« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月29日 (水)

南部甲賀地域イベント報告‏☆中井さんの田んぼで稲刈り体験!

9月18日に行われました南部甲賀地域のイベント報告をいただきましたwink

以下、記事を転載します♪香取さん、ご報告ありがとうございます!

*******************************

918日栗東東坂の中井さんの田んぼで稲刈り体験を開催しました。天気も良く絶好の稲刈り日和となりました。お忙しい中、総勢40人の方に参加していただきました。有り難うございます。

 

 鎌で稲を刈り、昭和30年代の発動機、脱穀機を使用する昔ながらの方法と、現在の大型コンバインでの稲刈りを両方見たり実感したりできるイベントとなりました。

 

 まずは田んぼのオーナーの中井さんからの挨拶とベテランの方からの注意事項、稲の束ね方などのレクチャーを受けます。

Photo

束ね方は一度で聞いただけではなかなか覚えれません・・何度も聞いてチャレンジです。

Photo_2


年に1度のことなので来年の今頃には忘れてしまっているでしょう・・・。早いとこ覚えて次の世代の子供達に伝えていかなければならないですね。

 レクチャーが終われば作業開始です。稲を刈って束ねて、脱穀機にかける!!この作業の繰り返しです。子供たちも楽しそうに作業していましたよ。

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

Photo_8

Kome

Photo_9

2

3

                             

作業から約1時間経過したところで、大型コンバインの登場です!!凄い存在感です、頼もしい~。大型コンバインが動き出すと皆の作業が止まって、見とれてしまいます。バリカンで頭を坊主にするかのように、勢いよく刈っていきます。

Photo_10

Photo_11

Photo_12

昔はこんな凄いコンバインなくて、大変だったんだなと、改めて時代の進化と昔の人の凄さを感じます。1つの田んぼで大型コンバイン、昭和30年代の発動機、脱穀機のコラボでした。今の子供達や若い世代の人に、伝えていく、残していかないといけないものだと感じました。そうこうしている間に作業終了です。今年の出来は、どうだったのかな??

  作業が終われば楽しいランチタイムです。

Photo_13

Photo_14

Photo_15

Photo_16

Photo_17

Photo_18


中井さんの奥さん率いる料理チームが地元で採れた野菜を中心とした、たくさんのご馳走を用意してくださいました。みんなで食べるともっと美味しく感じます。お釜で炊いた、おこげのご飯、デザートのプリン、かぼちゃケーキなどなど、いろいろ出てきてお腹いっぱいになりました。作業したあとのご飯は「美味い!!」、皆で食べるとさらに美味しいです。

 

 お腹いっぱいになって、皆でワイワイと話、お開きとなりました。 田んぼのオーナーの中井さん、会場設営に協力してくださった方、様々な方の協力で無事終えることができました。本当に有り難うございました。

  このイベントが毎年続けていけること、次の子供達に引き継げるように、今後も南部甲賀地域としてできる活動をしていきたいと思います。

3_2

 1016日に次回支部会議です。

| | コメント (1)

ふれあい農業デーのお知らせ

  10月2日(土)はイベント盛りだくさんの日ですね。

滋賀県の農業技術振興センターでも、『ふれあい農業デー』が 開催されますsign03

滋賀県の試験研究や農畜産業を身近に感じてみませんか?

続きを読む "ふれあい農業デーのお知らせ"

| | コメント (0)

2010年9月27日 (月)

農と食のコーディネーター養成講座2010-最終回!(後編)

 

午後からは、グループワークとなります。


第1回目の講座で作った滋賀の農産物を広めて消費拡大をするためにできることを書き出した大きな紙が登場しました。

こんなことを書いていたんだ、と第1回の講座の思い出にひたっていると、この中からできないものを消していってください、とのスーパーバイザーから指示がありました。
今回でこの講座も最終回となり、この間の現地見学や体験で得たことを反映させて一つずつ検討していきました。

Photo_6


 半分ぐらいに絞ったところで、再びスーパーバイザーの指示がありました。
「この中から一つを選び又は宿題となっていたテーマから、その企画を実行することにします。その企画を告知するポスターを作ってください」ということでした。
またまた大きな白い紙とカラーペンが配られ、どのグループも白い紙の上に頭をつき合わせてワイワイガヤガヤのブレーンストーミングです。

Photo_5



実際にポスターを作ることで、具体的にできること、できないことがイメージできる手法になっているのがわかりました。

各グループのポスターができたところで、発表となりました。

Photo_4


どのグループもおもしろそうなものでしたが、全国をキャラバンするという壮大なものからこじんまりとグループ内ですぐにでもできるものまで、個性がでていました。
農と食をつなぐために、私たちができることを最後にもう一度考えてみるいい機会になりました。

そして最終回の締めくくりは、いよいよ「農と食のコーディネーター」認定授与式です。

__2



この講座に4回以上出席し宿題を提出した人に認定書が一人ずつ手渡されました。
受講生の皆の表情に、やり遂げた満足感と充実感が現れているようでした。
今後はそれぞれが地域で活躍していくことになります。
この講座で知り合ったメンバーや先輩達と今度は自分の地域で会うことができるでしょう。

最後に、5回の講座で見学をさせていただきました農家の皆様、毎回おいしい昼食でもてなしてくださいました。地域の方々、お世話をしてくださいました先輩諸氏、ほんとうにありがとうございました。

Photo_7


 

| | コメント (1)

農と食のコーディネーター養成講座2010-最終回!(前編)


さて、6月19日に始まった2010年度の「農と食のコーディネータ養成講座」も

とうとう、9月4日に第5回目、つまり最終回を迎えました‥!

その模様について、レポートをいただきましたので、以下掲載いたします
apple


:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・::・:・:・:・・::・:::・・:・:・::・::・:・:・::・:・:・:・

9時、JR近江八幡駅に集合したメンバーのバス乗車で本日の参加者全員が揃いました。

本日の見学地であるあいとうエコプラザ菜の花館へ向けて出発です。
NPO
法人愛のまちエコ倶楽部の活動を聞かせていただきます。

「菜の花エコプロジェクト」
耳にしたことはあっても詳しい中身は知らず、なんとなくイメージで環境にいいことを

やっているんだなーぐらいの知識しかありませんでした。
今回、活動の内容を詳しく教えてもらうことができ、そのすばらしさに感動しました。

_


その内容とは、
琵琶湖の赤潮発生により、琵琶湖の水質を守ろうという趣旨のもとに
最初は廃食油の回収からスタートしました。
リンを含むため、水質悪化の原因となっている合成洗剤。
その代わりとして、集めた廃食油で粉せっけんを作ることに着手されました。
やがて、洗剤メーカーが無リンの洗剤を開発することにより、せっけんは使われなくなりました。

そこで廃食油でBDF(バイオディーゼル)を作り自動車の燃料とすることに着手されました。
精製プラントを導入し、1回に200リットルの廃食油から180リットルのBDFが作れるようになりました。
BDF
は車の燃料として使った場合、排気汚染もなく、石油のように枯渇する心配もない


いいことづくめのように見えますが、酸化が早いなどBDFの特質の問題や
税法の問題など課題もあるとのことでした。
ドイツではこれらの課題に国をあげて応援するシステムがあるとのことでした。

さらにプロジェクトは進化を続け、燃料の元になる原料、即ち菜の花を栽培し
菜種油を作ることになります。
菜種の実を搾って菜種油は作られますが、その時に出る油かすは良質の肥料になります。



そして油は家庭や学校給食に使われ、そこから出た廃油は再び回収されて
石けんやBDFに加工されるという、見事な循環システムです。

このシステムを支えているのは、地域の方々が全員参加で取り組んでおられる
努力と連携の賜物だと思いました。
「菜の花エコプロジェクト」の成功は住民の皆さんにとって誇りだと思います。

ここでの学習の後半は「愛の町エコ倶楽部」の次世代の農業を担う人材育成の取り組みです。
会員を募り、少しだけ農業に触れてみたい人から、本格的に取り組みたい人まで参加できる
システムになっています。
農業で収入を得られるまでの経済的空白期間を埋め合わせるのに、ここでも役に立つのが
菜の花でした。
ほんとうに、ここには無駄がないんだなぁ、と改めてこのシステムの素晴らしさに感動しました。

Photo



昼食は地域の方々が作ってくださった地元食材のお料理でもてなしていただきました。


魚あり、野菜あり、美味しいごはんにお漬物、果物と盛りだくさんに用意していただき、どれも素材の
味が活き活きと伝わってくるお料理でした。地元の皆様、ありがとうございました、おいしかったです!

(後編につづく!!)

| | コメント (0)

2010年9月24日 (金)

大戸洞舎さん収穫祭(10/2)のご案内

10月2日(土)はイベント盛りだくさんlovely

どこに行こうか迷ってしまいますが・・・ 音楽好きnoteの方はぜひこちらへ。

続きを読む "大戸洞舎さん収穫祭(10/2)のご案内"

| | コメント (0)

多賀「里の駅」《野菜市&集い》のお知らせ

収穫の秋maple 各地でイベントが開催されますね

続きを読む "多賀「里の駅」《野菜市&集い》のお知らせ"

| | コメント (0)

農産物栽培講座 あります

昨日は、夏の暑さだったのに、今日はすっかり秋の気配maple

続きを読む "農産物栽培講座 あります"

| | コメント (0)

2010年9月22日 (水)

焼畑農法による"山かぶら"づくり体験第2回のご報告!

 
8月17日に、行われた、湖北・湖東支部 2回目の
イベントのご報告をいただきましたdog
ありがとうございます☆掲載させていただきますgood


::::::::::::::::::::::::::::::::

  焼畑農法による"山かぶら"づくり体験

721日の「焼畑農地の草刈作業」に続いて、817日に「農地の火入れ作業」と
「種まき作業」を行ないました。この焼畑農業の体験会には、
焼畑農法山かぶ栽培保存会、滋賀県立大学、京都大学、ウッディパル余呉、
こだわり滋賀ネットワーク、一般市民の約35人が参加しました。

斜面に火を付け、雑草などを燃やしてから、農地をくわやすきで耕しました。
その後、"山かぶら"と呼ばれる赤かぶの種を、約900平方㍍の
農地に"種まき"をしました。

当日の「火入れ・種まき」作業は、7月の「草刈」作業に続き、
猛暑の中の作業となりました。充分な水分補給をすることを
心がけて作業を行ないました。

時折、ゲレンデの斜面を風が通りぬけますが、暑さにまけそうになりました。

赤子山スキー場のゲレンデの上部から、火入れを初めました。

Dscf0636

続いて中腹部に移りました。火入れをした煙が風の向きにより、

作業をしている人たちに向かってもきました。

Dscf0642


ゲレンデの下部にも火入れ。「火」の力、自然の力に恐怖感を感じました。

Dscf0647


火入れした後、農地を耕しました。
くわやすきを使用し耕しました。
石が多い農地でしたが、かぶは成長するとのことでした。

Dscf0653

急な斜面です。足の踏ん張りがきかなく、作業者によっては、

ふらつきぎみの人もありました。

Dscf0649


看板も取り付けました。看板は手作りです。

Dscf0652


こだわり滋賀ネットワーク 左から松井さん、
三國さん、事務局の森さん、川上さん

Dscn0467

種まきを指導してくださった永井邦太郎さん。これで200粒ほどあるそうです。

Dscn0448_3




適度な間隔で種をまきます。種が小さく、ちゃんと種まきできているのか心配ですが、
秋に大きく実ることを願って・・・

Dscn0484

今日一日、ともにがんばったメンバーです。

Dscn0486



| | コメント (0)

2010年9月21日 (火)

イベント案内:普通のお米じゃないよ!餅米だよ!餅米刈りに来ませんか?

 きました~!餅米刈りのイベントのお知らせで~すrock

 秋を満喫しに、棚田で稲刈り、しかも餅米どうですか?!maple

 ようやく涼しくなってきた今日この頃、心地よい風の吹く

 日野町熊野の棚田にいらっしゃいませんか~?cat

 以下詳細です☆

***************************

 

棚田ボランティア活動 : 日野町熊野地区

 日時:9月26日(日) 9:00~13:00

 内容:餅米刈りをして、ごはんをみんなで食べます!

 持ち物:軍手・長靴・参加費(お昼代500円)

 申し込み締切日:9月25日17時まで

  お申し込みは以下のHPの「熊野地区」の申込書で申し込んでください☆

 お申し込みはこちらのHPから:おうみ棚田ネット

注意:小雨決行ですが、雨の場合26日の朝に熊野地区に
    電話をして実施の有無をご確認ください。

  • 申込先 : グリム冒険の森
  • E-mail : grimm@ex.biwa.ne.jp
  • TEL : 0748-53-0809
  • FAX : 0748-53-1552

***************************

 棚田ボランティア活動ってどんなの?!と、気になるかたは

 こちらyoutubeで動画も配信されています♪ →しが棚田ボランティア

| | コメント (0)

2010年9月14日 (火)

「みんなでつくろう!びわ湖大図鑑」写真等募集のお知らせ

 世の中、色んな図鑑がありますが、このたび

みんなでびわ湖に関する図鑑をつくる!

というユニークな企画のお知らせをいただきました☆cancer

ぜひ、写真や絵など、投稿してみてください♪

あなたが投稿した写真が図鑑になりますよwink

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

こんにちは!「びわ湖大図鑑」をつくろう事務局です☆

 当事務局では、県民のみなさんから、
 「好きなびわ湖の風景」や「自慢したいびわ湖の風情」、
「紹介したいびわ湖での生活シーン などを表現した絵や絵手紙、
 写真や動画を募集しています。
 
応募いただいた作品はインターネットサイト
「びわ湖大図鑑」(http://www.biwakodaizukan.com)でご紹介します。
 
■応募資格
  県内に在住、通勤、通学する人、または県内の企業・団体等

■募集期間
  平成22年7月20日(火)から平成23年1月20日(木)(消印有効)

■募集作品
  絵  絵手紙 写真 動画

■募集部門  
 ・自然部門 (生きもの、植物、風景 など)
 ・暮らし部門(漁、遊び、びわ湖の魚貝等を食材に使った料理
 、水にまつわる生活風景、湖辺での清掃活動等、びわ湖を舞台にした行事など)

 詳細はインターネットサイト
「びわ湖大図鑑」(http://www.biwakodaizukan.com)でご確認下さい。


 作品のご応募お待ちしております。



びわ湖大図鑑」をつくろう事務局
biwakodaizukan@kitai.jp

| | コメント (0)

2010年9月 9日 (木)

イベント案内:鮎河地域にて『稲刈り&はざかけ体験』参加者募集中!

さて、暑さはまだまだ続きますが、稲穂もたれ、
新米が楽しみな季節となってきましたshine

今日は、そんな稲刈り・新米が楽しめるイベントをお知らせします☆

甲賀市土山町、鮎河で都市部企業ボランティアと地元が
一緒になって水田アートにとりくまれています。
その水田アートは作るのも見るのも楽しいですが、
やはり、色んな品種(赤米・黒米など)を使われるので
コンバインで一気に稲刈り‥!というわけにはいきません。。
と、いうことで、稲刈りもみんなで楽しんじゃおう♪ということですpig
田んぼって、単なる、「お米の生産」だけではなく、色んな
付加価値を生むことができるんですね。

ぜひ、秋を感じに参加してみてください☆

============================

鮎河地域・都市農村交流 稲刈り&はざかけ体験

■日時 9月18日(土)9時00分~14時00分
■受入地域 甲賀市土山町鮎河 農事組合法人すごいえぇのう鮎河
■場所 鮎河地域水田

■参加費 300円(昼食費)
****当日スケジュール****
09:00~09:30水田アートの説明(集会所にて)
09:30~10:00水田アートの鑑賞・撮影
(20メートルの高所作業車に希望者のみ3人ずつ乗ってもらい鑑賞)

10:00~14:00 ①刈り取り ②はざがけ
*12時頃にお昼休憩をとる予定です。昼食はおにぎりを用意させていただく予定です。
*終了時間は作業人数・ペースによって早まる可能性があります。

14:00 解散

鮎河米のお土産を販売します。

とれたての新米1合(180g)を

300円程度で提供予定です。

====================

お申込・詳細はこちら → 甲賀GT忍者ブログ

水田アートの取り組み等 → すごいえぇのう鮎河HP

| | コメント (0)

2010年9月 7日 (火)

イベント報告:滋賀の伝統野菜が魅力的な商品に生まれ変わり☆

 8月23日に県庁で行われた、県産農産物の魅力向上事業の
「夏の成果発表会」について、「湖国と文化」のライターさん、
今井さんからレポートをいただきました!!

 掲載がすっかり遅くなってスミマセン‥><。
私も出席していたので、その様子を後ほど掲載したいと思いますgood


今井さんからのレポートcat
:::::::::::::::::::::::::::::

県産農水産物の重点食材(夏の8品目)の新しい魅力を引き出そうと、

夏の成果発表会が、報道関係者に向けて23 日、県庁で開かれましたので、ご報告いたします。

対象の重点素材は、下田なす、杉谷なすび、杉谷とうがらし、水口かんぴょう、

紅(あか)ぶどう、近江しゃも、ビワマス、コアユです。

ご挨拶される嘉田知事のお洋服も、夏らしく爽やかで素敵でした。

知事は、伝統野菜や滋賀ならではの食材を大切にすることは、

誇りと品格にもつながると話されます。

_


試食にも、さり気無く水筒とマイお箸を持参していらっしゃいました。

次に生産者、事業者の方々の創意とご努力で生れた開発商品や

メニューについてご紹介いたします。


旨季家さんのお弁当は、おにぎりの青菜も涼やかで、下田なす、

コアユ、水口かんぴょうなどの盛り付けにもセンスが光ります。

__2


雄山荘さんは、近江しゃものシューマイも適度に濃厚で、いい感じです。

おうみんちさんは、水口かんぴょうのわたの含め煮に、無駄をしない

暮らしに見出される、味わい深さがありました!

豊かな産物群のディスプレイも、県の今年度の開発コンセプトである

「カラフル×パワフル」を表していて、いかにもファーマーズマーケットらしいです。

__3


ゆばふじさんの豆乳クリームパスタには、杉谷とうがらし、

シーチキンのような味がするビワマスが入っています。

ルシーな味とコラボですね。

__4

ホテルラフォーレ琵琶湖さん、茄子のそうめん、
冷たい温度をキープ、さすがです。

びわ湖花街道さん、トマトの詰め物の冷製、色も涼しげで綺麗です。

彦根キャッスルホテルの橘菖(きっしょう)さんのビワマス冷しそぼろ餡かけ、

思わずおだしもすすりました。

PA下り長浜神田館さんの杉谷なすび、とうがらしの揚げげ煮もさっぱりしています。

ひさご寿しさん、県の無形文化財指定の「あめのうおご飯」のビワマスの

卵のお味も、イクラに似ています!

近江鉄道土山サービスエリアの夏野菜カレー、杉谷なすび、

とうがらしがトッピングされていて体に安心です。

試食に氷水が添えられているのも優しい心づかいです。 

みらいパーク竜王かがみの里さんの紅ぶどうと黒豆のジュレ、

目を惹きますね。夏はこれが何よりです。サンマルクさんは、

ビワマスドッグやクロワッサンに、紅ぶどうシュークリーム!

__5

とうがらしの香りのするクリームの入った杉谷マカロンや

とうがらしショコラは、色も爽やかでお味もエレガント。

質問が集中していました。などなど。

__6

16 社が28 商品を披露されていました。

重点素材のお茄子は実が厚く、メニューにも多く使われ、

どの料理でも美味しく存在感があり、本日の主役のようでした。

滋賀県ブランドをより力強く確立するための生産者と推進店が

自ら創造する「自創」、その熱意とご努力を今回目の当たりにしました。

同時に豊かな伝統農水産物を再確認できて、

滋賀県がいっそう、いとおしくなりました。

| | コメント (0)

2010年9月 6日 (月)

環境こだわり農産物認証マーク2枚でプレゼントをもらおう☆

こんにちは! 今日は先日からお伝えしている

こだわり滋賀ネットワーク通信「こだわり。」のプレゼント企画のお知らせです☆

実は、こだわりの最後のページのいちばん下にこんな記事があるのですが…

ぜひ、応募してみてくださいwink

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「こだわり。」読者小さなプレゼントのお知らせ

今回の「こだわり。」からプレゼント企画スタート!! みなさま、ふるってご応募ください。

「季節を愉しむ小さな暮らしオリジナルポストカード」&「言の葉一筆箋」の

セットを抽選で15 名様にプレゼントさせていただきます。

■応募方法・・・はがきもしくはFAX で、環境こだわり農産物についている

認証マークを2 枚貼っていただき、郵便番号・住所・氏名・電話番号・年齢・

こだわり滋賀ネットワーク会員かどうかを明記の上、はがきもしくはFAX で

こだわり滋賀ネットワーク事務局までお送りください。

<送り先>

こだわり滋賀ネットワーク事務局
〒520-8577 滋賀県大津市京町4-1-1 滋賀県農政水産部農業経営課内
TEL 077-528-3893 FAX 077-528-4882

■しめきり・・・2010 年9 月15 日(水)まで。

発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。

| | コメント (0)

2010年9月 5日 (日)

ワーク・ライフバランスってご存知ですか?

   ワーク・ライフバランスっというのは、 

『わたしたち一人ひとりが、仕事、家庭生活、地域生活、個人の自己啓発など、仕事(ワーク)と生活(ライフ)におけるいろいろな活動を、自分の希望するバランスで実現できる状態』のことなんですって!
  

自分の思うとおりのバランスを保っている人って、少ないんじゃないでしょうか。

でも・・・ お仕事お疲れさまconfident とか、お父さんの作るお米は最高heart04 ありがとうって言われると、元気になれますよね。

おいしい野菜やお米を作ってくださっている方、生産者と消費者をつなぐ活動をがんばっておられる方にお疲れさま、ありがとうの気持ちをこめて手紙を送ってみませんか?

こんなコンクールやってますnote

ワークライフバランス 手紙ポスターコンクール。 

 詳しくはこちら http://www.pref.shiga.jp/c/danjo/tegami.html

 

今日は、ほのろhappy02さんにかわって、「くぅ」(友達の犬の名前dog)が書かせてさせていただきました。    また、お邪魔しますsmile

| | コメント (1)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »