« 大津・町家ホテル~キッチンで地元食材調理も~見学会レポート | トップページ | GWは春のしがらき駅前信楽陶器市(地元屋台のブースも)へ行って来ました! »

2018年4月30日 (月)

シンポジウム「アリス・ウオータースさんに学ぶ 食・農・暮らしの持続可能な未来」レポート①

4月21日、びわ湖ホール 中ホールで
シンポジウム
「アリス・ウオータースさんに学ぶ
             食・農・暮らしの持続可能な未来」に
幸運にも参加してきました。600名定員が、
すぐに満席となったので、キャンセル待ちでした。

シンポジウムのチラシから、アリスさんの
プロフィールをご紹介いたしましょう。
「シェフ・作家・食の活動家。カリフォルニア州
バークレーのレストラン、シェ・バニーズの
創始者・オーナー。
オバマ大統領により、米国人文科学勲章を
授与され、食べることは社会的な行為であり、
公平な生活環境の実現や社会変革のための
強力な手段であることを証明した」とあります。

Photo

三日月滋賀県知事が開会の挨拶をされました。

Photo_4
基調講演アリス・ウオータースさんの
 「私の夢」
です。(写真はトップにあります)

 明瞭でクリアーな英語のスピーチです。
同時通訳のイヤホンも配られています。karaoke

 展覧会の図録のように、美しい緑の農園風景の
写真で一杯の  『アリス・ウォータースの世界』
2013.小学館) は、家の本棚 にあります。
以前本ブログでも既に紹介させて頂きま した。
     

★『アリス・ウォータースの世界』
   ~「地産地消」 「ファーマーズ・マーケット」
  のコンセプトの発案者
  http://soh.cocolog-nifty.com/blog/2017/04/post-42ea.html

校庭に菜園やキッチンをつくり、食を通じた
持続可能な 生き方 のための教育プログラム、

エディブルスクールヤードの彼女の活動は、
20余年、64か国、5,510校がネット ワークに
参加しています
                 (
同シンポジウムチラシより参照)

シンポジウムその後の活動報告&
パネルディスカッションは、 次回に続きます。 
 soon

|

« 大津・町家ホテル~キッチンで地元食材調理も~見学会レポート | トップページ | GWは春のしがらき駅前信楽陶器市(地元屋台のブースも)へ行って来ました! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大津・町家ホテル~キッチンで地元食材調理も~見学会レポート | トップページ | GWは春のしがらき駅前信楽陶器市(地元屋台のブースも)へ行って来ました! »