« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月30日 (金)

こめっこ第一回情報収穫&出荷祭のご報告

今回は、こだわり滋賀ネットワークの今年の「コーディネーター養成講座」を修了されたコーディネーターさんの初会合の報告です(^^)
今年のコーディネーター修了生は22名。生産者と消費者をつなぐ活動に取り組んで下さっています。

<報告>

10月 8日 (木)に『こめっこ第一回情報収穫&出荷祭』を開催いたしました。
 こだわり滋賀ネットワークセンター主催の第3回「農と食のコーディネーター養成講座」修了生の4つの班の1つ「こめっこ」よる初企画です。

 近江八幡市仲屋町元1に築120年の空き町屋をボランティアで改装した「八幡酒蔵工房」があります。http://sakagura-kobo.com/

「こめっこ」メンバーの1人がオーナーとなっています。

工房を拠点に同市の円山町(もぎとり野菜販売所)・白王(工房の畑にて芋堀体験)・大中(大中グリーンの工房見学)(ムベ園見学)・これからのコーディネーターの活動について話し合い&昼食交流会(工房和室にて、特産品の黒豆寿司・収穫芋の天ぷら)をいたしました。

「こだわり滋賀ネットワーク」「びわ湖を囲む農と食」「NPO法人日本食品リサイクルネットワーク―」「近江八幡ンマルチメディアセンターの皆様のご参加もあり盛会のうちに終了しました。


 次回予定も決まりましたので合わせて記載いたします。

 日時:11月15日(日)午前10:00~12:00
 対象:農と食コーディネーター養成講座・第1~3期生
    有志。
 場所:近江八幡市仲屋町元1 八幡酒蔵工房
   (第3期:小関の工房 TEL&FAX 0748-32-6421)
 内容:今後の農と食のコーディネター養成講座修了生の活動について意見交換。
    農・食3としてのグループ結生について。


1芋堀 2大中グリーン工房 3ムベ園・集合写真 4もぎとり野菜販売所の畑 5工房の試食交流会&会議

Imohori

↑芋ほりをしていますhappy01

Tatemono

↑大中グリーン工房さんの野菜の販売所です。

Kouryuukai

Imohori_2

↑交流会の様子です。わいわいと楽しそう・・・。

Sonogonokaigi

↑有志のよるその後の会議の様子です。

| | コメント (0)

2009年10月28日 (水)

長浜農業高等学校 「長農秋の農産物販売会」のお知らせ

滋賀県立長花農業高等学校では、

平成21年11月21日9:00~11:00

に「長農秋の農産物販売会」が開催されます。

昨年は、自慢の農産物の展示会や即売会があったり、旨いもの市、花苗市、旬の果物特売会があったり・・・ととても楽しそうなイベント盛りだくさんだったそうです。

ご家族そろっておでかけ下さいね。

滋賀県立長浜農業高等学校

電話:0749-62-0876

| | コメント (0)

農業環境技術公開セミナ-in滋賀 ~地球温暖化と水環境を考える~開催のご案内

加速度的に進行する地球温暖化が、農業分野にも深刻な影響を与えることが予測される中、琵琶湖と共存し持続的に発展する滋賀県農業を目指してきた滋賀県としても、地球温暖化対策を実践していくことが急務となっています。
そのため、温暖化の影響やこれからの農業に必要な適応策や緩和策について、また、環境こだわり農業による水環境の保全について広く皆様に知っていただくためのセミナ-を開催します。

開催日時

平成21年11月17日(火)13:15~16:30【 受付12:45~ 】

開催場所

「ピアザ淡海滋賀県立県民交流センタ-」3F 大会議室

主催

滋賀県、独立行政法人農業環境技術研究所

申込(定員150名 先着順)

11月6日(金)までにFAXまたはメールでお申し込みください。

参加を希望される方は、申込書(PDF)に必要事項をご記入の上、滋賀県農政課あてにFAXでお申し込みください。

電話、メールでも受付いたします。

電話番号:077-528-3812

FAX:077-528-4880

メール:ga00@pref.shiga.lg.jp

申込書(PDF)(申込書に記入していただきFAXを送信ください。)

※メールでお申し込みの場合は、件名に「農業環境技術公開セミナ-申込」と記入いただき、本文に「お名前・連絡先・所属」を記入し送信ください。

プログラム概要

● セッション1【地球温暖化対策】

「地球温暖化が作物生産に及ぼす影響」
(独)農業環境技術研究所桑形恒男
「水田からのメタンの発生を抑える水管理」
  (独)農業環境技術研究所須藤重人
「滋賀県における農地土壌の炭素貯留」
  滋賀県農業技術振興センター  武久邦彦

● セッション2【水環境を考える】

「水環境への窒素流出を抑える水田農業」
(独)農業環境技術研究所菅原和夫
「環境こだわり農業の取り組みによる水稲作付期の流出負荷低減効果」
滋賀県農業技術振興センター 蓮川博之

● 総合討議
● ポスターセッション(12:00~)

会場へのご案内

申込書(PDF)の地図をご覧ください。

申込書(PDF:177KB)

| | コメント (0)

2009年10月26日 (月)

JA北びわこ 農業まつり2009のご案内

滋賀県各地のさまざまな土地から、秋の農業まつりのイベントのお知らせがぞくぞくと届いています。

今回は、JA北びわこ「農業まつり」2009のご案内です。

マジックショーや歌謡ショーも企画されていますよ。

農水産物加工品コーナー、軽食コーナーも充実!

皆さん、ふるってご参加くださいsign01

日時:11月7日(土)・午前10時より(雨天決行)

場所:湖北町 高時川スポーツ公園

高時川スポーツ公園の情報はこちら

JA北びわこさんのホームページはこちら

| | コメント (0)

2009年10月23日 (金)

野菜収穫体験のご案内

「新鮮な野菜を親子で収穫してみませんか?」ということで

長浜の地方卸売市場(JR田村駅徒歩5分)で野菜の収穫体験

が開催されます。

長靴をご持参の上、ご参加ください!

とき:10月25日(日)午前8:00~11:00

ところ:長浜地方卸売市場 北側野菜畑

入場無料(収穫した野菜は安価で販売します!)

キャベツ・白菜・ブロッコリー・サツマ芋などの収穫

他にも・・・

☆ふかし芋試食(ごんせ朝市施設内にて)

☆焼き芋試食

☆パンジーやビオラの販売

などが企画されていますsun

主催:長浜地方卸売市場

共催:(有)浜果未来農園

電話:0749-63-4000

| | コメント (0)

第七回びわ湖ベジタブルロード収穫祭のご案内

収穫の秋ですね。各地で、楽しい収穫祭が開催されていますsun

今回は、11月21日(土)10時~15時に大中グリーン工房(近江八幡市大中町湖岸道路沿い)で行われます

「第七回びわ湖ベジタブルロード収穫祭」

のお知らせを致します。

Shuukakusai_3

野菜の詰め放題

特製人参ジュース

昔懐かしいポン菓子

新米のおにぎり

やさいの味噌汁

あげたてポテトフライ

などを準備いただいているそうですdiamond

問い合わせ先:びわ湖ベジタブルロードのふくもとさん

携帯電話:090-8932-7815

Dscf1622_2

| | コメント (0)

2009年10月18日 (日)

青年農業家との意見交換会のご案内

こだわり滋賀ネットワーク事務局からのお知らせですnotes

この度、次の青年農業者との意見交換会・交流会の参加者を募集します。

参加希望の方は、10月31日(土)までに
「こだわり滋賀ネットワーク」事務局へ申し込みをお願いします。

この機会に、是非、県内で農業のこだわって頑張っている青年農業者と話をしてください。

先着順です(^^) お早めに!!

 こだわり滋賀ネットワーク事務局(担当 森):
   大津市京町4-1-1 滋賀県農政水産部農業経営課内
    TEL 077-528-3892
        FAX  077-528-4882
        E-mail kodashiga-net@nifty.com
  

①滋賀県青年農業者クラブ連絡協議会 との 意見交換会 
 
日時:平成21年11月24日(火) 19:00~20:45
場所:コラボしが21(大津市打出浜2-1) 
人数:こだわり滋賀ネットワーク 約20名
   青年農業者役員      約20名

内容:(しっかり意見交換をしてみたい人向かな(^^))
県内の各地域から青年農業者代表(頑張っている若手ばかり)があつまります。
こだわり滋賀ネットワークの会員と本音で意見交換を!
 ・生産者から消費者へ伝えたいこと
 ・消費者から生産者へ聞きたいこと、伝えたいこと 等


②湖南農業後継者クラブとの交流会
日時:平成21年12月14日(月) 11:30~13:30
場所:南部合同庁舎(草津市草津3丁目14-75)
人数:こだわり滋賀ネットワーク 約15名
   青年農業者クラブ員    約15名

内容:地元の農作物を試食しながら、湖南地域の青年農業者と交流をする。

| | コメント (0)

食の安全・安心を考える意見交換会2009

県では、現在、食の安全・安心の確保を図り県民が安心して暮らすことのできる社会の実現を目指し、(仮称)「滋賀県食の安全・安心推進条例」の制定に向けての検討を進めています。

食の安全・安心の確保のためには、様々なリスクに対して関係する生産者・事業者・行政および消費者がそれぞれの立場で役割を果たす必要があります。

このため、これらの関係者が一堂に会し、食の安全・安心に関し、それぞれの取り組みや立場について相互理解と信頼関係の醸成に向けた意見交換を行います。

是非ご参加くださいsign03

くわしくはこちら

| | コメント (0)

らんの家TSUTSUMI「秋の蘭展 2009」のご案内

らんの家TSUTSUMIさんは、希望が丘公園の近くで洋蘭と観葉植物を約2万本も栽培しておられる洋蘭栽培専門店です。

さまざまな国際的な蘭展で輝かしい賞を受賞されています。

蘭は、二酸化炭素の吸収率が多い植物で、温暖化防止に一役担える植物なのだとか。

2009年10月30日(金)~11月3日(火・祝)の5日間「秋の欄展 2009」が開催されますhappy01

蘭が好きという方、ぜひ、足をお運びくださいね。

会期:平成21年10月30日(金)~11月3日(火・祝)

    午前10:00~午後5:00

会場:滋賀県野洲市小篠原1-7 らんの家栽培所一帯

主催:らんの家TSUTSUMI 

電話:077-586-2660

イベント内容:

○蘭愛好家が丹精こめて作った作品展示、約100点

○人気投票実施

    開催期間:10月30日~11月3日の午前中

    投票された方の中から抽選で3名様に洋蘭のプレゼントがあります。

○鉢物オークション

 開催日:10月31日(土)、11月1日(日)、11月3日(火・祝)

  洋蘭がメインの競り上げ式のオークションです。雨天決行。参加費無料。どなたでも楽しんでいただけます。

○洋蘭講習(無料)

  開催日:11月2日(月)午後1時より

  参加費無料

  どなたでもOK。初心者の方も大歓迎です!

○期間中、3150円以上お買い上げの方に500円分の金券をプレゼントいたします。(金券の有効期間:蘭展終了から1年間)

○野洲市の地元農家が育てた農産物の即売。

○野洲市の観光案内(パンフレットなどの配布)

         

| | コメント (0)

2009年10月10日 (土)

「coctura桜井」さんにお話をお聞きしました。

coctura桜井」さんは大津市の国分にある和食を中心とした創作料理のお店です。お料理、器ともに素晴らしく、お伺いするたびにとても幸せな気持ちになります。

桜井さんは4~5年前から近江の伝統野菜をメニューに取り入れておられるとのことでお話を聞かせていただきました。

お店で使っておられる食材としては・・・

下田茄子、杉谷茄子、杉谷とうがらし、高月茄子、近江蕪、伊吹大根、秦庄の山芋、甲津原みょうが、日野菜、山田鼠大根、佐治かぼちゃ、水口かんぴょう、北之庄菜、ゆるぎ大根

などがあるそうです。

初めは、農家の方に近江の伝統野菜を分けて欲しいとお願いされてもなかなか分けてもらうことができなかったとのこと・・・。

朝早くから、農家さんに出向かれ、収穫のお手伝いをされたり・・・と少しずつ信頼関係を築くところから始められたそうです。

何度も何度も生産農家さんを訪れておられるので、農家の方のお気持ちや現状をとてもよく把握されておられます。

その中で、痛切に感じておられることは、近江の伝統野菜を守っていく為には、若い世代の農家さんたちによる大規模農業に切り換えていくことが必要だということだそうです。

なぜかというと、今、近江の伝統野菜を生産されているのは、高齢者の方が多く、しかも多くは跡をつぐ方がいないというのが現状だからです。

下田茄子を作っておられる農家さんは、1日でも茄子の収穫が遅れるとあっという間に茄子が大きくなり過ぎてしまうので、6~9月までは1日もお休みが取れないそうですbearing

しかも、お野菜は朝一番に収穫しないとすぐにしなびてしまうし、味も悪くなってしまうとのことで、朝の5時くらいから収穫されるそうです。

このような大変な生活では、息子さんや娘さんがいらしても跡をつぐのがなかなか難しいし、このままでは近江の伝統野菜が消えてしまうのではないかと心配されておられました。

今、一番大切なことは、農家の方の生の声をよく聞いて、きちんと伝統野菜が供給できるような(お料理屋さんだけではなく、一般家庭にもsign01)体制づくりを行政の方で整えていくことではないかとお話しくださいました。

また、それと共に、例えば、下田茄子を育てる時には、水遣りなども独特の方法があるそうで、そういった伝統的な栽培方法なども次の世代にしっかりと伝えていく必要があるのではないかということでした。

それから、桜井さんはおいしい野菜ができる背景にあるのはやはり良い自然環境とのことから、ご自身でも「えひめAI」というエコ洗剤を、納豆とヨーグルトとイーストと砂糖で作っておられます。

これは、非常に優れもので、バクテリアの力でヘドロが分解されて排水を溜めておくタンクが汚れなくてすむようになったとのことannoy

愛媛県では一般家庭の皆さんが毎晩この洗剤を排水口に流す運動により、ヘドロだらけの川が美しく甦ったそうですdiamond

琵琶湖の底にもヘドロが溜まっているといいますから、こういう運動を飲食店や工場、一般家庭で義務付けたら、ずいぶん環境も変わるだろうとおっしゃっていました。

お店の仕事だけでもとてもお忙しくされていらっしゃるのに、一週間もかけて、「えひめAI」を作っておられるなんて、ス・バ・ラ・シ・イ。。。

お料理や器だけにとどまらず、農業や環境に対するこだわりを持ってお仕事をされているのだなぁと感動しました。

shine  shine  shine  shine  shine  shine  shine  shine  shine  shine  shine  shine  shine  shine

お話を聞かせて頂いて、近江の伝統野菜を守っていくためには、個人単位というよりももっと大規模なしっかりとしたシステム作りが必要なのだなと思いました。

また、自分達で環境のためにできることが色々とあるのだということにも気づかせていただきました。

アンテナを張って、実践&広めていく活動がとても大切だと思いました。

大変お忙しい桜井さんにお時間を作っていただき、色々とお話をお聞きできて、本当に感謝ですclub

ありがとうございましたclub

Dscf1584_1

38度を1週間保って、作られる「えひめAI」。

匂いを嗅がせて頂くと、なんとも言えず、臭かったです・・・。

でも、ヘドロを食べてくれる優秀なバクテリア達がいっぱいだと思うと、なんだか愛おしい。。。happy01

| | コメント (0)

モ・フ研 創立5周年記念講演・交流会のご案内

「モ・フ研」とは、少し風変わりなネーミングですが、正式名称は、「滋賀県モロコ・フナ養殖究会」といいます。

琵琶湖の固有種であるホンモロコとニゴロブナfishを誰もがおいしく安心して食べられることを主な目的として5年前にできた研究会です。

来たる2009年10月25日(日)には、創立5周年を記念して、イオンモール草津で創立記念イベントが行われます。

滋賀の食文化に関する講演会や、活動報告、モロコやニゴロブナの試食・試販も企画されていますsign01

ぜひ、ご参加ください!

くわしくはこちら

| | コメント (0)

2009年10月 9日 (金)

おうみんちの「しょうが梨大福餅」

守山市洲本町にあるおうみんち

滋賀の食材をふんだんに使ったお惣菜を出してくださるバイキングのお店で、JAおうみ富士さんの中にあります。

第三回「農と食コーディネーター養成講座」でも訪れ、おいしいひとときを過ごさせていただきましたlovely

今回は、おうみんちさんからおいしい情報が届きました。

笠原地区で採れた生姜と幸津川の梨でジャムを作り、それを大福の中に入れた秋ならではの和菓子。。。

名付けて「しょうが梨大福餅」sign03

Nasimoti2

生姜と梨の組み合わせが新鮮heart04

地元食材を使っておられるのも魅力的ですねheart04

そして何より柔らかくておいしそう~notes

おうみんちさんに行かないと買えないそうなので、行かれた際にはぜひお求め下さい。

Nasimoti3

 fujiおうみんちfuji

■住所:守山市洲本町2785番地

■日時:年中無休

■電話:( 077 ) 585-8318

続きを読む "おうみんちの「しょうが梨大福餅」"

| | コメント (0)

2009年10月 8日 (木)

こめっこ第一回情報収穫&出荷祭のご案内

第3回「農と食のコーディネーター養成講座」が8月に修了し、その後コーディネーターとしてさまざまな活動をされているメンバーの方々。

「農と食のコーディネーター養成講座」ではいくつかのグループに分かれて行動をしたり、企画立案することが多かったのですが、今回、「こめっこ」班の皆さんが中心となり、近江八幡でイベントを企画されました!

芋掘りをしたり、大中グリーンの工房見学があったり、これからのコーディネーターの活動について話し合いをしたり・・・と盛りだくさんの企画を立てられています。

興味のある方はぜひご参加ください。

イベント:こめっこ第一回情報収穫&出荷祭


日  時:10月18日(日)10:00~15:00
場  所:近江八幡 八幡酒蔵工房&畑・大中グリーン工房
参 加 費:500円
募集人数:30名
服  装:汚れてもいい動きやすい服装(軍手あれば持参く 
    ださい)
※畑でいも掘りをして、昼食に黒豆すし+地元野菜の揚げた 
て天婦羅をいただきます。
※農と食の美味しい情報満載イベントです。
 只今、参加者募集中!!(10月10日締切)

        【予定表】
工房→工房畑(芋堀体験)→大中グリーン工房見学(田畑代表
)→工房で昼食→「農食3」のこれから会議

9:00 スタッフ近江八幡駅集合(金谷さんがピックUP)
9:30 参加者工房に集合・受付
10:00 白王町方面(水郷農村)に車で出発
10:15 白王町の工房畑に到着 芋堀
11:15 大中グリーン工房見学(畑田代表・質疑応答)
12:30 工房に帰着 昼食交流会
13:30「農食3」のこれからの活動
15:00 終了
 
   終了後、有志による旧市街地・ヴォ-リズ建築の観光 
  ツアーいたします。


小関 皆乎(こせき みなこ)
  八幡酒蔵工房 代表
〒523-0861滋賀県近江八幡市仲屋町元1
TEL&FAX:0748-32-6421 
E-mail:infoi@sakagura-kobo.com(工房)
URL:http://www.sakagura-kobo.com/  

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »