« 7/9・8/21 「もっと知りたい 水口かんぴょう」~こだわり滋賀ネットワーク南部甲賀支部~ | トップページ | 8/27 募集中!第1回「近江の野菜」漬物漬け方講習会 »

2016年7月13日 (水)

やぶこぎ探検隊とこだわり滋賀ネットワーク大津・高島支部とのコラボ「里山散策~川と水路を自然石の造りに~」レポート

  やぶこぎ探検隊は比良山麓にて、自然を愛する心でフィールドワ
ークを中心に活動されています。例会はその道の専門家を講師に
招き、一緒に楽しみながら、自然を学ぶ、知識、知恵を養っておられ
ます。隊の名前の「やぶこぎ」は、
ウィキペディアによりますと、
「藪漕ぎ
とは、ササや雑草、タケ、灌木等が繁茂し進行がままならな
い山野をかき分けて進む様子を表した言葉である」とあります。

Photo

 

コース
集合 クウ・フランハーブ園→徳野杜→旧、港→
生水の流れる川づくり→自然農の田んぼ→やぶこぎ畑→山の神様
→ランチタイム


 集合場所のクウ・フランハーブ園には、立て札に「クウフランふぁーむ
自然農にチャレンジしています。ご自由にお入り下さい」とありました。
フェンネルが背丈ほどに育っていました。梅雨時、我が家の畑も草茫
々ですが、自然農法のこの園も草が茂っています。

Photo_2
 八屋戸ファーム等の代表 の寺川 庄蔵さんが案内する例会で、隊
の皆さん約30名足らずで辺りの散策に出かけました
トンボの群れが辺りに飛び交います。小さな子供連れの方も幾組か、
親子で楽しそうに語らいながら歩きます。琵琶湖の浜辺近く、お洒落
な別荘やお住まいがあります。丈高いブルーベリーを何本も片隅に
植えられた広いお庭もありました。徳野杜の湧き水を観察して、旧港
まで歩きます。(トップの写真)

 水路がコンクリートになってから、鮎、マスが湖からのぼって来なく
なっています。かつては鯰が田んぼで当たり前に見られたそうです。
寺川さんは石組みの水路や川に戻す活動をされているのです。
浜で鮎が泳いでいるのを見ました。

 

Photo_3
 畑に植えられた銅葉の淡い珊瑚色のダリアは皆が畑へ託す夢の
ように咲いていました。
林の中を素朴な設えの山の神様にお参りに歩きました。地元出身で
京大大学院地球環境学堂・農学研究科の深町加津枝准教授が地元
の人と外部から訪れた人の景観認識の違いを話されました。

Photo_4

その後ふぁーむに戻り良ホットステーションの美味しい「里山弁当」
頂きました。畑の太陽の下、隊員さんから差入れの初物の西瓜が
ほんのり良い甘さで、暑さを癒してくれました。
水路の保全の大切さを実際に見て学んだ一日でした。

  

|

« 7/9・8/21 「もっと知りたい 水口かんぴょう」~こだわり滋賀ネットワーク南部甲賀支部~ | トップページ | 8/27 募集中!第1回「近江の野菜」漬物漬け方講習会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 7/9・8/21 「もっと知りたい 水口かんぴょう」~こだわり滋賀ネットワーク南部甲賀支部~ | トップページ | 8/27 募集中!第1回「近江の野菜」漬物漬け方講習会 »