« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月

2020年8月28日 (金)

10/31まで 第7回 「おもしろ・おかしい野菜の写真展」作品募集中!

まだまだ夏は終わりません。
引き続き熱中症お気を付けください。
さて、
おもしろ・おかしい野菜の写真展
今年も作品を募集されています!!!
野菜から楽しい芸術作品が生まれてい
ますよ。

ご応募お待ちしております!!!

Photo_20200828001901

ダリの展覧会で真っ赤な唇の
ソファーに座ったことがあります。
このチラシのさつまいもの唇、
これも素晴らしい作品ですね。

写真展のお知らせです。↓

野菜を写真に撮り、題をつけて、
気軽に応募してください。
応募作品は期間中展示し、人気投票で
優秀作品を決定します。
優秀作品と応募者には粗品を進呈します。
加工した野菜作品は採用できません。
(応募作品はお返しできません。)
詳しくはお電話でお問い合わせ
ください。

🎶 🎶 🎶 🎶 🎶 🎶 🎶 🎶 🎶  

第7回
「おもしろ・おかしい野菜の写真展」

 作品募集
応募締め切り 令和2年10月31日(土)

〇優秀作品と全応募者には粗品を進呈
 
します。
〇加工した写真は採用できません。
〇応募作品はお返しできません。

応募先及びお問い合わせ先
 近江日野商人館

5291603 
滋賀県蒲生郡日野町大窪1011
TEL
0748520007
FAX0748520172

※近江日野商人山中兵右衛門家の本宅を
 活用した資料館です。

詳しくは近江日野商人館のホームページ
   をご覧ください。
https://hinosyouninkan.jp/2020/08/02/7thyasai-bosyu/

| | コメント (0)

2020年8月25日 (火)

9/6 オーガニックにこだわった「ゆっくりマルシェ」米原にて

 まだまだ暑さは続いています。☀☀
待ち遠しい9月です。
さて、米原市市民交流センターで、
☆毎月第1日曜日ゆっくりマルシェ☆が
開かれています。
オーガニックにこだわったマルシェです!!!
自然素材の手作り品もあります。
米原市の新型コロナ対策基準の参加要件を
守って頂いて、ぜひご参加ください。
9       
「ていねい・てづくり・
オーガニックにこだわった
小さなマルシェ
を毎月開催しています。
オーガニックなおいしいごはん
安心安全なお野菜

エコでステキな雑貨、
楽しく手作り体験できるワークショップ、
身体をととのえる整体、
創造力をかきたてる遊び場
などなど」

Photo_20200825192701

出店者さん
・真泉〜しんせん〜
  (タイ料理・くずバー)
・あやべとうふ店  
    (豆腐・油揚げ・豆乳・ぷるん)
KAORU AND G (天然石アクセサリー)
・お菓子と旅のお茶 Ruwam
  
ベジタリアンスイーツ
・よつかど喫茶   (お茶と和菓子)
・山の薬膳ごはん よもぎ 
     (薬膳ごはん
WaLife (整体)

And more!!

参加要件
1 当日に発熱や咳症状がないこと。
2 濃厚接触者の経過観察期間に
  該当しないこと。
3 イベント等開催前 14 日以内に
発熱や風邪の症状で受診や服薬等を
していないこと。
4 イベント等開催前 14 日以内に
感染拡大している地域や国への訪問歴が
ないこと。
米原市の新型コロナ対策基準に準拠

「ゆっくりマルシェ」  🍴 ☕
開催日202096日(日)
     10:30 - 14:00
会場:ルッチプラザ※
   (米原市市民交流センター)
   1階ロビー
   米原市長岡1050-1 
   近江長岡駅より徒歩約10
主催YUKKURIまいばら
後援:米原市

詳しくは「ゆっくりマルシェ」さんの
フェイスブックをご覧ください。
https://www.facebook.com/yukkurimaibara/

※ルッチプラザ
 (米原市市民交流センター)は
 最新の音響設備を持った
 本格的コンサートホール、図書館、
 福祉センターの機能も持つ
 総合型施設です。

| | コメント (0)

2020年8月18日 (火)

9/6 琵琶湖博物館で【田んぼ体験】 生活実験工房 田んぼ体験 稲刈り・ハサ掛け

猛暑が続きますが、 
皆様 お元気でいらっしゃいますか?
9月がすぐそこです。秋を待ちつつ。 

さて、田んぼ体験イベントが
琵琶湖博物館 生活実験工房で
開催されます!!
(滋賀県草津市下物町1091)
ハサ掛けまであります。 ✨     
ぜひ、人気のイベントをご体験ください。
(下記のご案内は琵琶湖博物館の
       ホームページより)

「生活実験工房の施設や水田を利用して、
昔ながらの農家の暮らしや生活、農作業に
触れて頂くことを目的とし、その一環と
して、稲刈り・ハサ掛け作業 (早生品種)
を体験して頂きます。
※長靴、着替え軍手等をご用意下さい。
 暑さ対策をお願いします。」

博物館で楽しもう
【田んぼ体験】
日時 2020年9月6日(日)10:30~12:30
場所 琵琶湖博物館 生活実験工房
対象 どなたでも
  (小学生以下は保護者同伴)
定員 先着20名
参加費 無料
申込方法 
 
生活実験工房にて当日受付(10:00~)

★詳しくは琵琶湖博物館のホームページを
 ご参照ください。
https://www.biwahaku.jp/event/2020/09/post_579.html

| | コメント (0)

2020年8月10日 (月)

残暑お見舞い申し上げます!自粛生活『身近な雑草のふしぎ』読書中

Photo_20200810181701

(写真 バックミラーの上のカエルさん)

残暑お見舞い申し上げます! ☀  

 さて夏野菜の季節は、繁茂した雑草との
過酷な闘いの時期でもあります。
農家さんは、お盆までに垣根なども綺麗に
整備されます。見習いたいですね。

自粛生活、食料品は宅配に任せて、
クーラーの部屋で、面白いと聞い
『身近な雑草のふしぎ』
野原の薬草・毒草から道草まで、
魅力あふれる不思議な世界にようこそ

(森 昭彦 ソフトバンク 2010 
     クリエイティブ株式会社 )
を読んでいます。ポケッタブルなサイズ
です。
毎年対峙する雑草を憎むのではなく、
ちょっぴり親しくなろうと思って。
内容を少しだけご紹介いたします。

1章 ひどい名前のそのワケを

犬だのカラスだのと、動物の名前が
つくものは「役立たず」という暗喩が
込められる。
イヌノフグリ、イヌホオズキ

そして、ひどい名前の
ハキダメギク、ワルナスビ、
ブタクサ(花粉症引き起こす)など。

第2章 華麗なる毒草、やんちゃな薬草

クレソン(オランダガラシ)、🍴
 多く食べると胃の粘膜を壊してしまう
ことがわかっている。ちょいとひと口、
風味を楽しむ。

園芸店でハーブとして売っているものは、
セイヨウノコギリソウ(ハーブのヤロウ)
今、我が家で白・ピンク、広がりつつ
あります。
アジュガ(ジゴクノカマノフタ)も。
これらも繁茂しそう。()

第4章までありますが、この辺で。
雑草の名前が分かれば誇らしく
なりそうです。

※本の表紙写真は著作権などの関係で
 常に控えております。

| | コメント (0)

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »