« 琵琶湖疎水と湖魚料理~大津を愛した人~ | トップページ | 近江商人・日野町・ふるさとの想い »

2020年3月25日 (水)

伝統野菜の里を知る~『ここまでわかった甲賀忍者』より~

  一般財団法人日本穀物検定協会の
令和元年度産米の食味ランキングにおいて
近江米「みずかがみ」
(平成27年度から3年連続特A)と
「コシヒカリ」が、Wで「特A」に
評価されました!!!

我が家は、「みずかがみ」派の筆者と
コシヒカリ」派の夫ですが、
コープしがさんに登録していて、
配達してもらっています。

 春です。琵琶湖は青く、畑にいそしむ
人々の姿があります。☀

新型コロナウィルスで自粛の日々。
本と過ごすことに。

ここまでわかった 甲賀忍者
(畑中英二 サンライズ出版)

伝統野菜、杉谷唐辛子、杉谷なすびで
有名な甲賀の杉谷は、忍者の里として
知られています。

この書はその甲賀忍者の実像について
述べています。
全63頁に、簡潔に書かれているので、
分かりやすいです。
甲賀の地名は、読み方から印象に残る
ものがありますが、歴史も深いです。

甲南町柑子(こうじ)
  集落の守りを固めた3つの城跡
  がある

県道4号線(草津・伊賀線)を伊賀へと
進むと以下は目にする地名です。

飯道山(はんどうざん)
  修験の行場で全山岩山 👟

竜法師(りゅうぼし)薬僧の根拠地

鹿深(かふか)百済渡来、鹿深の臣

大原  
  織田信長の重臣、
  滝川一益の出自がある

油日(あぶらひ)神社
  矢川神社と共に甲賀衆の結束と
  寄会の場 💣

そして
信楽の多羅尾
  
神君伊賀越えの功労者、
  小川城主多羅尾光俊

また忍者の代表的道具水蜘蛛は、
中央の板に足をのせて水面を歩くと
考えられていましたが、
近年、中央の板に座ると濡れても
沈まないと言われているそうです。

などなど、興味は尽きません。

 

 

|

« 琵琶湖疎水と湖魚料理~大津を愛した人~ | トップページ | 近江商人・日野町・ふるさとの想い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 琵琶湖疎水と湖魚料理~大津を愛した人~ | トップページ | 近江商人・日野町・ふるさとの想い »