« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月26日 (金)

滋賀スタイル

Cimg5410 滋賀県が自己アピールが下手だという事は郷土愛の篤い人でも認めるところだと思う。
かといって、滋賀が損をしているかというとそうでもない。
滋賀は名より実をとる。
近江野菜が京都では京野菜のブランドで売られる事は、滋賀で売るより高く売れるから良し。
着物の世界でも京都の呉服屋の看板の裏で、滋賀は製造のバックヤードだったそうだ。
私も昔、大阪で繊維商社で働いた事があり、福井県や名古屋など生産工場に時々行った事があるが、滋賀の繊維業は最近までほとんど知らなかった。

Cimg5414 そんな県内の繊維業の仕事を広く知ってもらうため、繊維業、生産地域、大学が手を結んで「滋賀スタイル」という展示会を開催した。
布好きな私は楽しみにしていたのだけれど、行ってみてガッカリ。

パネルとボディに着せた服と、エンドレスに流しっぱなしの広報フィルム。
各地で作った各種布を使ったクッションがランダムに置かれている。
そして、無人。
一通り見学したら、「どのクッションの布がよいか」「この布はどのようなイメージをいだかせるか」などを備え付けのアンケートにチェック式で答える。

そのどれもが「滋賀スタイル」を知りたいと思う立場として全く見当違いに思えた。

何を伝えたいのだろう?
何かを伝えたいと思うのにこの中途半端さはどういうつもりなのだろう?
アンケートを何に生かしたいと思っているのだろう?

本当にステキなものなのに、その価値を伝える事には手を抜く。
今回の展示だけでない。
残念ながら私の知る「滋賀スタイル」にはそういう面もある。

高島の「綿クレープ」は国内シェアの90%!
す~ごい!
湖東の「麻ちぢみ」、長浜の「絹ちりめん」。
どれも滋賀の琵琶湖を中心に東西南北の個性豊かな気候風土に根ざしている。
それを知っている滋賀県人がどれほどいるだろう?
それを誇りとする滋賀県人がどれほどいるだろう?

滋賀にはステキなもの、スゴイものがたくさんある。
たいていは感心も持たれず埋もれている。
関心を持つ人がいるとしても、それを県外に、海外に広く知らしめる事には消極的だ。
華々しい事を嫌う。
人が大挙して訪れて静けさを破られる事を嫌う。
その県民性で昔ながらの生活が素朴に守られているという所もある。
その気質が恵まれた環境を当たり前に思い、価値を見いださず、活かせず、寂れさせてしまったり、破壊してしまった事はないだろうか。
湖岸だってウォーターフロントとして活かせているとは思えない。
「え?なんでコレってここに建てんの?」的な建築物ばかりが並ぶ。
リゾートっぽく作ろうとした場所は軒並み失敗したように見える。

自分の殻から頭を出して、違った視点で物を見る事は滋賀には必要な事だと思う。
もっと。もっと。

| | コメント (0)

2008年9月25日 (木)

稲刈りの季節-農家の嫁失格

Cimg5380 2008年9月13日(土) 栗東

春に田植えをした中井さんとこの田んぼの稲刈り。

近所の走井では、今日は「こだわり滋賀ネットワーク」の援農隊が行っています。
だぶらなければ両方行きたかったのだけどsad

稲籾の山の中ではなんと、焼き芋を焼いています。
Cimg5332
稲を刈って、束にします。
たまげたイナゴがピョンピョン。
30代のM子ちゃんは子供の時「イナゴ、捕まえてきて」と言われて「は~い」と捕まえに行っていたとか。
意外と最近の事。。。ダヨネ?
今もそんな食生活は残っているだろうか。


稲を刈りながら脱穀をするのは。。。。
Cimg5333Cimg5363_3









オトコの浪漫。。。

バイクが好きな男の子みたいなものですね。
ドッドッドッとうなる発動機の音やオイルの臭い。
オッチャン達うれしそう。

Cimg5351

刈った稲を頭から機械につっこむと籾を摺り切ってくれます。
私もトライ。
しかし、思わず稲束が手から離れてしまい、大きな音を立てて詰まって、機械が止まってしまいました。

「農家の嫁、失格やな~」との声。

オホホ、( ´_ゝ`)ノボンジュール♪、
Cimg5367図らずもお箸より重いものを持った事ナイのがバレてしまいました。

昼ご飯はなんと、中井さんが他の田んぼを前もって刈って、この日のために炊いた新米ごはん!
多少働いたがそれを上回るエネルギー補給を止められず。

朝までの土砂降りがウソのような午後は日本晴れの秋空。

さて、私はこれから家に帰って着替えてから大阪に出かけて筋肉少女帯のライブ♪
明日は仰木の稲刈り。
「え~!?明日の朝、大丈夫?」という仰木の守人の会の方との電話に「大丈夫ですよ~happy02」と楽勝こいたのに。。。。

約20年ぶりの縦ノリ★ハードロックで昔のままにハジけたら---
(=゜ω゜)ノ ♪oh~、ダメ ニンゲントシテ イキル オロカサヲ~、アマネク スベテノ~ ヒトニ~ツタエタイ~♪
翌朝、案の定?意外に?起きれナイ。(´△`)グッタリ・・・。o○
お昼から参加。

9月14日(日) 仰木

Cimg5375  暑 い 。 。 。
 
みんなが汗だくになって稲を刈っている間にコンビニでアイス食ってた私が言うのもなんですが。

昨日の栗東と違って、棚田の仰木は大型機械が入るところが限られるので、みんなで頑張って刈りきってハサガケしてしまわなければなりません。

Cimg5379去年は韓国人の農家のオモニと一緒に来たのを他の参加者の皆さんと思い出していました。
「すごかったよね~」
稲刈りは数えて4,5回目の私は、やってみてだんだん農家のおばちゃんのプロフェッショナルぶりを実感するようになりました。
年は何十才も若くてもあんな風にパワフルにサッサと美しい仕事ができないのです。
今年はオモニはいないけど、韓国で思い出して下さるといCimg5398いなぁ。

プロフェッショナルと言えば、仰木の農家さんの見惚れ技。
今回も稲を刈った後の田んぼに、はさがけする杭を打って、竿を通して稲を掛けます。
竿が足りないと杭をまた打って、竿を固定するのは稲ワラ。
一本の竹の竿にかかる重さは大変なものだと思うのですが、ワラをギュッと結んで杭と竿を結んだら、ザンザと稲を積んでいってもちゃ~んと固定されてます。
すごっ!!
Cimg5382 刈った稲を美しく、くくれるようになりたい。
でも、結び目で結び用のワラがくしゃっとなったり、緩かったりで、なかなかうまくいかない。
そこへ手動の稲刈り機。
押して歩くと、ダダダダダっと稲を刈って、ポポポポイと瞬時にくくった束を放ります。

あっけない。あっけなすぎる。

Cimg5401 
こうして時間通りに稲を刈ってハサガケが完成。

まだ暑いけど、夏過ぎて。
稲刈りの季節。
田んぼは空っぽ。
もう一年が終わった気分。

Cimg5402

| | コメント (0)

2008年9月15日 (月)

研修3 そろそろ本気でエコ暮らし!あいとうエコプラザ菜の花館

  ■本日の研修@東近江市「あいとうエコプラザ菜の花館」

Cimg5232 ・菜の花館館長 野村正次さんのお話
・菜の花館見学
・廃油でオリジナルキャンドルづくり
・「愛のまちエコ倶楽部」の四季の活動報告

・お昼ご飯:地産地消シリーズ
・梨とブドウの収穫体験
・菜の花館サポーター「NPO法人愛のまちエコ倶楽部」と交流会 by 理事 増田隆さん
・ブドウと梨の品評体験


■あいとうの地産地消お昼ご飯メニューheart01
愛東のおかあさんたち(愛の田園エコライフのみなさん)が作って下さった愛情たっぷりの家庭料理。
地元の食材をふんだんに使ったメニューです。

Cimg5273_2 ・ブリのぬた
・愛東こんにゃくと野菜の白和え
・ナスとニシンの煮しめ
・丁字麩のからし和え
・さつまいものじく煮
・野菜たっぷりのおから煮
Cimg5269・ズイキ(芋茎)の酢の物
・うずら豆の煮物
・かもうりのみそ汁
・愛東くだものを使ったサラダ
・うりの浅漬け
・愛東ブルーベリーのゼリー


おまけ:愛東の梨を使った韓国のデザート「ペスク」byどらここ

■愛東エコ倶楽部の活動を見る
→「環境まちづくり」増田さん更新のブログ 研修当日のレポート
→愛のまちエコ倶楽部

Cimg5227つい先日も、エコ倶楽部のイベントに寄せてもらったばかり。
充実した活動にいちいち「すごいな~shine」と感心しきりでした。
こういう活動をしたいと思っても、実現するのは並大抵ではないし、
人集めや資金繰りを考えても、実現した活動を長く続ける事は
もっと困難かと思うのです。
Cimg5288全てはこの愛東地域の皆さんの環境に対する強い想いの結晶に他なりません。

→す、すごい、マンホールにも「愛のまち」

カッコイイ「今時のエコ」ではなく、「生活実感からの環境運動」は昭和52年からの琵琶湖の赤潮発生をきっかけに滋賀県内に「石けん使用運動」として広まりました。
物言わぬ琵琶湖の存在が教えてくれる事。
環境に対する地道な取り組みは滋賀のあちこちで静かに 担われている。、
すごいのに、滋賀の人はやっぱ「なんもないで」っててなもんで。

今回の講座のコーディネートをして下さったのは去年度の農と食のコーディネーター講座修了生の増田隆さんは「愛のまちエコ倶楽部」の理事さんです。
コーディネーター講座を受講したのは人の繋がりを増やしたいと思ったから、とおっしゃってました。どうでしょう、広がったも広がったも、こだわり滋賀ネットワークの活動には欠かせない、というか、決して逃してもらえない?てな感じでみんなに頼りにされています。
心配性の増田さんは今回の講座を「みんなに喜んでもらえるかな。。。」と不安気。
何も特別な事をしなくても、普通に素晴らしき愛東のエコ。

Cimg5234あいにく今日は雨。 (てか、講座の日はいつも雨?)
菜の花館で「菜の花プロジェクト」の話を聞き、菜種油を絞って精製するプラントを見学しました。
一面の菜の花畑を楽しみ、種になったら油を絞る。
油は食用になり、天ぷらなどに使われた廃油は回収して精製してバイオディーゼル燃料に。ガソリンの高騰で問題になった食用農産物のバイオ燃料への転用。
家庭で賄うエネルギーを家庭から出る資源でリサイクルや再利用でまた家庭に返す。
一つの作物がいくつもの役割を担い続け、ゴミを出さない。
世界規模では微力ながらもそれが世界の主流になれば、とても大きなパワーになるのではないでしょうか。
Cimg5250_2
再利用、リサイクル、にかけてはアイディア心満載のコーディネーター講座受講メンバー。
早速、雑草の種と混じってしまっている菜種の種をどうぞ、ご自由にお持ち帰りを、、と言われるや、即、ビニール袋が出てきてバーゲンのお買い物状態。dash
来年、自分の所でも「菜の花プロジェクト」やろう!とその場で企画ができちゃった。flair
次の春には滋賀は黄色に染まる事でしょう。
Cimg5257お次は、廃油で手作りキャンドルの制作。
今日は廃油でなく、きれいな油。
コンロの火にかけて、竹串も材料にある。
「まずは串カツ揚げたい」と思ったのは私だけではないに違いない。
油の凝固剤とキャンドルカラーを混ぜてきれいなろうそくのできあがり。
お昼のご飯の準備に少し時間がかかるという事で、「愛のまちエコ倶楽部」の一年間の活動を写真で見せて頂きました。予定になかったのかも知れないけれど、これがとても楽しかった。
前回、「まるかじり」のイベントでも思ったのですが、「あ、こうしよう」と思ったら、ホイ、と試してみる。または予定にあるんだけど、大丈夫かいな、、という事もある。

積極的に楽しい事を試してみる、失敗も笑いのネタにしてしまう。(関西ではコレ大事!)
エコ倶楽部の素晴らしいアイディアの実現には「楽しい事をする事に手間を厭わない」というアクティブな空気が感じられ、「地元の里山を守らなければ次世代が大変な事になるbomb」という悲壮感を感じないのがイイですね。

Cimg5276お昼ご飯は地元の女性のみなさんの手作り。
メニューの豪華さをご覧あれ。
そして、どれほど美味かったかは 食べてる皆さんの表情をご覧あれ。
おまけに持ってきた梨のシロップ煮「ペスク」は韓国のデザート。先日、増田さん達の梨園でもらってきた熟れきれてなかった梨をいただいて作ってきました。
梨に粒こしょうを埋め込み、砂糖と生姜で煮たものです。

Cimg5284Cimg5282




食後は近くのぶどう園でブドウ狩り。
こんなに美しいブドウ。袋がかかっているので、傷つけないようにそっと袋に触れたり、袋をのぞいて、はさみで取ります。
すぐみんなその場でほおばる。
美味美味。
雨が強くなってきました。   Cimg5316
菜の花館に帰ってエコ倶楽部の方々との交流。
ブドウ農家さん、お米農家さん、梨農家さん、それぞれの分野の活動をお聞きしました。
講座の皆さんの中にも農家さんは沢山いらっしゃる。
ヒントになった事がたくさんあったのではないでしょうか。

盛りだくさんのエコ倶楽部の活動の紹介はまだ終わりません。

Cimg5308_2
愛東で採れるブドウの品評。
え~、こんなにブドウって種類があるんや~、と驚く程ズラリ。
みんなド真剣。
味も様々。
でも、どれが一番美味しいかと言えば、食べつけてる小粒な種なしブドウ、デラウェアが一番落ち着くってかcoldsweats01
Cimg5314
同期の増田さんの活動と聞いて駆けつけた去年度のコーディネーターさんたち。
みなさん、それぞれの活動の幅を広げられたのはもちろん、こうしてご縁があって集まった最強のネットワークです。
今期の受講の皆さんとも繋がって、益々最強!
今後が楽しみです。

次回の講座はちょっと飛んで11月。
それまではそれぞれの地域の実りの秋を堪能しましょう。

| | コメント (0)

2008年9月 7日 (日)

水の架け橋ー日韓こども水辺交流会@日野

2008年8月23日(土)

ある時、京都在住の外国人留学生からメールをもらいました。
「歴史が好きで滋賀によく遊びに行くのですが。。。」
「なんとなく、表面だけを素通りしているカンジで、中に入って行けない気がするのです」というお悩みでした。
美しい風景をサラリとなぞり、「きれいだなぁ」と思うだけで何故か満たされない滋賀。
私が思うに、人との触れ合いが無いからじゃないでしょうか。
車で走っても、触れ合いがどーのと言う前に、道を聞くのにも道行く人がいない。家もない。
でも野生動物飛び出し注意。

滋賀を楽しく旅するのに一人旅もいいけれど、エコツアーとか交流ツアーとか、団体の旅はいかがですか。
ナビゲートしてくれる人がいると田舎の旅は楽しい。
有名どころじゃなくても素敵な田舎がいっぱいあるのです。
中に入ると滋賀は驚きがいっぱい。
滋賀の人は「なんでそんなもんが珍しいん?」てなもんですが。

Cimg5158
今週は蒲生野考現倶楽部さんという日野を拠点とされているNPO団体の日韓こども水辺交流会に半日参加してきました。
私が主宰する韓国語サークルの生徒さん達に実際に韓国語で交流する機会を地元の滋賀で持てないか、と、あちこち問い合わせたりして参加させてください、と、お願いしています。
今回のツアーは日韓の小、中学生が一週間の前半を韓国で、後半を滋賀で過ごす旅。
私たちは後半、23日の日野の鎌掛(かいがけ)のしゃくなげ学校で行われる交流と、地域の地蔵盆に参加する事になりました。
韓国語サークルのレポートデス。
鎌掛といえば、去年、「日野菜シンポジウム」というのに参加しましたが、地域の方達とそんなに語り合う機会があったワケじゃない。通りすがりだった集落の「中に入っていく」体験ができるでしょうか。

鎌掛の集落のあちこちのお地蔵さんの祠には地元の子供達が集まり、地蔵盆の準備をしていました。
ちょっと迷って到着した「しゃくなげ学校」は廃校になった鎌掛小学校を利用した蒲生野考現倶楽部さんの本拠地です。(...ってことでいいのかな?)
eyeしゃくなげ学校のステキな写真いっぱい

Cimg5171講堂で子供達とご対面。
えーと、誰が韓国人だか日本人だか判りません。(A;´・ω・)アセアセ
子供達はお互いコドバは通じないのですが、それでもキャーキャー言いながら走り回ったりしています。
日本に到着後すぐ滋賀へ。嘉田知事と対面し、高島の針江地区を訪れ、ホームステイをしたそうです。
私たちも去年の「農と食のコーディネーター養成講座」でお世話になった所です。
家の敷地に川端(かばた)があって、洗い物や野菜や果物を冷やしたり。水の中には鯉が泳ぎ、食べ物の残りカスを食べてくれる自然と共存した暮らしがあります。
「ものすごく感動したわ〜happy02」と韓国人のお母さん。

「オジゾウサンって何?」「ジゾウボンって何?」と、色々質問されました。
えーと、ええーと、私もこの日、初めての地蔵盆なんです。。。とは言えませんでしたけど。。coldsweats02
私の生まれ育った地域にはお地蔵さんも地蔵盆もありませんでした。

早速、みんなで地蔵盆の行灯作り。
子供達が日本や韓国の国旗や「アイシテル」なんて言葉など、色々描いている中に、誰が書いたか妻へのぼやき川柳の行灯が3つも。
 Cimg5168
Cimg5173
昼間、そして夜、地蔵盆の鎌掛を歩きました。
しゃくなげ学校になっている元鎌掛小学校の木造校舎の雰囲気がそのまま集落には今にも残る集落。
広い道路に狭い路地。夜になってもそこら中明るくする様な街灯はあまりありません。
少し集落を外れると吸い込まれそうな森の暗闇に道は続いていたりします。
日頃は街灯以外は真っ暗闇に包まれている事でしょう。
今日は地蔵盆の提灯の灯りが暗闇に浮かんで幻想的に誘います。

あの世とこの世が隣り合わせであるからこそ道ばたには子供を守るお地蔵さんがあり、この世を守ってくれる者の里帰りを迎える地蔵盆がある。
そんな土俗的な空気を感じられる所は今ではそう多くないのではないでしょうか。

ところで、地蔵盆の執り行われる地域の範囲はどの辺りなのでしょう。
滋賀の人に聞いても昔からあるところとないところがあります。
京都の加藤わこさんのブログにも地蔵盆のレンタル地蔵さんの話が載ってました。
静岡出身の人は「滋賀に来て初めて知った」と言っていました。
こうして、改めて外国の人に聞かれると知らない地元、知らない日本がまだまだあると気づかされます。

暗闇の集落を提灯の明かりに向かって歩きます。
お地蔵さんの所にスタンプがあって、出発の時に配られたウチワに4つ以上押して来るスタンプラリー。韓国の子供たちも大はりきり。
「スタンプ、クダサイ!」と元気よくお願いすると、集落の人たちも「おお~、韓国から来たんか~」と、暖かく迎えてくれました。
韓国人のお母さんたちは「どうぞ、お元気で」と、お年寄りに声をかけ、
子供たちは「日本の人って親切だね」とスキップ。
「それはね、平和な世の中だからだよ。戦争してたらこんな風には出来ないよね。だから平和って大切なんだよ」
と、言ったら、「あはは、そりゃそうだ。」と笑いました。
彼も10年もしたら韓国で兵役に就く事でしょう。
日本がどことも戦争をしない事を、今日のこの日、日野で楽しそうにはしゃぎ廻る彼らがどこにも派兵されずに除隊する事を願ってやみません。

| | コメント (0)

2008年9月 6日 (土)

品評会はツライよ

最近出会う人々に「新聞見たよ」と、ニヤリとされる。
なんもしてませんけどー?
心当たり、全く梨、いや、無し。

「品評会の〜〜〜」

あー!?あれですか?
つまり、グロッキー寸前で梨や葡萄を食べまくる私の写真がどこかの新聞社の写真に載った、、という事ですね。crying
あ、いいです。見たくないです。モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

先日、西武百貨店で開かれた梨と葡萄の品評会に何故か消費者代表の審査員としてお呼びがかかったのでした。
普段安物買いな私が品評会に出品される出来のいい果物に批評などできるものだろうか。
違いのわからない女なのですのに。
薄い一切れの梨を、そして大粒の葡萄を一粒づつ味わう。
色形、そして食味をチェックする。最初はご機嫌さんで食べていたが、いくらもしないうちに辛くなってきた。
梨だけで大3個分ぐらい、続けさまにブドウの大粒を2房分ぐらい食べた。
品評というより大食い大会に近くなってきた。
う、、、グルシイ(;;;´Д`)
お買い物のお客様の羨望のまなざしが突き刺さる。

ち、ちがうんです、苦しいんです~、コレ、死にそうに苦しいんですYOー。

品評会のメンバーのほとんどは梨やブドウ、農産物や農産物の流通のプロの人たち。
そんな方々も「もう、ワケわからくなってきた。。。」と苦しそう。
プロの方は全部食べない。
一口囓っただけで残りは捨てる。
しかし、貧乏性の私にそのようなプロっぽい事ができるはずもなく。
北京ダックだって皮だけ食べるなんてありえない。

テーブルに並んだ梨、ブドウをなんとか全部食べ終わった~、と思ったが食べ漏れや食べても記入漏れしている所がいくつもあって、さらに苦しさが増す。
それにしても、県内で採れた同じ品種の梨なのに、食感や甘みはみんな違う。
そして、感じたのは色、形とも見目麗しからぬ梨ほど美味しかった。
人間も同じかしらん?
それを言うと専門家の人たちも「どうしても大きいと大味になるからね」。
梨は食味は違っても、どれも美味しいと思える。
けれど、ブドウは好き嫌いがもっと分かれるのではないかと思う。
プロの方々が色形を見て善し悪しを論じていらっしゃるが、私にはあまり違いが分からない。特に、黒い品種のブドウは素人の私にはみんな同じように見える。
食べ続けると、私にはある品種が美味くナイ。
その品種もたくさん出品されているので、ウンザリしてくる。
多分、食後のデザートにそのブドウが出てきたらきっと美味しくいただけると思うけれど、こうして味を評価する場で、苦しい思いをしながら大量に食べ続けていると食味の違いの大きさに好き嫌いが出来てくるから不思議。
結果、1位になったのは私の評価が一番低かったブドウだった。
やっぱ、アタシは違いがわからない女ですもの。

もう、1ヶ月は梨もブドウも要らんと思った。

品評会メンバーの西武百貨店のスリムな女性の店長さんは「私、ブドウ大好きなのでまだまだ食べられますよ~!」。
終了後に一緒にコーヒーを飲みに行った同じく消費者代表の品評会メンバーの成田さんは「パフェ、食べよっかな~」とメニューに見入る。
結局その日は昼食の弁当も完食できず、夕食も食べられなかった私はこのパワフルな二人の女性にはまだまだ全然適わないと思うのでした。

| | コメント (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »