« 2023年3月 | トップページ | 2023年5月 »

2023年4月

2023年4月30日 (日)

5/20、21 比良を楽しむ2日間 「かんじる比良」出展47 開催

 琵琶湖の間に位置する自然豊かな
湖西比良。歴史ある「しし垣」ものこって
います。魅力ある地ですね。
web版ガイドマップを参考にして、散策
してみませんか?
自然と特別に解放される工房やアトリエの
アート、そして
比良をかんじる初夏の日をお過ごしくだ
さい!!!

Photo_20230429232301

 カフェ、焼き菓子、タコス、鮒ずしの
おにぎり、パン。
ほっとすてぃしょん比良(軽食喫茶)、
ギャラリー、アンティーク等々
感性が光る参加店の出展です。
巡り歩きたいですね。

Photo_20230429225001
チラシをクリックして、拡大してご覧 
ください。


✰かんじる比良2023✰

開催日:2023年52021
時 間10:0017:00
主 催:かんじる比良の会

滋賀県大津市北比良643

かんじる比良HP
かんじる比良 – 大津市北部エリア散策イベント (kanjiruhira.org)
さらに詳しくは 以下をご覧ください。
 
ガイドマップ 
出展者リスト
特別企画一覧 
作家と職人展
 

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

 こだわり滋賀ネットワークの研修や
イベントで、
「ほっとすてぃしょん比良」さんのお弁当
を頂きました。
美味しい地の物で作られた、女性らしく
美しい色あいのお弁当が大好きです。

ぜひ、皆様、
比良の散策をお楽しみくださいね!!!

 

| | コメント (0)

2023年4月21日 (金)

6/4 生産者さんとつながる「オープンファーム」 農場開放デー開催

 オープンファームとは、消費者が農場
まで買いに出かけて、生産者とつながり、
信頼関係を築いていくことを目的とした
イベントです。
プロの農園が見学出来てお話も聞けます。
農場では生産者さんが様々な企画をして
待っていてくださいます。
滋賀県では4つの農場で開催されます。

Openfarm20230604

 ◆オープンファーム~ 農場開放デー ◆

開催日 2023年 6月4日(日)雨天決行
時間  10:00~16:00
場所
東近江市 
   湖東フラワー
さん
    鉢花アンスリウム
東近江市
 ブルーベリーガーデンさくらさん
    
ブルーベリー&マンゴー
守山市   
 よってこファームさん
    
スイカ いちじく メロン
           オクラ   にんじん
蒲生郡竜王町 株式会社
 よろこび農園竜玉(リュウギョク)さん
            サクランボ

見学無料 駐車場あり

詳しくはオープンファーム」のHPを
 ご覧ください。
オープンファーム 農場開放デー | プロの農園を見学できるチャンス (openfarm.jp)

 爽やかな緑の農園で心も癒されること
でしょう。写真撮影も楽しいですね。
私たちの命のもとである作物を作って
くださっている生産者さんのご努力にも
触れることが出来ます。
ぜひ、農場へお訪ねください!!!

 

| | コメント (0)

2023年4月 8日 (土)

「春風マルシェ」レポート~堅田 浪の音酒造にて~

 先月大津市堅田にある老舗、
「波の音酒造」さまのマルシェを訪れ
ました。会場は重森三玲作庭のある
余花朗邸です。何という贅沢な設定の
マルシェでしょうか!

Photo_20230408183901
玄関へのアプローチ、
山科にある山縣有朋公の無鄰菴を思い起
こさせます。

Photo_20230408184201

玄関。高浜虚子揮毫の額。
備えられた靴を入れるビニール袋を
前に来られた方が渡してくださいました。

Photo_20230408184601

お座敷ではアクセサリーやクッキー、
布雑貨、籐細工など若い方々の出店で、
爽やかな雰囲気です。
廊下、インテリアの布の色調が草木染の
ようで、ご趣味が偲ばれます。

Photo_20230408185201

重森三玲が愛でたという灯篭。
シンプルな美しさです。
垣根の向うにびわ湖が見えます。

Photo_20230408185801

奥の洋間にカフェコーナーがありました。

Photo_20230408190101

連れは桜餅とおはぎのセット、虫歯予防
のため筆者は珈琲をお願いしたのですが、
びわ湖の形のクッキーが添えられていま
した。
お値段も控え目になさっています。
美味しいひと時でした。
丁寧にサーブされて、このマルシェには
何よりも和やかな会話があります。

_20230322_

お目当ての酒粕パン、一番に。
トースターから、いい香りが漂います。
お酒が飲めなくても好きです。

_20230322__20230408191101

黒いドットの入った酒粕で、酒粕ケーキを
焼きました。自家製の柚子と金柑ジャムを
砂糖代わりにして。

_20230326_

レシピは200gの小麦粉に50gの酒粕です。
美味しくてよく作っています。

 

余花朗とは御当主の先々代が、虚子の
お弟子さんで、その俳号だったようです。
お店の佇まいや、余花朗邸の調度も主張
する物ではなく、ゆかりの絵や書も
さり気なく飾られています。

御盛況で、キッチンカーには列に並ぶ
お客様の姿もありました。

200年余続く酒造と
余花朗邸という堅田の誇る文化資源に
触れることが出来たマルシェでした。
ありがとうございました。

 

| | コメント (0)

2023年4月 2日 (日)

新年度です!「植物と人、水と人とのふれあい」 みずの森で春を満喫しました!

 新年度です。
4月、心も新たになります。
皆様昨年度はありがとうございました。

 春を体験したくて、びわ湖のほとり
草津市烏丸半島にある草津市立
水生植物公園みずの森
へ行って来ました。
琵琶湖の自然に囲まれた植物公園です。
Photo_20230402222401
 Facebookの「滋賀のイイとこっ」でも、
四季折々、この植物園の話題が多く寄せ
られるほど滋賀県民に愛されています。
杖をついたお母さまを伴ってふたりで来ら
れた方や、楽しそうに過ごす子供達の姿。

Photo_20230402223101
ゲートを入ると広場の豊富な花々に圧倒
されました。チューリップ、ストック等々。

Photo_20230402223201
散策路を歩いてみました。
道や憩えるスポットが幾通りもあるので
密にならないようです。
一面のクリスマスローズです。

Photo_20230402223701
桜咲く遊具のある美しい公園です。

Photo_20230402224001
はなももの木の前ではカメラが向けられ
ているほど一本の木に赤と白、ピンクの
花が見事に咲いていました。

Photo_20230402224201
アトリウム(温室)に入りました。
珍しい熱帯の植物です。

Photo_20230402224501
睡蓮があちこちで咲いています。
これら熱帯種は一年中見られますが、
午後3時頃には閉じてくるそうです。
白、青、ピンクの花々。瑞々しい美しさ
にカメラを構える人たち。
巨匠モネが睡蓮に終生魅せられたのも
納得できました。

レストランもあって癒しと憩いの場です。
持参のお弁当なども公園内の屋外
(芝生広場など)の他、ロータス館の
無料休憩所にて飲食できます。
***************
同植物公園では、貸し出し用に
車椅子5台、ベビーカー5台、
シルバーカー5台をご用意下さって
います。入園料も状況によって
ご配慮されています。
お弁当持参も許可されていますが、
ゴミ削減のため、園内にゴミ箱は設置
せず、ゴミは各自お持ち帰り下さいと
あります。

びわ湖と隣接する美しい自然環境
のみならず、園のきめ細かなお心配りに
も感銘を受けました。
みなさまもお訪ねください。

水生植物公園 みずの森
住所 滋賀県草津市下物町1091
TEL077-568-2332 
FAX077-568-0955
開園時間
通常 900から1700
夏季期間(7月) 700から1700
最終入園閉園30分前
休園
毎週月曜日
年末年始(1228日~14日)
月曜日が休日の場合は次の平日が休園日
アクセス
JR「草津駅」西口発、近江鉄道バス
「琵琶湖博物館・みずの森」行き乗車、
(約25分)
バス乗り場へは西口方面へ進み、右側階段
を降りた左側すぐ 
○名神高速道路「栗東IC]もしくは
「瀬田西IC「草津田上IC」 から
湖周道路へ出て烏丸半島へ
琵琶湖博物館を越えて進む
(インターから約30分)
駐車場
入園される方は、無料
普通車 84台(内、障がい者用4台)
バス 3
満車の際には第2駐車場をご利用下さい。
入園料
大人300円、シルバー(65歳以上)150円、
高校生・大学生250円、中学生以下無料

障がい者の方、介護者1名入園料は無料。
介護保険被保険者で要介護認定を受けて
いる方無料。要介護①~⑤の方について
は、介護者1名も入園料は無料です。

 

| | コメント (0)

« 2023年3月 | トップページ | 2023年5月 »