« 6/11もっと知りたい湖魚料理~こだわり滋賀ネットワーク南部・甲賀支部~ | トップページ | モニターツアー「世界農業遺産」認定をめざして びわ湖と共生してきた“滋賀の農山漁村”の魅力を発信します!(第1回)体験記 その2 »

2017年6月12日 (月)

モニターツアー「世界農業遺産」認定をめざして びわ湖と共生してきた“滋賀の農山漁村”の魅力を発信します!(第1回)体験記 その1

   天候に恵まれて、沖島&栗見出在家の魚のゆりかご水田へと
バスは出発しました。 一番乗りで大津駅前からの参加です。
次は近江八幡駅で参加者がピックアプされます。
快適なバスの旅でした。
写真は堀切港で沖島へのおきしま通船を皆さんと待っている
ところです。↓

Photo

 

その1・その2 の行程
 
1050 沖島漁港到着
      ①沖島散策
      ②沖島の漁師さんのお話
        移住された県立大の学生さんとの交流

12:05  昼食(沖島湖魚弁当)
13:00  
沖島漁港出発


 沖島への船の中は広くてくつろげます。皆さん島への期待感で
いっぱいです。

Photo_2

  島内はガイドさんに案内していただきます。
朝早く漁に出られている漁師さんのお昼寝タイムですので、拡声機
は使わないとのこと。
トンビのような鳥達が間近の空を飛びます。
島の畑は、良く手入れされ、お花も栽培されていて美しい風景です

Photo_3

島では三輪車がゆっくり走っています。郵便配達の自転車も通りました。
琵琶湖を汚さないように下水も早くから整えられています。
電気は船の航行に支障がないように海底ケーブルが通っています。

島の小学校は、近くに新しい桟橋もあり、環境の良い校舎です。

Photo_4
そろそろお昼が近づいてきました。

soon


 

|

« 6/11もっと知りたい湖魚料理~こだわり滋賀ネットワーク南部・甲賀支部~ | トップページ | モニターツアー「世界農業遺産」認定をめざして びわ湖と共生してきた“滋賀の農山漁村”の魅力を発信します!(第1回)体験記 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 6/11もっと知りたい湖魚料理~こだわり滋賀ネットワーク南部・甲賀支部~ | トップページ | モニターツアー「世界農業遺産」認定をめざして びわ湖と共生してきた“滋賀の農山漁村”の魅力を発信します!(第1回)体験記 その2 »