« 日本と世界のオーガニック給食の実施例 | トップページ | 11/13 まで 近江米新品種「名称募集」2024年秋誕生 »

2022年10月17日 (月)

レポート:ジャンボ落花生を自分で掘ろう&野村茶の茶飯を味わおう~近江舞子いちご園にて~

 こだわり滋賀ネットワーク、
大津・高島支部
の秋のイベントです。
10
13日朝、近江舞子いちご園に
向かいました。天候も気温にも恵まれ、
往路、堅田以北の琵琶湖の風景は
美しいです。
Photo_20221017130401

****************
 平畑支部長さまのお話に始まります。
いざ、畑へ。
Photo_20221017130501

一人一株。一株がなんと茂みのように
大きいのです。小さなスコップでは大変。
N
さんが、大きなスコップで次々根っこを
掘り起こしてくださいました。
こだわり滋賀ネットワークの
「コーディネーター養成講座」以来の
お仲間です。
落花生を茎から採らなくては。
夢中で作業。
Photo_20221017130601

収穫の後、お隣の方も畑を丁寧に
スコップで整地されていました。

落花生の泥を落とすのに野外の流しが
あるので助かります。女性は流しで。
男の方は、電動ミキサーのような
洗い機に入れておられました。
幼稚園の大型バスも2台着きました。
そばを通る時、「こんにちは」と挨拶
される可愛い園児たちです。

Photo_20221017131101

お昼に野村(現大津市南小松)に伝わる
野村茶 茶飯のお弁当(朝早くからお役の
方々が作って下さった、薬師ごぼうと
漬物入り)を頂きました。
農作業の後、美味しいです。
環境に優しいバラン、弁当容器です。
お心のこもったお弁当ありがとうござい
ました!

写真トップは野村茶と茶飯のご説明を
お聞きしているところです。

山がすぐそこに迫っています。昼夜の
寒暖差が大きく、良質のお茶やお米が
採れる地だそうです。
今は12軒のお茶栽培になりました。
貴重なこの地の文化を知りました。

Photo_20221017131301

高島市今津町の「むねかた農園」さま
の「あきづき」という大きくて
ジューシーな梨をお土産に頂き、
湖西の農産物を実体験で学んだ
一日でした。
Photo_20221017131801
👆
家で湯がいた落花生は柔らかくて
やめられませんね。🍺 🍺

支部の皆様ありがとうございました。

****************

  近江舞子いちご園さまと大津・高島支部
との長い交流です。地域の女性への職場
となるように始められた同園の発展を目
にして素晴らしいと思いました。 💓

 

|

« 日本と世界のオーガニック給食の実施例 | トップページ | 11/13 まで 近江米新品種「名称募集」2024年秋誕生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本と世界のオーガニック給食の実施例 | トップページ | 11/13 まで 近江米新品種「名称募集」2024年秋誕生 »