« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月22日 (月)

「空想の森」上映会のご案内

2月19日(金)~2月28日(日)、滋賀会館シネマホールにて、「空想の森」という映画が上映されています。

ただし21日(日)~23日(火)まではお休みです。

北海道の新得という土地で農とかかわりながら暮らす2家族の日常の物語をおさめた映画です。

期間中、映画の上映だけでなく、お米の食べくらべやオーガニック食品の販売や青空市なども開催されます。

ぜひ素敵な一日をお過ごし下さいねsun

空想の森ホームページはここちらからclover

| | コメント (0)

東近江「一日限りの農家レストラン」開店!

東近江ハンドシェーク協議会が主催する「一日限りの農家レストラン」のご案内です。

地元でとれた食材を使った心のこもったお料理を頂きませんか?restaurant

場所は愛郷の森の中にある旧「森のレストラン」です。

2月28日(日)はバイキングメニュー、3月7日(日)は定食メニューですheart04

時間も決まっておりまして、2日間とも

A:11時~12時

B:12時半~13時半

です。

AもBもそれぞれ25席ずつご用意されていますclover

それが、2日間あるので、限定100名の方にランチを召し上がって頂けるイベントとなっているとのことclub

締め切りは、2月24日(水)です。

申し込み用紙は、PDFファイルの2枚目についておりますnotes

料金は、お一人様1000円です。

本当は、1500円だけれど、今回は特別にこのお値段でご提供くださるそうですmoneybag

東近江の魅力をたっぷりと味わってくださいねshine

チラシはこちらから

| | コメント (0)

シジミと湖魚直売のご案内

滋賀県ならではの食材、シジミや湖魚の直売のご案内ですnote

2月27日(土)・28日(日) 9時~17時

3月13日(土)・14日(日) 9時~17時

場所は、琵琶湖大橋「米プラザ」レークサイドファーム」ですdiamond

ご案内の写真を掲載しますねhappy01

クリックすると大きくなりますよ~eye

Sijimi_2

Sijimi2

| | コメント (0)

2010年2月21日 (日)

こだわり滋賀ネットワーク10周年記念シンポジウムのご報告

近江八幡酒蔵工房の小関皆乎さんより、2月13日に開催されました「こだわり滋賀ネットワーク10周年記念シンポジウム 農と食でShigaを元気に!」のご報告が届いていますloveletter

通称「おこたサミット」が2月13日(土)に滋賀県立男女共同参画センターでありました。

大ホール壁際に畳を敷き詰め、出展者13グループのおこたが並び、座れる畳スペースが設けられました。

その13グループとは。。。

①近江八幡いちご園②北比良グループ③JAおうみ富士ファーマー④コスモスの郷⑤グリーンファーム香清⑥愛東生活研究グループ⑦有限会社 池田牧場⑧ジャム工房NODOKA⑨稲枝加工グループ⑩農業組合法人 大戸洞舎⑪湖北地域農村女性かつそうグループ協議会⑫農と食のコーディネーター1期生 こだしが舎⑬針江のんきふぁーむ(敬称略)の方々です。

たくさんのグループが参加して下さいましたgood

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

また、シンポジウム全体の流れは。。。

1スーパー公務員・木村俊昭氏の基調講演

2農村再生ドキュメンタリー映画の上映

3農業者&木村俊昭氏による座談会

4おこたを並べてのこだわり農産物の展示販売&試食

5展示ブース

6フィナーレ(滋賀のこだわり農産物&滋賀のお米「秋の詩」が当たる抽選会&餅撒き)

でした。

バレンタインheart02にちなんで餅の中身もチョコレート餡でしたpresent

座談会でお話くださった「農と食でキラリと光る実践者の6名の皆様」は、針江のんきふぁーむ・おうみんち・池田牧場・飯営農組合・岡村本家・Yukiko's farmの皆様でした。(敬称略)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

農と食のコーディネーター養成講座修了3期生といたしまして、拙い経験ではとうてい測り知ることができませんが、持続可能な農業とは下記の三要素ではと、実践者のお言葉から思いました。

継続の三要素・・・家族・地域・対価

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

シンポジウムを通して、心に残った言葉もいくつかありましたshine

「祖父の味に近づくのが目標、そしてその味を子どもに繋いでゆく。」

「土作りは、周りにあるもの(麦藁・藁・糠・おから・仲間の養鶏農家の鶏糞など)を使い、上下にひっくり返すこと。」

などなど。

家族と地域と消費者に支えられ、古くて新しいゼロミッション(?)な農業を感謝の気持ちいっぱいで続けておられる若手農業者さんの言葉です。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

多くの人の思いを知ることができた素晴らしいシンポジウムだったのですね~。小関さん、詳しくご報告して下さいましてありがとうございましたhappy01

お写真も届いていますcameraクリックして頂くと、大きくなります。

写真:セッション(座論会)

Koumuin

写真:家にいるようなおこたでの交流

Kotatu

写真:農と食のコーディネーター全員の餅撒き

Motinage

| | コメント (0)

2010年2月11日 (木)

和茶庵さん、報知新聞に載りました。

近江八幡の滋賀県立男女共同参画センターのランチスペースのチャンレンジショップで活躍されている和茶庵さんが報知新聞の取材を受けました!

新聞に載ってから、お客様もとても増え、メンバーの4名は大忙しだそうですよhappy02

和茶庵さんは食材にもこだわりがあるそうですよ~happy01

野菜は近江八幡JA朝市などの地域の直売所などで販売されているものを用い、できるだけ地元の新鮮なお野菜を使っておられます。

お米は、日野産の夢近江を生産農家さんから直接分けて頂かれているそうです。riceball

お味噌も日野産の大豆とお米を使った手作りのものsign01

また、和茶庵さんのおすすめのお料理としては、朝宮の茶葉を使った茶葉のおひたしや茶胡麻豆腐があるそうです。

デザートも充実しており、ほうじ茶アイスや和紅茶のシフォンケーキ、緑茶のチーズケーキなどもお客様の喜んで頂いているそうです。

2月13日(土)は、こだわり滋賀ネットワークの10周年記念シンポジウムが、同館で開催されます。

ランチやティータイムに、ぜひ、和茶庵さんに行ってみてくださいね。

| | コメント (1)

2010年2月 7日 (日)

GAPシンポジウムのご案内

GAPシンポジウムのご案内ですhappy01

食の安全・安心や環境問題への消費者の関心の高まりに対応し、農産物の安全と消費者の信頼確保に向けた取り組みが重要となっています。

その取り組みとして、県では農業者自らが行う農作業の工程を管理するGAP(農業生産工程管理)手法の導入を推進しています。

そこでGAP手法について、必要性や取り組みの意義について理解を深めてもらうため、シンポジウムを開催します。

参加無料・定員150名・先着順ですclub

日時:平成22年2月15日(月) 13:30~16:15 受付13:00から

締め切り:月8日(月)

場所:滋賀県農業教育情報センター 第3研修室

主催:滋賀県、滋賀県農業共同組合中央会

後援:全国脳病共同組合連合会滋賀県本部

参加対象:生産者、市場・流通・農協・行政関係者

内容:

○情勢報告    「 GAPを巡る情勢について 」

   近畿農政局生産経営流通部農産課課長補佐    西原 茂 氏

○講      演     「 GAPの実践 -ウソのない記録を残すことから- 」

千葉大学園芸学研究科教授   篠原 温 氏

○事例報告1  「 生協の農産物品質保証システムについて 」

  日本生活協同組合連合会 産直担当   内山 和夫 氏

○事例報告2  「 JGAP団体認証取得に向けた取り組みについて 」

     野洲愛郷米生産組合組合長   青木 繁一郎 氏

○意見交換

申込方法:事前にファックスまたはメールにてお申し込み下さい。

ファックス:077-528-2140(JA滋賀中央会 営農生活部あて)

メール:murakami@kencyu.ias.or.jp

メールは件名を「GAP シンポジウム参加申込」とご記入下さい。

参加申し込み者の氏名、

参加希望者が複数の場合はその方の氏名、

連絡先として、

住所、

電話番号、

ファックス番号

職業(生産者、市場・流通関係者、農協関係者、行政関係者、その他のご職業)

を記入してください。

ご案内の申し込みチラシ

| | コメント (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »