« 「第10回愛荘66かまど祭」開催!~秦荘やまいものバーガー販売~ | トップページ | 11/16 (土) 収穫祭~びわ湖ベジタブルロード~ »

2019年10月26日 (土)

「環境こだわり米の生産を学ぶ」講座体験レポートその2@朽木

ニュースで水害の惨状を見ました。
農業の被害も大きいですね。
お見舞い申し上げます。

さて、「環境こだわり米の生産を学ぶ」
講座の朽木行の続きです。

Photo_20191026220001 

本講座の行程

朽木富田さんほ場にて
  ・環境こだわり農業取り組みについて
  ・田んぼの学校取組について

昼食 山菜じゅうべえ
    ・環境こだわりうどの栽培について

道の駅朽木新本陣

大津駅解散

🚌 🚌 🚌

大津駅を発車したバスは進みます。
ススキの原の向こうに古民家が見え初め
12
時前、23名の参加者は目的地に到着。
朽木、富田純大さんのほ場です!

Photo_20191026220601

10月5日はまだ暑い日が続いているのに、
朽木は爽やかな風がそよいでいました。
夏でもクーラーがいらないとか。

富田さん、農業大学校を出られた20代で、
平成28年に就農。
針畑地域6集落は高齢化、過疎化する地域で、
農業の担い手が20名、
富田さんは貴重な存在です。
針畑で4.7ha、地域の水稲作付面積の
半分近くを担い、
立派なお米の乾燥機を
3台も設置されています。

Photo_20191026221401

気温の低いこの地で富田さんのお米は
とっても美味しいと評判だそうです。
良心的なお値段にされています。
「僕には分からないですけど、
 美味しいと言われます」と謙虚な方。
小学校でもち米作りも教えて
いらっしゃいます。
小学校の給食も高島産こしひかりです。

夜露や温度差で、いもち病にも遭遇。
そして何より獣害には勝てません。
防御柵も長くなるとボルトが下がります。
獣害の現場では、網が破られお米の穂が
食べられていました。

Photo_20191026222101

さて、お楽しみのお昼です。
「山菜じゅうべえ」さんでは
ジビエで熊、鹿、イノシシ肉がお皿に。
一瞬、参加者は熊と聞き息をのみました。

花山椒も量があります。ミョウガ、
ウドの大きな葉の天ぷらが美味しい!

参加者は古民家を想像してたのですが、
神戸からのコンテナで作られていました。
ご主人が作られた思い出の積雪に耐える
コンテナハウスです。

奥様は料理の手を止め、
栽培する山菜の事、野草茶のこと、
猟をなさっていたご主人のことなど
惜しみなく語ってくださいました。
うど、山椒、ミョウガは鹿の好物とか。

これといった農業特産物がない朽木村で
昔から作られてきた寒うど

寒ウドは、無農薬で栽培。
「虫は放置すると、天敵が現れ、
 共生状態になり虫の発生は
 自然に抑えられていきます。」
(「じゅうべえ」HPより)

素晴らしい取り組みです。
山ウドの葉茶なども堅田の米プラザで
販売。

毎日農業記録賞優良賞受賞作文も
書かれています。
強く生きられるそのお姿に
勇気を頂きました。

Photo_20191026215601

一面の環境こだわりうどの栽培を見学。
次は道の駅朽木新本陣です。お土産タイム。

Photo_20191026223101

鯖寿司もへしこも美味しかったです。
ブランド推進課の方々にも
お世話になりました。
感銘を受けた忘れられない講座です。

 

 

|

« 「第10回愛荘66かまど祭」開催!~秦荘やまいものバーガー販売~ | トップページ | 11/16 (土) 収穫祭~びわ湖ベジタブルロード~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「第10回愛荘66かまど祭」開催!~秦荘やまいものバーガー販売~ | トップページ | 11/16 (土) 収穫祭~びわ湖ベジタブルロード~ »