« 「お寿司屋さんの子供食堂・すしっこクラブ」~食育型居場所~ | トップページ | 伊賀上野ウォーキング~忍者と芭蕉の城下町~ »

2019年3月13日 (水)

椎茸の原木栽培と毒キノコ

 春になると待望の庭時間です。
庭には忘れていた椎茸の「ほだ木」が
2本あります。ちょうど2年目の今年で
収穫予定だけれど。
「大きい子供の顔位の椎茸が一つ出来ている」
とオットが言ったのですが、
「さるのこしかけでも出来たのと違う?」と
思っていました。

 雨が上がって見に行くことに。 
立派な肉厚の美しい茶色の椎茸が
生き生きと育っていました。

Photo


まさしく椎茸!今晩いただこうっと。
でもちょっとその前に念のため調べましょう。

ほだ木に発生したキノコは
キヨタケの可能性があります


椎茸に間違いやすくて、食中毒も多く発生とか

Photo_2
  (裏側)

ツキヨタケ

「柄は太く短く、カサの横につく。
ヒダとの境にリング状の隆起帯がみられる。
柄を縦にさくと黒色のシミがある。
中毒症状はおう吐、腹痛、下痢など。」
(東京都福祉保健局HP「食品衛生の窓」より)

見分けるのは難しいけれど、
食べずにおくことにしました。 

皆様もお気を付けください!

|

« 「お寿司屋さんの子供食堂・すしっこクラブ」~食育型居場所~ | トップページ | 伊賀上野ウォーキング~忍者と芭蕉の城下町~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「お寿司屋さんの子供食堂・すしっこクラブ」~食育型居場所~ | トップページ | 伊賀上野ウォーキング~忍者と芭蕉の城下町~ »