« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

2020年3月27日 (金)

近江商人・日野町・ふるさとの想い

 ニュースに目が離せず、
新型コロナウィルス感染が
拡大にならないように
断捨離と読書をしながら、
祈る日々です。

ご存知でしょうか?
この郷愁の童謡。

あの子はたあれ  
       細川雄太郎

あの子はたあれ たれでしょね
なんなんなつめの 花の下
お人形さんと あそんでる
可愛いみよちゃんじゃないでしょか

ご紹介するのは、
「あの子はたあれ」の
       
童謡詩人 細川雄太郎
     
(夕住 凛 サンライズ出版)

滋賀県日野町出身の童謡詩人細川雄太郎。
関東で活躍する日野商人の立派な本宅の
並ぶ町に大正3年生まれました。

家族を残し、群馬の日野商人の出店で
働く父が、やっと番頭になった時、
病死してしまう。
彼は中学に進まず、母や妹たちと別れて
その店に奉公に出るしか道はなかった。

屋号「近江屋」、
醤油と味噌の醸造販売の群馬の店へ。
丁稚は最初の3年間は帰れない。
その後は2年である。キビシーイ

俳句好きの番頭、隣に住む作曲家の教師等
から、詩作への興味と影響を受ける。
奉公の身、雑魚寝の寝静まった布団の
なかで詩作した。

その後、戦地の兵として過ごし、
その空白は大きかった。

ラジオからは自作の「あの子はたあれ」が
大ヒットして毎日流れてくる。
親友関沢新一はレコード大賞受賞の「柔」
や舟木一夫の「学園広場」などのヒットを
出していた。

しかし彼は商業主義のプロの作詞家には
ならず、ふるさとで同人誌を編み、
後進を育てることにした。

近江の文化を感じさせる書です!

 

| | コメント (0)

2020年3月25日 (水)

伝統野菜の里を知る~『ここまでわかった甲賀忍者』より~

  一般財団法人日本穀物検定協会の
令和元年度産米の食味ランキングにおいて
近江米「みずかがみ」
(平成27年度から3年連続特A)と
「コシヒカリ」が、Wで「特A」に
評価されました!!!

我が家は、「みずかがみ」派の筆者と
コシヒカリ」派の夫ですが、
コープしがさんに登録していて、
配達してもらっています。

 春です。琵琶湖は青く、畑にいそしむ
人々の姿があります。☀

新型コロナウィルスで自粛の日々。
本と過ごすことに。

ここまでわかった 甲賀忍者
(畑中英二 サンライズ出版)

伝統野菜、杉谷唐辛子、杉谷なすびで
有名な甲賀の杉谷は、忍者の里として
知られています。

この書はその甲賀忍者の実像について
述べています。
全63頁に、簡潔に書かれているので、
分かりやすいです。
甲賀の地名は、読み方から印象に残る
ものがありますが、歴史も深いです。

甲南町柑子(こうじ)
  集落の守りを固めた3つの城跡
  がある

県道4号線(草津・伊賀線)を伊賀へと
進むと以下は目にする地名です。

飯道山(はんどうざん)
  修験の行場で全山岩山 👟

竜法師(りゅうぼし)薬僧の根拠地

鹿深(かふか)百済渡来、鹿深の臣

大原  
  織田信長の重臣、
  滝川一益の出自がある

油日(あぶらひ)神社
  矢川神社と共に甲賀衆の結束と
  寄会の場 💣

そして
信楽の多羅尾
  
神君伊賀越えの功労者、
  小川城主多羅尾光俊

また忍者の代表的道具水蜘蛛は、
中央の板に足をのせて水面を歩くと
考えられていましたが、
近年、中央の板に座ると濡れても
沈まないと言われているそうです。

などなど、興味は尽きません。

 

 

| | コメント (0)

2020年3月13日 (金)

琵琶湖疎水と湖魚料理~大津を愛した人~

  コロナで外出を控える日々です。
感染された方々の御快復を願いつつ、
家でたまには読書でもとしてみました。
『横光利一と大津』です。
    (
河瀬文太郎 サンライズ出版)
作家横光利一(1898〜1947)は、
川端康成と共に「新感覚派」のリーダー
でした。✨

 現在、読まれた方は少ないようですが、
一度読むとファンになってしまいます。
姉の本棚に彼の『旅愁』が何冊か並んで
いましたが、読んだのは最近です。
短編小説の『蠅』には、驚愕しました。
実体験に基づいた『春は馬車に乗って』
も病身の妻への想いと妻へのスイトピー
の花束が、春を象徴していて、
心に深く残ります。💕

 明治に京都へ湖水を流すために作られた
琵琶湖疎水。東京遷都で活気がなくなった
京都で、当時の京都府知事は世紀の大事業
琵琶湖疎水を望みました。👊
  横光の技師である父も工事に関わり、
横光少年も大津、三井寺の疎水近くに
住むようになったのです。

 その後、彼は父の仕事関係で各地へ転校
するのですが、大津への懐かしさと思い入
れが深く、後年有名作家となっても
しばしば訪れています。     ⛵
 そして、彼を慕う文学仲間と川魚料理を
楽しんでいました。彼が大津を、琵琶湖を
描く時、その風景は美しさに満ちています。

| | コメント (0)

2020年3月11日 (水)

こだわり滋賀ネットワーク大津・高島支部からのお知らせ

 今日は東日本大震災が発生した日。
また現在新型コロナウイルスも心配です。

本日予定されていた大津・高島支部の
年度末の集いも中止されました。
江副支部長さんのお話では、
6月頃にでもまた、しましょうか
ということです。

◆お知らせ◆

恒例の生産者さんとの懇談・訪問をする
めっけもん探索」はメンバー特定、
グループのみで小規模に行います。

 日時:2020年3月18日(水)

①集合 新免営農組合 10:00~
    大津市新免2丁目16-10 
            TEL077-549-0422
 ※はなふじ、コシヒカリの田んぼ見学

昼食(自費)

②資生園(こだわり会員田中さん)
    13:00 ローソン 
    (カタタ湖青道路すぎ)にて
    ※畑と出店先のワニ平和堂見学

③比良自然菜園(新規就農)
※昨年夏にひき続き、無農薬・有機農法にて。
その後どうなってる?! 

14:30までに解散の予定です。

参加希望者の方は
前日検温、マスクをお忘れなくお願いします。
車で移動するので運転者のおられない方は
エゾエさんにご相談ください。
うまくゆかない場合は、ご容赦願います。

参加希望者はエゾエさん
090-6213-5819)まで。

| | コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »