« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

2022年1月

2022年1月31日 (月)

「はなふじパックごはん」新発売~環境こだわり農産物認証&CO2削減で受賞~ 

  JAグリーンファーム堅田さんの入り口に
地元産の「はなふじパックごはん」
ポスターが貼られていました!
Photo_20220131220701
はなふじ米、品種はコシヒカリ、
化学肥料を使用せずにヘアリーベッチ
養分だけで育てています。

ヘアリーベッチは5月に小さな藤色の花が
咲き、葉がカラスノエンドウに似たマメ科
のつる性の1年草で
緑肥効果雑草抑制作用があります。

Photo_20220131221001
環境に配慮されたはなふじ米は、
こだわり滋賀ネットワークの活動でも忘れ
ることのできない農産物です。

大津高島支部のグループLINE
「はなふじパックごはん」を応援しようと
いう声が盛り上がっています。
「お米の試食会で食べ比べした時は、
私たちは第一位に選んだ経緯がありまし
て。それもお米の名前を隠してやって
2回とも一位だよ」と前支部長江副さん。
「JA堅田にはなふじパックごはん
あったよ」と教えてくださいました。
ありがとうございます。
安心、安全でしかも美味しいなんて💓

Photo_20220131221401

早速、食べてみました。
我が家はコシヒカリ派なのです。
美味しいです!!
(筆者はみずかがみも好きですよ)

「はなふじ米」はCO2削減の実践成果
に対しても評価されています。
 第17環境保全型農業
   推進コン クール優秀賞

 第16グリーン購入大賞優秀賞


また、CO2の削減効果に経済産業省から
カーボンフットプリントも付与、
カーボン・オフセットも認証されてい
ます。

Ja

いつもお世話になってる
グリーンファーム堅田さん。
みんなで応援してます~

Photo_20220131221901

| | コメント (0)

2022年1月26日 (水)

初詣の2社参り 日吉大社・唐崎神社へ

  晴れた日、比叡山の麓、大津市坂本
にある日吉大社にお参りすることに
しました。
お正月の混雑を自粛して避けていたの
ですが、ちらほらとそんな方々も行き交い
のんびりと参道を歩くことができました。
境内は爽やかで、川の流れも耳にします。
心も清められるようでさすが聖地です。

Photo_20220126235401

 入り口の赤鳥居前に干支「寅」の大絵馬
(成安造形大生作2,7m、1,8m)
が飾られています。ここからは車は入れま
せん。駐車場に停めます。
絵馬は迫力があって、身の引き締まる思い
がします。

Photo_20220126235501

 西本宮にお参りすると、御祈祷を受ける
方の太鼓の音もしました。
古札納所もあります。

***************
 次に唐崎の湖岸にある日吉大社摂社の
唐崎神社にお参りしました。
公園の駐車場に停めます。

Photo_20220126235701

こちらも清々しいです。
唐崎の松と湖面を眺めました。
神社前のみたらし団子発祥の地の
「かぎや」さんで
家内安全の「みたらし団子守」、
不浄除けの「ちの輪守」と
もちろん、みたらし団子の焼きたても
求めました。
Photo_20220127000401Photo_20220127000501

コロナの終息を願いながらの
お参りです。

 

| | コメント (0)

2022年1月21日 (金)

農家のカラス対策に~駆除から共存へ~

   雪の朝です。⛄  ⛄
今日は燃えるゴミ収集の日。
カラスが食い荒らさないかと心配は尽き
ません。
収集車にもほうきが常備されています。

Photo_20220121222401

株式会社Crow Lab(クロウラボ)代表の
塚原直樹氏の著書カラスをだますに、
カラスの生態を考慮したカラス対策が紹介
されていてNHK出版より好評発売中
です。NHK、テレビ朝日等にも代表は
出演されています。

国立大学において19年間カラスの研究を
行ってきた塚原氏が宇都宮市の支援を
受け、201712月にCrow Labを創業。

カラス研究で実績がある宇都宮大学と
連携、カラス研究の第一人者宇都宮大学の
杉田昭栄教授を顧問に、カラス被害対策の
コンサルティングやカラス被害対策の
製品開発を事業として行っておられます。

農家のカラス被害の例
北海道の4haの葡萄畑、
   葡萄の9割カラスに食べられる。
岡山県の梨園の被害
長野県の果樹園
広島県の梨園
これらは依頼を受けてCrow Lab社が
防御されました。

畜産現場での被害
   飼料を狙う。
 家畜の乳房や目をつつく。
 伝染病をはこんでくる

塚原氏に教わる カラス対策

冬に餌資源を減らすことがカラスの
個体数削減につながる

人間が出す餌資源を減らし環境収容力
を減らす事が、結果として翌年のカラスの
個体数を減らすことにつながります。
毎日食べ物を得る必要があり、餌の少ない
に多くのカラスが餓死する。
無自覚に行ってしまっている餌付けを
やめること


Photo_20220121222901
(ねぐら入り前のカラスの集合)

鳴き声を使って
カラスの行動をコントロール

塚原による長年のカラスの
音声コミュニケーション研究から、
カラスの行動をコントロールする技術が
開発されました。
カラスが警戒する際の様々な鳴き声を
現場の状況にあわせてスピーカーから
再生することで、カラスの警戒心を
あおり
、別の場所への移動を促します。
多数実績があります」

捕獲に頼らず平和的にカラスとヒトが
共存する社会を実現します。

ブログ担当者の反省点
畑の高い枝になる柿の実やグミ、金柑は
摘果していませんでした。

さらに詳しくは、株式会社Crow Labさま
HPをご覧ください
カラス対策はCrowLab(クロウラボ)

株式会社CrowLab
321-8585
栃木県宇都宮市陽東7-1-2
宇都宮大学
産学イノベーション支援センター
2
階 プロジェクト実験室Ⅲ-1
TEL&FAX: 028-666-5569
Email: contact@crowlab.co.jp

****************
日本音響学会 騒音振動研究会
オンライン開催でCrow Lab様の発表が
ありましたので、ご紹介いたします。
なお、研究発表内容は著作権に配慮して
ここでは触れることを控えます。

(写真はブログ担当者の畑から撮影)

 

| | コメント (0)

2022年1月13日 (木)

雪の日の温かい飲み物。完全無農薬の和紅茶、朝宮茶 いかがですか? ~環境こだわり農産物&甲賀ブランド認定~

本年もよろしくお願いいたします 

雪の朝です。⛄
一日の始まりはいつも和紅茶を飲みます。
かたぎ古香園(こうかえん)さまの
完全無農薬信楽高原紅茶です。
県の広報や観光案内でも有名ですね。
昭和50年(1975)より行われている
完全無農薬の栽培です。

Photo_20220113002501

有機肥料(油かす、ごまカスや魚カス等)
の施肥を年に数回行うほか、摘採後には
畝間の土を深耕、その後、笹や茅などを
樹の根元に敷草する。

手間と時間を掛けた作業を順次実施され
ています。
加えて以下のお話も納得です。

✭完全無農薬栽培の効用
良く肥えた地味が維持できる、
茶樹に抵抗力がつき強くなる
害虫を駆除する天敵
(クモ類・カマキリ・蜂など)を増やす

ある外国産のストレート紅茶と飲み比べる
機会がありました。

お味の違いが分かりました。
やっぱり信楽高原紅茶ですわ!!
高原紅茶はお湯がゆっくりと紅茶色に
染まってゆきます。

ホテルのミシュランのレストランでも
食事の最後には和紅茶が出てきました。

比叡山麓とともに最古の茶園の地、
朝宮茶も美味しく飲んでいます。
下の写真は我が家の日常生活の
必須アイテムです。
ビタミン豊富、カテキン、殺菌効果も
あり、歯にはフッ素もあって
体にいいですね!

Photo_20220113002801

滋賀県内の購入できるお店

イズミヤ 堅田店

コープしが
ぜぜ店
もりやま店
かたた店

近鉄百貨店 草津店
1F パントリー 良い食品コーナー

マックスバリュー 地産コーナー
八日市店
東近江店
駒井沢店

湖の駅 浜大津店

滋賀竜王おいしやうれしや店

けんこう舎 
大津市唐橋町

ほんまもん市

自然食品の店 村川
彦根市川原 

信楽町内のお店

陶芸の森 産業展示館
明山窯 Ogama
タラオカントリー倶楽部
澤善
かまーとの森


Photo_20220113004601

新茶もお楽しみに!
(新茶の写真はHPより)

かたぎ古香園さま
滋賀県甲賀市信楽町宮尻1090
TEL.0748-84-0135 FAX.0748-84-0128

ホームページ
朝宮茶 かたぎ古香園 1975年より農薬を一切使用せずに栽培しています。 (katagikoukaen.com)



 

| | コメント (0)

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »