« 東京散策&バラの館 | トップページ | 7/16 第14回農産物持ち寄り農談会~こだわり滋賀ネットワーク湖北・湖東支部~ »

2016年6月22日 (水)

郷土料理講習会に参加しました!

 雨の朝、木戸市民センターに向かいました。
琵琶湖は雨に煙っていましたが、JR志賀駅に近づくにつれて車窓
から、石垣と畑がある美しい風景が見えます。
郷土料理講習会に、こだわり滋賀ネットワーク、大津・高島支部から

参加しました。
会場には既に志賀郷土料理研究会、志賀郷土料理の会の皆様が
集まっていました。
始まる前に下準備にお忙しかったでしょうと思いました。

2

 まずは大津・高島支部からの参加者をご紹介いただいてから、幾
つかの調理台に分かれて料理の実習に入りました。


「はす魚田」。支部の人は一人一匹ずつ鱗取りと骨切りもさせてもら
いました。
お味噌を塗ってオーブンでこんがり焼いた魚です。
麹味噌の麹の味が美味しいです。


 

Photo_5

 小鮎佃煮使用の「にあい寿司」(志賀郷土料理の会創作料理)。
押し寿司の型に入れ作りました。錦糸卵、大葉、山椒の葉が入って
いて、お客さま料理にもいいわねと評判でした。

Photo_2

Photo_3

「新ショウガの佃煮」、シーチキンも入っているのです。
さっぱりして好きです。

「いたどりと油揚げ煮」、これはコリコリと、クセになります。

 「ヘルシービッシソワーズ(冷たいジャガ芋スープ)」は、牛乳を使わ
ず、豆乳を使用しています。
初夏の定番ですね。楽しみにしていました。

2_2
  

 デザートは「飯まるアイス」(ふな寿司の飯を使い)。生クリームから
作られています。お味の似た酒粕のジェラートを思い出しました。
ラズベリーとミントの飾りも爽やかです。

 

食堂の雨打つガラス張りの壁面からは緑の山が迫って見えます。

講習会は30
名以上も集まり、盛会で、デザートの数も大変。
お隣の席には、「私はもういいから」と気遣う方がいらっしゃって、
お洒落な「オーベルジュ・ペンション びわ湖倶楽部」のオーナーで
料理研究家でもある奥様です。

「孫が出来てから、農薬を使用していない農家さんの家族用の
野菜を分けてもらっています」とのこと。
皆さんの強い食材へのこだわりが、伝わってきます。

地域文化と地域の誇りと健康をもたらす郷土料理への熱い思いが
湖西にも息づいていました。志賀郷土料理研究会、志賀郷土料理の
会の皆様に私たち支部をウエルカムしていただいてありがとうござ
いました。
こだわりの素材は使っていても、日頃のわが身の手抜きを恥じつつ
帰りました。

 

|

« 東京散策&バラの館 | トップページ | 7/16 第14回農産物持ち寄り農談会~こだわり滋賀ネットワーク湖北・湖東支部~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京散策&バラの館 | トップページ | 7/16 第14回農産物持ち寄り農談会~こだわり滋賀ネットワーク湖北・湖東支部~ »