« 『田植えde家族フォト』を開催~東近江市種町~ | トップページ | 5/18(土)19(日) 「アート」と「食」、地域散策イベント「かんじる比良2019 vol.15」の開催! »

2019年5月 4日 (土)

5/13 気候変動に対応する農業技術国際シンポジウム 「地球規模で考える気候変動と農山漁村」開催

 大型GW、郊外に出掛けると自然豊かな
農山漁村の風景にあうと癒されます。
さて、こだわり滋賀ネットワーク、
東近江支部長の吉田さんから
気候変動と農業技術国際シンポジウム
「地球規模で考える気候変動と農山漁村」
のご紹介をいただきました。✨
ありがとうございます。
みなさま、ぜひご参加ください❗❗

Img071

「農山漁村は、気候変動のソリューション!
近年、干ばつや集中豪雨などの異常気象
による災害が世界各地で発生し、食料生産
にも甚大な被害を引き起こしていることが
毎年のように報告されています。
農業は同時に、温室効果ガスの排出源
でもあります。

気候変動の下での持続的な食料生産は
人類共通の課題です。
農林水産業を続けていくためには、
気候変動に適応し、生産量を増大し、
かつ温室効果ガスを減らさなければ
なりません。
どうやって?

異常気象を肌で感じる農林漁業者
だからこそできる取組があるのです。
そのために、毎日食事をする私たちも
一緒に考え、行動する必要があります。
シンポジウムでは、各国の最新事情、
最新技術をもとに、各国の専門家を
招いて議論します。」
      (農林水産省HPより)

Img072

「地球規模で考える気候変動と農山漁村」
☀☁☔⛄⚡
日 時:2019年5月13日(月曜日)
    10:00-18:00 9時30分開場
会 場:滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール
   中ホール(滋賀県大津市打出浜15-1)
言 語:日本語・英語(同時通訳)
司 会:みどりの女神 藤本 麗華さん
定 員:一般(海外、国内観客併せて
   600名程度を予定) 参加費無料
   先着順
参加登録:農林水産省ホームページから
☆詳細は▼農林水産省HPをご覧ください
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/kankyo/seisaku/kikouhendou/symposium/main.html

10時00分 開会 🎤
御挨拶:農林水産省
滋賀県知事 三日月大造氏
10時20分 基調講演 「2℃目標を達成するための農業の役割」
10時50分 日本の農林水産業と気候変動
緩和・適応策等を包括的に紹介します。
(15分間休憩)
11時15分 セッション1:課題設定
国連食糧農業機関
「気候変動枠組条約の下での農業」
「フィジーのコロニビア物語と気候変動」
「スーダンの農業と気候変動」
(12時35分 昼食休憩)
14時00分 セッション2:優良事例の共有 パート1
「挑戦に立ち向かう:
 ニュージーランドの農業者は、
 より少ない投入でより多く生産」
滋賀県農業技術振興センター茶業指導所
「茶農家の水質保全への取り組みから
 生まれた茶園からのN₂O排出削減技術」
「農業と気候変動緩和のための
 土壌への炭素貯留」
「バイオ炭の農地施用でトリプルウィン」
(15時05分 20分休憩)
15時25分 セッション3:優良事例の共有 パート2
「沿岸浅海域におけるブルーカーボン
 貯留量と貯留プロセス」
「森林由来の新素材が先導する持続的
 マテリアル利用システムの未来」
「はなふじ米栽培による温室効果ガスの
 削減」👀
「サプライチェーンを通じた全体的な
 アプローチ」
(16時35分 10分休憩)
16時45分 全体総括
 今後の取組方向
「あなたも参加することで、農山漁村は
 気候変動のソリューション!」

 

 

|

« 『田植えde家族フォト』を開催~東近江市種町~ | トップページ | 5/18(土)19(日) 「アート」と「食」、地域散策イベント「かんじる比良2019 vol.15」の開催! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『田植えde家族フォト』を開催~東近江市種町~ | トップページ | 5/18(土)19(日) 「アート」と「食」、地域散策イベント「かんじる比良2019 vol.15」の開催! »