らの産物を並べ、おかねで分けてもらい、食し、楽しむ。喋らなくてもわかりあえる人たちの集いとなった。

Cimg5003
松本 茂夫さん・・・大戸洞舎どっぽ村・・・

生まれ変わる里山、里山はみんなのもの
自然人たくましい、自分の暮らしを自分の手でつくる人々が集い働き、学び、暮らす場。
機械がなくても自らできる。
農業の基本だ!自ら現場で自然と学ぶ、体得する。
働かないと、汗も出ないし、手と足で触れながら生まれるモノがある。
自主生活・・・
自ら生きていく活動、みんなの洞穴だ 明かりもそこそこ、居心地のよい場所、自分らしさを取り戻す場所、身心ともにリラックスする。
楽園 山林 放牧地 農地 大工小屋 宿泊 寝泊り、一見不便なところ、自然にみんなで動く、人工的に生きている私達にとって、一見つらい大変なところなのだが・・・・・・

本江 宗明さん・・・つなぎたい・・・

活きかえる農村地域経済を支える。
農作物の流通、地産地所を基本に、誰もが、何でも造れる人を支える。
そこで収獲したものを、その地で生活をしている人が食べる。
食の流通を原点に忠実に再構築する人だ

お二人の話は尽きないが、その場の全員も加わって、何かをつかみ、自分の出来る事から行動を決意した
。ぜひ、また行って見たい、喋らなくても、目を見るだけで通じる場。
人に良い、美味しい野菜を育てるには、体験して経験して、積み重ねる事が大事ですね。
「つくる」んじゃなくて「そだてる」ことですね。
出来た野菜を、自分の舌で確認し、その経験をちゃんと頭で整理されておられるのですね。
その一番大切な事を消費者に伝えるわたしたちは、その経験をわかりやすく数値にしてくれるといいですね。
今まで勘でやってきた事が数値でわかる。
誰がやっても同じ数値になるから、失敗も防げて誰にでも美味しい野菜が作れ、消費者も喜んでくれると思う。
「知り合って知人に、語り合って友人に、助け合って仲間に」
私が明日からできる事、関わり合って好きになりたい。

| | コメント (0)

2008年8月25日 (月)

愛東の里山は夏をまるかじり

Cimg0003湖東の方々のご活躍を中々ご紹介できてません。
なんせうち(栗東)からちょっと遠い。
滋賀の東側を縦断する国道307号線沿いは里山の素朴な雰囲気が素敵。
秋になるとあちこちに広がるコスモス畑。
→2年前の秋。
雪が降れば薄墨色の雪の陰影が畑に山にずぅっと続く。
自然があるだけでなく古代からの歴史の空気も感じられるよう。
極楽浄土ですよ〜、湖東scissorsは。
そんな景色が好きで、湖東三山に寄ってみたり、マーガレットステーションでジェラートを食べたり、金剛苑で近江上布を眺めたり。。。
わざわざ遠回りして307号線を通って彦根から栗東に帰るのでした。
ガソリンがリッター88円だった頃はdollar。。。
 Cimg5043最近、ご無沙汰の愛東地域。
こだわり滋賀ネットワークでも大活躍のコーディネーター、増田さんの本拠地におジャマさせていただきました。
今月末には今年度の「農と食のコーディネーター養成講座」で訪れる事になっています。

増田さんのブログ「環境まちづくり」
里守隊ブログ

初めにおジャマしたのは「あいとう梨」の集荷場。

「山梨=ぶどう」、「鳥取=梨」、「愛媛=みかん」、「紀州=梅」...

じゃ、滋賀の、近江の果物といえば?

え?滋賀で果物作ってるの?(マジで聞かれた事あります)

Cimg5041私も最近になって滋賀でも沢山果物が作られているのを知りました。
まだまだブランドとして名前が浸透しているわけではありません。
なんせ名より実を取るのが滋賀ですから(?)。
でも、「愛東は果物でやっていくんだ」と、増田さんを始め仲間の皆さんの強い心意気を感じました。

集荷場では梨がベルトコンベアで流れて行きます。
選別機に吸い込まれ、中が傷んでいるものを取り除き、糖度をはかり、大きさを分けます。
そのお値段ゴセンマンエン!
機械が分けた梨を人が箱に詰めて行きます。
Cimg5045選別機は一昨年から導入されたそうで、それまでは人の目で行われていました。
でも、中が傷んでいるかどうかは外からは判りません。
売れてから、苦情になって、返品になるというのを機械で防ぐ事ができるのです。

その後、車で走ってすぐ。愛東の里山に「里守隊」の現場がありました。
私の住んでる栗東の山は平地にいきなり茶碗で土を盛ったような山が多いのですが、愛東の辺りは山裾がなだらか。家も田畑も山も一目で見渡せるパノラマで、山の中を歩くのもキツくない。
森の中に雨をしのげる東屋(あずまや)、ピザ窯、レンガ窯、森の木でベンチや机も。
そこには大学生ボランティアさんがいっぱい。
大学生のボランティアのグループで月一で愛東の里山の保全活動をされているそうです。
地域の森や農の専門家の大人も交じりながらも、大学生の皆さんが自然に前に出るように、大人は後で支えてるように見えました。
Cimg5076若い人たちと自然の中で語り合って、彼らが自由に発想する事を見守れる大人がいる事。
コミュニティが盛んになる秘訣を一つここに見たような気がします。

さてさて、私も連れてきた愛犬グスタフをダシに子供達にもボランティアさん達にも馴染んでもらって、
一緒に昼ご飯用に太い竹を割って、器を作りました。
細長く割った竹にはパン生地をぐるぐる巻いて直火で焼きました。
ピザ窯の調子が良くないので、と代案イベントだったそうですが、こっちの方がよかったと思います。
小さい子供もみんなで火を囲んで楽しそうに焼いてました。
美味しい物を出してもらうのもいいけど、自分でできるって言うのが一番楽しいよね。
Cimg5096_2
そして先ほどの竹の器には別の所で作って持ってきたカレーライス。
私の竹に盛ってくれた女子大生は「え?それだけしか食べないの?」
ええ、20年もすればアナタ、そんな大盛り、絶対食えんから。coldsweats01
こんな私も二十歳そこそこの時はカレーは3杯が基本だったんだから。
お昼を楽しんでる間に増田さんとスタッフさんとブルーベリー畑のオーナーさんと私の4人でブルーベリーを摘みに行きました。予定にあったのか、思いつきなのか判りませんが、「あ、アレ」と思ったらすぐにホイっと行って帰って来れる森と里の近さが便利。
持って帰ったブルーベリーは他の果物と一緒に参加の親子さん達に大人気で、あっという間に消えました。

Cimg5086ブルーベリー畑からの帰り道に増田さんが面白い工場を教えてくれました。
「ここ、カレーのスパイス工場」
ええ〜!!?カレーが何故に愛東に?
工場は日曜で休みだけど、確かのカレースパイスの香りがする。
「この工場を何かに使ってみたいんだけど」
わ〜、すっごい面白いアイディア。
愛東には地域活性化しながらの面白いコトの可能性がいっぱいあるみたいです。

午後は近くの沢へ。
子供達も一生懸命歩きます。
うちの犬も参加してるつもりらしい。ビックリするぐらい張り切って歩きます。
Cimg5101
沢へついたら崖を梯子で降りるのも普段中々出来ない経験。
子供達は早速水の中で魚やカニ、虫などを捕まえます。
私の子供の頃は毎日放課後やってた事ですけどね。
今となっては中々そんな機会は無いのかも。

大学生達もここはあんまり慣れてないカンジ。
私よりもっと昔の子供の増田さん達は地面をほじくって釣り用のミミズを探している辺り、すっかり気持ちは子供に戻っているかのようでした。
地元のおばあちゃんは川縁の茂みから大きなミョウガを沢山とってくれました。
店で売っている物よりずっと大きくてふくよかな野生のミョウガでした。

Cimg5122ツアーはまだ続きます。最後に増田さん達の仲間さん達が精魂込めて作っている梨畑で梨狩りです。
梨のもぎ方、取っていい梨の見分け方を教えてもらい、いくつか取った後、大学生のお兄ちゃん達がむいてくれた梨を試食できます。
「おお、料理上手い男子はポイント高いで」と激励はしたものの、ナイフさばきはおっかなびっくり。
子供達の梨争奪に剥くのが間に合わないお兄ちゃん達はてんてこ舞い。
天井に梨を沢山抱いての梨畑でテーブルを囲んでおしゃべりするのも何となく落ち着くロケーションです。
カフェとか、イベントにいいのではないかと思います。
想像してたよりずっと楽しかった愛東にまた今週末、コーディネーター講座でおジャマします。
また新しい視点やアイディアのこだまが響くかもしれません。
Cimg5119

| | コメント (1)

2008年8月18日 (月)

みんなの力のかけ算できる場

Pic_cafe1
トークライブカフェの2号店は8月9日(土)。五環生活さんと、どっぽ村とのコラボ。
…といっても、団体やグループの垣根無く、こだわり滋賀ネットワークは人と人で繋がっているのです。小さくもあり、大きくもあり。そこから生まれて来る物は作った人から受け取る人へダイレクトに伝えられる物でありたい。

本日のトークライブのメニューは。。。
到着するとすぐに大戸洞舎(おどふらしゃ)手作りのカレーライス。
おかわりはあるの!?
え?ああ、やっぱカレーはおかわりしたいよね。
Cimg4993
成田さん手作りのトークライブ暖簾も涼し気。
こういう物をサラっと作ってしまう恐るべし技をもって華やかな場ができました。
そして、去年のコーディネーターさん達大活躍。


おやつの時間には
野洲の今西さんのカレー餅(カレー風味の餅の中に粒あん入り!)といちじくゼリー。
Cimg5008中井さんと大坂さんのいつもの栗東チームによる赤じそ、青じそ、のジュース。と、天然酵母パン。
東近江の増田さんの果物。
それから、小國さん手作りのエコたわし。
などが賑やかに並びました。

初めに、五環生活のねぎさんが準備して下さったドキュメント映画「ほんがら」を上映。
近江八幡の島町の集落で50年程前に途切れた「ほんがら」松明を復活させるお話。
Cimg5012町おこしに何億円もいらない。
みんなの心をかけ算できる、「来年もやろう!」と一つになれる事はお金をかけても続かない。
それが、竹や藁で出来てしまう。
みんなで巨大な松明をタイミングよく持ち上げてドスンと中の空洞に空気を送り込む事でできる。
老いも若きも一緒に松明の火を見つめる事で出来る。
そんな伝統文化の継承のドラマがうちから車でたった1時間ぐらいの集落であった。
「30年後にはどうなるんだろう。。。」と思う事が沢山ある。
「ほんがら」のようなドラマがあちこちで起こりつつあるのかもしれません。

Cimg4998さて、トークライブの内容は、、、
この日、両親と中国から遊びに来ている小さな姪っ子が来て、退屈するちびっ子を連れ出していて、ほとんど聞けなかった私の代わりに後ほど参加者の方の感想を載せたいと思います。
五環生活さんのブログにもレポート書いて下さってます。

そして、トークライブカフェ終了。引き続きどっぽ村祭り。
どっぽ村プロジェクトでお会いする方々が準備に大忙し!
リエちゃんやナナちゃんもバタバタしながら、気づいたらゆかた着てらっしゃる。

Cimg5024お祭りの屋台でいっぱい美味しい物もいただきました。
野田さんの「放ったらかし鶏の焼き鳥」、
大戸洞舎の梅シロップかき氷は美味過ぎて何杯オカワリしたか。
そして、THE ABOUT CLUBの演奏に、水晶玉とファイヤーパフォーマンスの不思議な世界。
そこでまた不思議な再会。
うちの韓国語サークルの草津の生徒のSさんご夫婦。
お互い「あれ?なんでここにいるの?」
お互い色んな人の繋がりでこの大戸洞舎、どっぽ村に来ているのでした。
そう考えると、大戸洞舎やどっぽ村に関わっている人はすごい数なのかもしれないなぁ、
会った事無い人がもっと沢山いるのかもなぁ、と増々楽しみです。

トークライブカフェ、第3回はどこにしよう。なににしよう。
近江の各地でその土地のいい所を見つける旅するカフェです。

| | コメント (0)

2008年8月 6日 (水)

アナタだれの子、おもろい顔

2008年8月3日(日) 仰木
Cimg4921地球温暖化を肌で感じるこの夏の暑さ。
湖西の仰木の棚田ボランティアの日。
イノシシ、鹿、猿など増えるばかりを獣害を防ぐための電柵設置。
足場の悪い沢のふちや斜面に杭を打ちつけ、トタンを張り、電線を張りました。
すでに張ってある電線に触れてピリピリ感電しながらの作業。
全く非力な私は周りをカメラを持ってウロウロするだけで、なーんもしてないのに疲れました。despair

Cimg4938それにしても男女とも年配の方のお元気なこと。
男性は鉄の槌を振り上げ、女性は電線を張ったり、
最後までピチピチ元気いっぱいに作業に打ち込んでいらっしゃいました。
体力、気力と盛りなはずの大学生がむしろ弱々しくて、はかなげ。
それでも、こうしていろんな世代の人たちが一緒に作業をしながら、培われるもの、受け継がれるものが沢山あるに違いありませCimg4937_2ん。

作業をしていた人が見つけた何かの幼虫。
茶色の体についている鮮やかな黄色の模様は本当の目じゃないのでしょうが、まるで睨みつけるようです。でも、怖いっちゅうより、「アンタもがんばってんねやねぇ・・・」とちょっと間抜けた顔がいじらしい。

おそらく何の武器も持っていCimg4942なさそうな柔らかで小さな何かの幼虫は体に黄色のこの模様をつけることで身を守っているのでしょう。


キミは大きくなったら、なんになんのかな?

| | コメント (0)

2008年8月 4日 (月)

援農隊@栗東 走井

  2008年8月2日(土)

Cimg4851こだわり滋賀ネットワークの今年度の事業の一つ、「援農隊」。
こんな猛暑の中でお役にたてる自信はございませんが、栗東は私、地元ですので参加してみました。
草津駅から車で約30分。栗東のトレセン(競馬馬のトレーニングセンターです)の前を信楽方面に上って、少し山に入ったところの集落、「走井(はしり)」にお邪魔しました。

ここは、去年の全国海づくり大会で実施した「こだわり農業プチツアー」でも訪れたそうです。

今回は田んぼの畦の草刈りをお手伝いした後、ここ、地元のブランド「こんぜ清流米」についてお聞きしました。

Cimg4840お世話になる宮城定右衛門さんのお宅へ。
「定右衛門さん」
歌舞伎俳優ぐらいしか聞いたことがないクラシックなお名前からして昔ながらの由緒ある大農家さんってかんじ。
果たして、やっぱりその通りなんですが、参加者のHさんは
「うちみたいな水のみ百姓とはちがうよな~」

あはは、何時代のはなしですかcoldsweats01

宮城さんちの立派な門には、郵便ポストがついている。
郵便受けじゃないよ。
なんちゃってポストじゃないよ。
ちゃんと集荷時間が書いてある。
でも、郵便受けは見当たらなかった。
Cimg4834
お座敷は大きな庭に向けて大きく開けていて、とても開放的。
お庭にはかんぴょうが干してありました。

縁側で農作業ルックに着替えて宮城さんはじめ、「こんぜ清流米」関係者の方々のごあいさつをいただき、、援農隊、出発。
山を軽く登ってすぐに田圃があります。
周りを山に囲まれ、今風なものが一つも見えない里山の風景。それがマンション林立の草津駅から車で30分。
この集落はただの昔ながらの農村で、知り合いの居ない人が立ち寄る所でもないようです。
もったいない。
この景色を地域活性化にもっと有効に活用したらいいのに、、、。

何もなくて、とっても豊か。本当に素敵な里山の風景。

滋賀でも有名な美しい里山がいくつももあります。
そういう所は県内でも私の住まいよりもっと遠い所だと思ってました。

栗東に10年住んで、今まで「素敵」と思った風景に多くは出会わなかったのですが、さすが滋賀。
さりげなく、こんな風景を隠し持っていたとは、なんと奥が深い。

この日は少し曇ってギラギラした直射日光がないおかげで草刈りも快適。
みんなで刈ると広い田んぼの畦もあっという間。
萩のピンクの花が揺れて少し秋の気配。そして稲の花も咲き始めていました。
このまま獣害もなく実ればいいのですが。。。

Cimg4872Cimg4875









その後、宮城さんの桃畑へ。
言葉はいらない、、見よ!この大玉!
ひとりでこの大玉にかぶりついてよし!

宮城さんは元々山の仕事で収入を得ていらっしゃったそうです。
けれど、昭和40年代ころから林業では収入にならなくなり、農業で、特に果樹などに力を入れてきたそうです。今のたわわのモモやイチジクを見れば、本当に先見の明のある方なんだなぁ、と思います。
Cimg4880 お昼御飯は、地元の「こんぜ清流米」の白ご飯と赤飯。
それから、かぼちゃの炊いたのと、新鮮なトマト。
お漬物そして、ウグイのなれ寿し。

滋賀に越して来て間もないころに、滋賀県民への道としてフナ寿しにトライ。
ドリアンがダメな私はやっぱりそのフナ寿しの香りになじめず。
それ以来、箸をつけることができませんでした。
が、前回、朽木で食べた「鯖のなれ寿し」も美味しかったし、今日の宮城さんとこのウグイのなれ寿しも、すっごく口に合って、残った分は全部お持ち帰りさせていただきました~heart04
この分だと、フナ寿しに再トライできるかなぁ。

Cimg4888 交流会で、こんぜ清流米についてお話を伺いました。
ここの土地は水、土がよく、寒暖の差があり、美味しいお米ができることから、「清流米」としてブランド化して広めたいというお話でした。
消費者の方からは「だからといって、清流米がどこで買えるのかも分からず、販売も秋口のほんのわずかな間で限定数だけ売るという形では応援の仕様がない」というお声でした。

農産物がお天道様に左右される限り、工業製品のように数量を予定したり、保障できないジレンマがあります。加えて、獣害の被害も大きく、前もって沢山の予約を受けたくても受けることができないのです。

一方、栗東のすぐ近くの集落でお米を作っている方は、「同じ地域で、同じ山の水を使っているのに、なぜうちの田圃の米は「清流米」のブランドから外されるのか理解できない。」というご意見。
「一部の少数の農家だけが固まってブランドが成立するのか、もっと大きな枠組みで考える必要があるのではないか」

今日配られた中に「ご飯にも添加物。古米もたちまち新米に」という資料がありました。
安い古米に添加物を加え、ふっくらツヤツヤな香りのよい新米に炊きあげて外食産業に使われているそうです。

「おいしいお米」なら、それで手に入る。
そんなのに騙されるな、と言っても、見分けがつかないよう上手に欺く技術のほうが上手。
こんぜ清流米が安心で、安全で、美味しい米というブランドにしたければ「金勝(こんぜ)」という土地や作る農家さんを一緒に売り込んでほしいなぁ。
それにはたった数件の農家さんたちが寄りあうよりは、もっと異なった業種や地域の人たちも含めた独自の面白い広め方があると思います。
そして、栗東の里山の風景はそれができる可能性が沢山沢山あると思います。

| | コメント (2)

2008年8月 1日 (金)

目の前には、限界集落

Cimg4516 2008年7月5日(土) 
滋賀県高島市(旧朽木村)の山村都市交流館「山帰来(さんきらい)」で行われた「限界集落サミットin朽木」に参加してきました。
「ちゃんとしたレポート」はどっぽ村のリエちゃんのご報告をご参照いただくとして、「田舎、いいよなぁ~」と、のんきな街の人の珍道中にしばしおつきあいを。

このサミットの一週間後には滋賀県立大学の「湖北移住交流支援研究会」主催の湖北古民家の空き家見学会に行ってきました。
このブログでもよくご紹介する友人C夫妻は田舎の古民家暮らしを目指して滋賀に引っ越して来ました。
引越し前から色々探して見たものの、古民家が一般の住宅のように不動産で出回っているものではなく、

「運とご縁で人づてに出会うもの」

という結論に至り、こうしてマメにあちこち出向いていらっしゃいます。
そのうち、滋賀に来て1年もたたないのに滋賀県民歴10年の私も敵わないほどの滋賀通になってしまいました。
今では私が彼らに「連れて行ってもらう」方に。coldsweats01

Cimg4582限界集落サミットの日、C夫妻の車で朽木の奥へ。
山の集落の田んぼや畑、藪や森林の脇の道を途中間違えながら走る。

廃屋らしき大きな日本家屋がポツンポツンとたたずんでました。

立派な造りの佇まいにCダンナ氏の田舎暮らしの夢が膨らむ一方でどんどんテンション下がっていくC奥方。

「(こんな所に引っ越すなら)東京に帰る!!」


Cimg4523朽木の針畑地区はこんな奥地にありながら外から移住してくる若い家族がけっこういらっしゃる。
小さなお子さんたちがそこら辺の木に登ったり、緑いっぱいの風景の中で生き生きと育つことは他に変え難い教育だと思います。

「ヘビ、取ってきたるわ」
という暖かいお申し出を全力で辞退。
「ヘビ、怖わないの?」と、聞くと
「。。。普通」
。。そうか、普通か、やるな、キミ。


Cimg4517 朽木で素敵なパンを焼いているご夫婦や、農業をされている方、なんだか不思議なコミュニティを築いていらっしゃるグループ。こういう所に住まう方たちというのは生きる知恵と技術が備わっているなぁ。

古民家ではないけれど、公営の安い住宅もあって、住む意志さえあれば、何とかなりそうな感じ。

限界集落を見学、という事でしたが、ここは元々こんなに静かな所で、沢山の人が住むという事が想像しにくく、それでもここは若い人ががんばっているという印象でした。

手ぬぐいの姉さん被りがめっちゃ素敵な地元のおばちゃんに聞くと、ここは昔から街から人が移住してくる土地柄だったそうです。

「でも、何年かしたら出ていきはる人が多い」



Cimg46171週間後に長浜の山間の集落を訪れました。
こここそ本当に限界といった感じの集落のでし た。
元々人が沢山住んでいたけれど、道路が整備されると人が入ってくるどころかどんどん出て行ってしまった、というお話でした。
山あいの為、日照時間が短く、田んぼや畑は獣害で、作っても全滅。
空いている民家もかなりある。。。
早速、古民家の見学。
地元独特の造りや間取り、重厚な土蔵など大切な地域文化がいっぱい詰まっている。
けれど、今、住もうと思ったら土台を直したり、今の生活に合わせた造りに改造したり、実際住むには何千万円かかる。
資金で考えるなら新築建てたほうがずっと安いようです。

Cimg4614 数件古民家の空き家を見て、結局お金がないと田舎住まいはできない、という、ちょっと物悲しい結論。
でも、そう言ってしまうと若い人は入ってこない。
集落で子供の生み育てが可能であればこそ、次の世代が在るというもの。


限界集落サミットで和歌山県那智勝浦町の色川という集落はヨソモノも若者が移住して頑張っている報告を聞きました。
この集落が好きで、おじいちゃんおばあちゃんの生活の知恵や技術に惚れ込んで、伝統文化を大切にしたい、、と思う若い人たち。その思いがひしひしと伝わってきました。
雷鳴とともに、、、(^▽^ )thunderthunderthunder

仕事の事とか、生活インフラ、近所づきあい、、、田舎に居を移す事は今までの「引越し」や「宿替え」と思ったら大間違い。今までの街の暮らしの生き方、考え方もガラリと変えないとやっていけないみたい。

しかし、限界集落というのは山村に限ったことじゃない。
街の中にも高齢化が進んだ寂れた団地や住宅地がたくさんある。
人口構成で考えれば日本全体が「限界集落」なんだから。

| | コメント (0)

〔お知らせ〕山本玄匠さんの作品展

Pic_yamamoto 2008年8月3~10日まで、
安曇川の柿渋染色家の山本玄匠さんの工房で山本さんの作品展が開催されます。

先日、たくさんの方が集まって、山本さんの工房でTシャツの柿渋染め体験をやらせていただきました。

山本さんの失って得たもの

柿渋の今までのイメージを覆すような、ビビッドな鮮やかな色彩と、山本さんの世界を見に行ってみてください。

山本さんの案内状をダウンロード

| | コメント (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »