« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

おうみんちよりお知らせ:もりやまイチゴたっぷりロールケーキなど好評発売中です☆

今日も寒いですね~sad

雪が降らなかっただけでもよかったですが…

さて、そんな寒い日が続いている今日このごろですが

おうみんちさんより、温かくておいしそうなお便りをいただきました☆happy01

おうみんちさん、ありがとうございます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんにちは!

「おうみんち」からのお知らせです。

今年はめっぽう寒いですね。

おうみんちカフェのおぜんざい。

めしあがっていただきましたか?

コクがあって、本物のおもち入りで、おいしい!と評判です。

慣用入りのごはんタルトケーキや各種お母ちゃんの

手作りケーキからパティシエ手作りのモリヤマイチゴ

たっぷりのケーキなど盛りだくさんです。

小川コーヒー直伝の豆の入れ方で

美味しいコーヒーもめしあがれます。

ジェラートは今が旬のきんかんや小松菜、

ビーツ大根でほんのり色を染めたかぶなどを取りそろえました。

是非、ぐる~っと滋賀をまわって 来てください。

そして、おうみんちカフェでは

ごはん入りパン始めました。

春菊入りの生地やきんぴら、切り干し入りの

総菜パンなど日替わりで焼いています。

バイキングのみならず お茶しませんか?

Img_0172_e_2

Img_0173_e

| | コメント (0)

2011年1月28日 (金)

ニュース:近江八幡市大中町の三宅さんが「農家民宿」を開業されました!

 みなさん、農家民宿、というものをご存知でしょうか?

農家民宿というのは、その名のとおり、農家のおうちにお泊りできる民宿のことです。農業体験できたり、とれたて野菜の地元料理が味わえたり…お宿によって様々な魅力があります。そして、なによりも魅力的なのは、民宿のおっちゃんやおばちゃんと色んなお話ができることではないでしょうか。その地域の方に、地域の昔話やなんかを聞いたり、農業の現場の話を聞いたり…そういった心と心のふれあいがなによりも醍醐味ではないかな、とおもいます。

さて、そんな農家民宿ですが、実は滋賀県では、2008年に開業の手引きなどが整備され、開業についての講座が実施されるなどしたところで、昨年はまだ県内に3軒しかなく、今年はようやく十数軒程度が認定される予定だとお聞きしていました。

※農家民宿の開業について→農家民宿開業の手引き

※農家民宿開業講座について→農家民宿開業講座

そして、今日、大中町の三宅さんが農家民宿を開業されたとのことで、新聞記事をいただきました!

その記事を読んで、思わずうるっときてしまいました…weep 農家民宿を開業されるのにも、その背景には色んなストーリーがあるんですね。。三宅さんの、農家民宿、応援していきたいとおもいます!みなさんも、近江八幡にいらっしゃるときはぜひ、いらっしゃってください。

記事はこちらです!→

「img030.pdf」をダウンロード

三宅さん宅の農家民宿はこちらです!→田舎体験滋賀-農家民宿「大中・夢子」

ところで、私の話になりますが、農家民宿、または農家民泊というものを、私が始めて聞いたのは、大学のときでした。グリーンツーリズムについての授業で、佐賀県の安心院(あじむ)という町が取り上げられました。過疎化や高齢化に悩んでいたこの町は、ドイツの農泊研修を参考に住民が一丸となって、農家民泊にとりくみ、まちおこしに成功した、という話でした。

安心院の農家民泊について→九州のムラ旅応援団-NPO安心院グリーンツーリズム研究会

私はこの話にとても感動して、一度安心院に泊まりにいってみたい!とおもったのでした。それで、屋久島に行く帰りに、安心院に行ってみよう!と思い立ちました。ところが、調べてみると、安心院に行くには、車か、タクシーでないと無理だとのことでした…。。bearing (今は交通アクセスがあるかもしれません)。それで、私は18切符で電車の一人旅だったので、結局安心院はあきらめたのですが、その代わりに、熊本の小国町というところにある、さこん上の蛙というお宿に泊まりにいきました。そこは、山間にある、本当に小さなおだやかな集落で、森や川や鳥の声しかしないような、本当にのんびりとした美しい村でした。そして、なによりも、女将さんがかっこいくて素敵な方で、お料理がめちゃくちゃおいしかった!!色とりどりの旬の野菜が、色んなおかずになって出てきました!中でも忘れられないのが、五穀米(?)と豆腐(?)のハンバーグで、もっちもちで、お肉がいっさい入ってないなんて信じられないくらいの満足度でした!いまだに、あれは忘れられません。。。

そして、もうひとつ。何より忘れられないのが、阿蘇で、本当の農家のおうちに泊めていただいた経験です。その日、私は宿をとっていなくて、とうとう野宿かな…どうしよう…駅で寝れるだろうか…と駅近くをうろうろとしていました。そのとき、たまたま銭湯を見つけて、とりあえずお風呂に入ろう、とその銭湯に行ったのです。お風呂から上がってきて、「ああ~きもちいいお湯だった。お腹も減ってきたし、この近くで郷土料理が食べれるところはないかなぁ」とおもった私は、案内カウンターのおばちゃんに聞いてみました。そうしたら、近くのお店は休みだということでした。がっかりした私を見たおばちゃんは、「明日だったらあいてるとおもうけれど…今晩はどこに泊まられるん?」とおっしゃいました。ぎくっとした私ですが、うそがつけないたちなので、「実は、、、宿をとってないんです…」といいました。すると、おばちゃんは、「それは、女の子が一人で野宿なんて危ない!うちに泊まっていき!」とおっしゃってくださったんです…weep ええっ本当にいいんですか??!と、何度も聞く私に、おばちゃんは、優しい笑顔で「いいよ~全然いいよ~!」と言ってくださいました。おばちゃんの優しさに、もう私は感動しぱなしで、お礼ばかり言っていました。。weep

そして、おばちゃんが仕事が終わるまで待って、本当におばちゃんのお家に泊めてもらいました。おばちゃんのおうちは、大きくて立派な昔ながらのおうちでした。けれど、そこにおばちゃんは一人で住んでいるとのことでした。おばちゃんは、見ず知らずの私に、自分の畑からとってきた野菜で色んなおかずを作ってくれて、さらに、手作りのゼリーだとか、本当に色々ご馳走してくださいました!!そのごはんのおいしかったこと…weepそして何より、胸が温かくて、本当に泣きそうでした。。ごはんの後は、おばちゃんは家族の写真や、娘さんの結婚式の写真などを見せてくださいました。私たちは、夜通しいろんな話をして、笑ったりして、本当に楽しい時間をすごしました。そして、次の日、おばちゃんは私を駅まで送っていってくださいました。何度も何度もお礼を言って、またぜひ遊びにきます!おばちゃんもぜひ、遊びにきてください!!と言って、手を何度も何度もふってお別れをしました。。weep

そして、長い一人旅からようやく帰った私は、おばちゃんにお礼の手紙とプレゼントを贈りました。すると、返事がきてこう書いてありました。「たった一晩だけだったけれど、私はあなたがまるで自分の娘のような気がします」と…weep 感激でした。私も、おばちゃんのことは、もうおかぁさんのような気がしていました。

それからも、私たちは年賀状をやり取りしたり、台風が熊本に来たときは、大丈夫か心配になって電話したり。。今も温かいやりとりは続いていますhappy01 旅先での、人との温かい出逢いは、なによりも本当に尊いものだとおもいます。また、おばちゃんに会いにいけたらいいな、とおもっています。

・・と、なんだか自分の旅行日記みたいになってしまいましたが、みなさんも、農家民宿などを通して、よい出逢いをされるといいなとおもいます。happy01 

| | コメント (0)

2011年1月14日 (金)

e-radio『おいしが うれしが見つけ隊』を聞いてみました②

みなさん、こんにちは。今日は金曜日でしたね☆私はすっかり金曜だということを忘れてしまって、ラジオ聞くのを忘れてしまいました~coldsweats02すみませんっ!けれど、先週のはちゃんと聞きましたよ☆ ということで、先週のおいしがうれしが見つけ隊をご報告したいとおもいます。

先週のおいしがうれしが見つけ隊、取り上げられていたのは、守山の…メロン!ではなくて、なんと、『モリヤマイチゴ』でした~!wink 知っていますか?モリヤマイチゴ☆ すみません。私、知りませんでした~><

けれど、ご存知ない方も多いはず!メロンが有名すぎて…。。このモリヤマイチゴ、なんと、メロンの裏作で作られているとのことですwink なるほど、メロンは夏で、イチゴは冬から春ですもんね。生産者の方はよく考えていらっしゃいますね♪その分一年が忙しくなりそうですけれど~coldsweats01 土地を活かす知恵ですね☆

さて、このイチゴですが、生産者の方(すみません、名前が聞き取れず。。><)がイチゴのおいしい食べ方を教えてくださいましたよー!みなさんは、普段、イチゴをどのように食べていらっしゃいますか?

1.ヘタをもって、イチゴの先から食べる

2.ヘタをとって、そのまま口にほうりこんで食べる

3.ヘタをとって、イチゴの先から食べる

4.ヘタをとって、イチゴのおしり(ヘタの方)から食べる

なんと正解は…4番でした~!!!!

なぜなら、イチゴは先の方がいちばん甘いんですが、舌も先の方がいちばん甘さを感じるから、とのことです。知りませんでした。。私はいつも1番で食べてました…bearingなんだかもったいないことしてましたね!今度からきっちり4番でゆこうとおもいます☆

さて、このモリヤマイチゴですが、品種が2つあって、品種によって味や個性が違うらしいです。

●とよのかイチゴ

丸いキュートな形。ジューシーでほどよい酸味がある。

一般的に言われる「甘酸っぱい」いちご。

ケーキなどお菓子に向いている。

Toyonoka_2

●あきひめ

細長い、スマートなイチゴ。

サクッとしたはごたえ。酸味がなく、「甘い」イチゴなので、お子様向け☆

Akihime_3

さて、このイチゴですが、栽培されたことがある方はご存知だとおもいますが、イチゴが市場に出回る時期と、畑で収穫できる時期ってちがいますよね。だいたい、市場には11月半ば~4月、畑で収穫できるのは、5月ころですね。

これは、クリスマスの時期にあわせて、イチゴがハウス栽培で作られているからだということですが、生産者の方は、イチゴが案外手間がかかって収益を上げるのが難しいとおっしゃっていました・・bearing そういうイメージがなかったので、びっくりしましたが、なんでもハウス栽培の場合は、夏場、ハウスの中を寒くして、イチゴに冬が来たと錯覚させるらしいです。ということは、その分冷房のコストがかかってきそうですね…。。そして、ハウス設備自体にもお金がかかりますよね…><調べてみると、近年の重油価格の高騰や、資材・肥料などの価格が約4倍にはねあがったことなど…いろんなデメリットがあるらしいです…weepそんな中、生産者の方々がいっしょうけんめい育ててくださったイチゴが市場に出てるんですね…。。そもそも、季節以外の時期に、その食材がある、ということ自体に慣れてしまっている私たちの生活や価値観が問題なのでは…とおもったりもします。。despair

私がイチゴでいつも思い出すのは、小学校のころ学校から帰ってきて、家に入らず、うちの畑に直行して、太陽の下でピカピカ光る宝石のような熟したイチゴをほうばっていたことです。太陽の光で少しあたたかくなったイチゴは、太陽の味がしたようで、めちゃくちゃおいしくて、忘れられません。そういう体験を今の子供たちもぜひしてほしいなぁとおもいます。

話がそれてしまいましたが…色々と探していたら、おいしがうれしが見つけ隊のブログを見つけました♪よかったら見てみてください☆

おいしがうれしが見つけ隊のブログ

| | コメント (0)

2011年1月12日 (水)

イベント案内:2月26日『コープ 産直シンポジウム』おいしい産直でみんな元気に♪

イベントのお知らせをいただきました☆

まだ1ヶ月以上先ですが…ぜひ行ってみて下さいwink

*******************************

 おいしい産直でみんな元気になろう!

   『 産直シンポジウム 』

日時:2011年2月26日 10:00~13:30

参加料:無料(託児一人100円)

場所:G-ネットしが 男女協同参画センター

内容:産直商品いろいろ試食会!

    生産者ととことんしゃべろう!

    みんなで語ろう!

詳細・申し込みチラシはこちら↓

「_.pdf_.pdf」をダウンロード

| | コメント (0)

2011年1月 7日 (金)

速報!びわ湖放送にて本日1月7日17:20~から「おいしが うれしが地産地消のススメ」

さてさて、雪がしんしん、こんこんと降り続けていますが

こんな日はみなさん、家にこもってこたつにみかんにテレビですよね?

(って、平日ですね…すみません…sweat01

けれど、みなさん、今日は早く帰ってきて、テレビをつけてみてください♪

17:20~びわ湖放送で以下の番組があります☆

これから、毎週金曜日はお昼は先日お知らせしたラジオ、夕方はテレビで

滋賀の食や農について詳しくなれますねwink うれしいことです♪

<びわ湖放送>
番組名 :「おいしがうれしが 地産地消のススメ」
放送日時:毎週金曜日びわ湖放送キラりん滋賀17:20~18:30内
滋賀咲くブログでも情報発信中!
http://oisigauresigabbc.shiga-saku.net/ 

<エフエム滋賀>
番組名 :「ぐるびわ!なう!!~おいしがうれしがみつけ隊」
放送日時:毎週金曜日e-radio「e-smile」内12:05~12:30
詳しくは、http://www.pref.shiga.jp/g/nosan/oishiga/SUISINTEN/FMshiga.html
e-radioブログでも情報を発信中
http://gurubiwa.e-radio.jp/

| | コメント (0)

イベント案内:日本農業の切り札?!『飼料用米利活用シンポジウム』

みなさま、新年明けましておめでとうございます!

そして、今年もどうぞよろしくお願いしますwink

年始早々、ようやく雪も降り出し、すっかり冬化粧でうつくしいですね☆

さて、そんな年始の第一号のイベント案内をいただきました!

飼料米のシンポジウムのご案内です☆

といっても、飼料米になじみのない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私自身も飼料米についてはよくわかっていなかったので、簡単に調べてみました☆

すると、色々とおもしろいことが分かりました!

飼料米とは:家畜や家禽の飼料として利用するお米のこと

これまで栽培コストの高いコメを飼料にすることは考えられなかったが、飼料作物のバイオエタノール原料への転用等により世界的な飼料価格の高騰、単位収穫量が多く直播可能な栽培コストの安い品種が開発されるなどの環境の変化から注目を集めている。

 日本においてはコメの生産過剰から、転作としての飼料作物栽培が以前より奨励されていたが、栽培品種はムギ、トウモロコシ、グリーンミレット(飼料用ヒエ)が主だった。しかしこれらの作物栽培に気候的に適していない地域も多く、用地転用や農機具の兼用が容易な資料米栽培が注目されるようになった。

 籾殻のみを飼料にする場合と、茎葉と籾を同時に飼料とする場合があり、後者の場合を特に稲発酵粗飼料(ホールクロップサイレージ)と呼び、飼料米でなく飼料イネと呼ぶことがある。(はてなキーワードより)

さらに、メリットとデメリットとしては以下のことがあげられるようです。

【メリット】

・食料自給率の向上(現在飼料用穀物の自給率はたったの25%!輸入に頼っているので、世界市場の変化に影響を受けやすい!)

・お米を使うことで家畜の肉質などがUP

・休耕田、耕作放棄地を活用できる

・食用のお米よりも手間がかからない!

【デメリット】

・国の水田等有効活用促進交付金などの補助金で10aあたり5,5000円支給されるので10aあたり8万円ほどの収益が見込めるが、食料用のお米を作る場合よりは収益性は低い(しかし、飼料米は食料用を作るよりも労力が少なくてすむとのこと)

・補助金なしでは、海外の安い飼料に負けてしまう

と、やはり採算性の問題があるようです。。。bearing

けれど、中山間地域の高齢化や耕作放棄地の増加を考えれば、手間のかからない飼料作物を作ることで、少しでも収益確保+農村活性+農地や山地(さらに流域)保全につながると思えば、飼料米というのは一つのキーワードになりえるかもしれないんですね☆

さらに、畜産業従事者にとっては、国内飼料価格の安定というのはリスク分散にも欠かせないもの…そして、肉質UPにつながるとなれば、収益UPにもつながっていきますし、日本の食糧の安定や安全にもつながりますね。

ただ、やはりネックは採算性…。。。この問題は本当に難しいですが、単なる一次産業だけではなく、いろんな産業と組み合わせたり、国が補助金政策だけではなく、関税をかけるなどして、日本の農村や農地を守るしくみを作っていかなくてはならないのでは…とおもいます。

と、口で言うのは簡単でしょうけれど…bearingなんとかうまくいかないものかなぁ…と思います…。とりあえず、まずは、多くの日本人が 農業や農村の現状について知ることっていうのが(つまり消費者目線を鍛える)いちばん重要なのではないかと感じます。

「買い支える」ことで、日本の国が良くなる、という認識をみんながもてたら、少しずつ社会は変わっていくんではないでしょうか。ウィキペディアがみんなの少しずつの力で作られたように、一人ひとりの少しの献身が社会の中で大きな力になっていくということは、きっと確かなことだとおもいます(信じています)。

あと、飼料米についておもしろい記事を見つけたので良かったら読んでみてください☆モミロマン!すごいです!

『自給率の向上?飼料米は日本を救うか』

;’;’;’;’’;’;’;’;’;’;;’’;’;’;’;’;’;’;’;;’’;’;’;’;’;’;

シンポジウム

~飼料用米で日本型循環型畜産の実践をめざして~

日時:1月27日 11:00~17:00

場所:ホテルグリーンプラザ大阪 アネックス7階

    (大阪駅より徒歩7分)

参加費:無料

内容:

第一部:飼料用米の取り組み事例展示と試食(11時~12時45分)

第二部:シンポジウム(公園、事例報告およびパネルディスカッション)

※くわしい内容と申込はこちらの資料をご覧ください→

「siryomai.pdf」をダウンロード

●同時開催!『飼料用米利活用地区現地視察』

 日時:1月26日(水) 13:10~

 視察先:比良利助農場・湖西飼料米ほ場・宝牧場・高島循環農業センター

| | コメント (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »