« 2022年9月 | トップページ | 2022年11月 »

2022年10月

2022年10月30日 (日)

生産者さんの減農薬、無農薬への取組&ちょこっと滝見学(道の駅近く)

  道の駅へ買い物に行く途中、
栗東の九品(くぼん)の滝を見に行き
ました。駐車場からすぐ近くにあります。
迫力にビックリ!

Photo_20221029223901

道の駅アグリの郷栗東では、イチジクは
午前中にいつも完売です。(涙)
午後はお野菜もほとんど無くなります。
減農薬のお野菜を探しました。

万願寺とうがらしを見つけました。
秋なのにとっても柔らかでした。
「減農薬栽培品 甘とう美人 
万願寺とうがらしの改良品
肉質が柔らかく、、、(以下省略)」と
エコファームさんのシールです。

たえず各種栽培品目を御研究
なさっているのですね。

Photo_20221029224301

帰宅するとエコーファームの谷口様から
Fax
が届きました。生産者さんのリアルな
体験と消費者の体に優しい作物の栽培へ
のあくなき熱意が伝わってきます。

************

谷口健與(ケンヨ)様は栗東いちじく
で令和2年、3年と品評会で1位
なられています。
(かつていちじくの品評会にブログ担当も
県農政水産部の方と参加させてもらった
ことがあります。すごーい!)✨ ✨✨
下田のお生まれで下田茄子の浅漬けの味が
忘れられず、色んな種類の茄子を買って
も味が違う。
伝統野菜下田茄子が脚光を浴びてきて、
食べた時「これだ!」と歓声を上げられた
そうです。
子供の頃、家の広い桑畑の桑の葉を
養蚕農家へ出荷されていました。桑の実
はおやつ。
健康に良い、甘さ控えめの
無農薬桑の実ジャムを販売。
桑の葉茶も完全無農薬で、糖尿病の
血糖値を下げる
効果があり商品化。
玉葱の春植え栽培にも8年を経て成功。
とても美味しくて大きい玉葱になる苗の
販売も。
年間400種類もの野菜、果物、花卉を
栽培。日々の研究は省力化、出来るだけ
の有機栽培、減農薬栽培、利用法の研究
と商品化、栽培法の研究等。
数多く評価の反響があり、
まさしくエコー(=反響)ファームさんです。

頭が下がり、元気を頂きました!

 

| | コメント (0)

2022年10月26日 (水)

11/13 まで 近江米新品種「名称募集」2024年秋誕生

 滋賀県では令和6年度の本格デビュー
に向けて優れた新品種の近江米が誕生
します!
皆様に愛される近江米のトップスターと
なる名前を募集しています。

Img127


  チラシ裏面 👇  *******
Img128

募集テーマ
[1] 元気/健康/朝!  
朝ごはんに米を食べることで、健やかな
一日が過ごせるように。
[2]
環境に配慮したお米
滋賀県は「環境こだわり栽培」日本一。
オーガニック栽培をはじめ、現在の
同栽培基準より化学肥料・農薬 を削減。
[3] 近江米を全国へ!
米の消費量は年々減り続け、
美しい滋賀の田園風景を未来に残すため
全国の人に近江米を食べてほしい。

名前決定までの流れ
新品種の名前は公募→投票の
2
段階で決定します。

[1] 名称募集
20221011日~1113日)

[2] 選定(~12月中旬)
 
応募作品の中から候補を3つ選定。
[3]
名称投票
12月下旬~20231月末)
公募から選ばれた3候補と
県が考案する3候補の合計6候補により
投票を行います。投票してください!
************
プロのライター考案の候補の中から、
事前に行われた名称候補選考会議
において選定された下記の3候補

「みちる」
オーガニックを大事にする時代に
時が満ちて誕生したお米。
「てとて」
人と自然と手を取り合って作られたお米。
「いただきます」「ごちそうさま」と
両手を合わせます。
「るるる」
鼻歌を歌いたくなるほど軽やかなお米。
「瑠」は”青く”、「流」「留」から、
流れる水を大切に、環境を守るとい
想いを留めて。
************

[4]
名前発表(2月下旬ごろ)
投票の結果を踏まえて候補の中から
名前を決定し、発表します。

応募作品の要件・選考等について
詳細は募集要領をご確認ください。
5353402.pdf (shiga.lg.jp)
(滋賀県HP内

応募方法:応募専用サイトから
https://ttzk.graffer.jp/pref-shiga/smart-apply/surveys/8892818781201976422
(滋賀県HP内)

みらいの近江米プロジェクト 
「滋賀のおいしいコレクション」内)
 もご参考に
なさってください。

皆様のご応募お待ちしております!!!

 

| | コメント (0)

2022年10月17日 (月)

レポート:ジャンボ落花生を自分で掘ろう&野村茶の茶飯を味わおう~近江舞子いちご園にて~

 こだわり滋賀ネットワーク、
大津・高島支部
の秋のイベントです。
10
13日朝、近江舞子いちご園に
向かいました。天候も気温にも恵まれ、
往路、堅田以北の琵琶湖の風景は
美しいです。
Photo_20221017130401

****************
 平畑支部長さまのお話に始まります。
いざ、畑へ。
Photo_20221017130501

一人一株。一株がなんと茂みのように
大きいのです。小さなスコップでは大変。
N
さんが、大きなスコップで次々根っこを
掘り起こしてくださいました。
こだわり滋賀ネットワークの
「コーディネーター養成講座」以来の
お仲間です。
落花生を茎から採らなくては。
夢中で作業。
Photo_20221017130601

収穫の後、お隣の方も畑を丁寧に
スコップで整地されていました。

落花生の泥を落とすのに野外の流しが
あるので助かります。女性は流しで。
男の方は、電動ミキサーのような
洗い機に入れておられました。
幼稚園の大型バスも2台着きました。
そばを通る時、「こんにちは」と挨拶
される可愛い園児たちです。

Photo_20221017131101

お昼に野村(現大津市南小松)に伝わる
野村茶 茶飯のお弁当(朝早くからお役の
方々が作って下さった、薬師ごぼうと
漬物入り)を頂きました。
農作業の後、美味しいです。
環境に優しいバラン、弁当容器です。
お心のこもったお弁当ありがとうござい
ました!

写真トップは野村茶と茶飯のご説明を
お聞きしているところです。

山がすぐそこに迫っています。昼夜の
寒暖差が大きく、良質のお茶やお米が
採れる地だそうです。
今は12軒のお茶栽培になりました。
貴重なこの地の文化を知りました。

Photo_20221017131301

高島市今津町の「むねかた農園」さま
の「あきづき」という大きくて
ジューシーな梨をお土産に頂き、
湖西の農産物を実体験で学んだ
一日でした。
Photo_20221017131801
👆
家で湯がいた落花生は柔らかくて
やめられませんね。🍺 🍺

支部の皆様ありがとうございました。

****************

  近江舞子いちご園さまと大津・高島支部
との長い交流です。地域の女性への職場
となるように始められた同園の発展を目
にして素晴らしいと思いました。 💓

 

| | コメント (0)

2022年10月14日 (金)

日本と世界のオーガニック給食の実施例

  ちょっぴり肌寒くなって、木々も
ほんの少し色付いてきました。
そんな時、子供時代に給食室の調理場
から流れた温かい湯気を思い出してい
ます。
次世代を担う子供たちにオーガニック給食
が実施されていますのでご紹介致します。

日本のオーガニック給食の実施都市 

千葉県いすみ市
  全国初201710月より、
  市内13の全小中学校の給食を
  無農薬無化学肥料の有機米にする

千葉県匝瑳(そうさ)市
  有機米使用

東京都武蔵野市
  無農薬米、有機栽培米
  国産小麦のパン
  国産小麦で無添加の麺
  遺伝子組み換えでない飼料と
  抗生物質不投与の国産鶏卵使用

石川県羽咋(はくい)市
  自然栽培米で町おこし
  自然栽培米使用

愛媛県今治市
  遺伝子組み換えの食品不使用
  地産JAS認証有機野菜を使用

高知県四万十市
  米の100%、野菜の30%市内生産の
  無農薬、減農薬のものを使用
  完全米飯

世界のオーガニック給食の実施例

韓国 
     ソウル市では2021年より
   全ての小中高校で
   オーガニック無償給食実施
フランス 
   給食食材のオーガニック比率
      50%にすることを法律で定める
フィンランド
   環境への配慮で肉食を減らす
   ベジタリアン、ヴィーガン向け
   メニューでビュッフェスタイル
   有機農産物の使用
デンマーク
   加工食品を減らし、有機野菜使用
アメリカ
   カリフォルニア州マリン郡
     サウサリートマリン地区にて
        全米初 100%オーガニック食材
        使用
イタリア 
         1311都市中、111の都市で
         約90%の食材に有機農産物を
         使用
ブラジル 
        サンパウロ市で2026年までに
        100%
有機農産物使用を目指す

****************

私たち、こだわり滋賀ネットワークは
食育にも力を入れています!!!

 

※参照書籍

『食べものが劣化する日本
命をつむぐ種子と安心な食を次世代へ』
安田節子/著2019.9
東京 食べもの通信社
東京 合同出版(発売)

※参照Web (日本)

MY ORGANIC WAY
Energy Shift
Natural High Life

 

| | コメント (0)

« 2022年9月 | トップページ | 2022年11月 »