« 3/1 レベルアップ研修と活動報告会のお知らせ:大津高島支部   | トップページ | 家時間~環境こだわり農産物等&読書~ »

2022年2月19日 (土)

「野口謙蔵生誕120年展」(滋賀県立美術館)~近江の農村風景を描く~

 氷のような冷たさの日々です。
自粛していたのですが、やっと
「野口謙蔵生誕120年展」に行って
来ました。220日までです。
出掛けるにはオー寒い、
かつて蒲生にある生家を訪れたほど
好きな画家ですので心は弾みます。

Photo_20220219175101

 図録があれば欲しかったのですが、館内
16頁からなるパンフレット(上の写真)
を頂きました。
チラシとパンフの表紙の「霧の朝」は帝展
3度目の特選です。✨
ここに畦道や田畑が描かれています。
大好きな「五月の風景」には麦畑が。
「水村雪後」に茶色い近江八幡の蘆原が。
「冬田と子供」では冬の田んぼを描いて
います。
あえて洋行せずにいた彼は近江の農村を
心から愛していたのですね。
ありふれた鳥を慈しんで描いている
「ヒヨドリ」等。

Photo_20220219180001

 いつもフラミンゴの野外彫刻が迎えて
くれる美術館。
スタッフの方々も挨拶を交わして下さる
ソフトな雰囲気です。
帰りに友に絵葉書きを送ろうと
小倉遊亀さんの絵を買いました。
展示されていた遊亀さんの絵も堪能でき
ました。

Photo_20220219180701

 詩情ある絵画に癒されて
帰りも美しく手入れされた植栽のある
アプローチを歩きました。

Photo_20220219181001

美術館からのご招待券で観覧しましたが、
県内在住の65歳以上の方等は無料です。

|

« 3/1 レベルアップ研修と活動報告会のお知らせ:大津高島支部   | トップページ | 家時間~環境こだわり農産物等&読書~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 3/1 レベルアップ研修と活動報告会のお知らせ:大津高島支部   | トップページ | 家時間~環境こだわり農産物等&読書~ »