« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »

2024年2月

2024年2月23日 (金)

大豆発酵食品「テンペ」の工場見学~大津高島支部 めっけもんインタビュー~

 2月上旬の寒い時期にもかかわらず、
こだわり滋賀ネットワーク大津高島支部
有志の方々が大津市北部の大豆発酵食品
テンペの工場を見学されました。
この「めっけもん」という企画は、支部
全体の活動イベントに加えて、希望の
方々でフットワーク軽く、オプションと
して行われています。 

5270627_20240223131001  
今回セッティングして下さった内田様
ご夫婦、森田様、そして写真と共に
レポートをお書き下さった副支部長
ディガン様が参加されました。
詳細なご報告をありがとうございます。
以下にレポートをご紹介させて頂き
ます。

「テンペとは、大豆をテンペ菌で発酵
させたインドネシア発祥の発酵食品
です。テンペの材料は、大豆、
テンペ菌、水のみで作られる
古来から
インドネシアに伝わる製法で、600年
の歴史があるそうです。
大豆発酵食品テンペを製造販売される
大津市北部在住のルストノさんご家族
の工場は、比良山系の自然豊かな場所
にあり、こだわりメンバーで見学へ
行ってきました。
Photo_20240223114801
徹底した温湿度管理をされた製造工
場の中への立ち入りは、菌の繁殖が
活発でない冬の寒い時期にのみ見学
が許され、お邪魔させていただきま
した。
Photo_20240223115101
 テンペ菌は、ハイビスカスの葉の裏に
付着しているクモノスカビの一種とさ
れ、発酵により大豆の表面が白い菌糸
で覆われて、大豆1粒同士の結着性が
良く、薄くスライスして料理に使用し
ても形状を維持しやすく
なっています。

Photo_20240223132301

インドネシアの市場では、抗菌作用の
あるバナナの皮に包まれて売られてい
る庶民的な食品だそうです。
ナシゴレンやテンペゴレンなど
インドネシアの定番料理だそうです。
テンペは、たんぱく質や食物繊維が
豊富で、
大豆に含まれるポリフェノ
ールやイソフラボ
ンは抗酸化作用が
あり、コレステロールは、
ゼロ!!
アンチエイジングの強い味方
です。

 100%国産大豆を厳選した栄養価の高
いテンペは、澄み切った天然水を利用す
ることと製造工程に美味しくなるこだわ
りがあるそうです。北海道産と滋賀県産
の二種類の大豆を使用し
、製造工程も
煮る方法と蒸す方法と分けているそう
です。滋賀県長浜市の契約農家さんが
育てた特別栽培の大豆は、蒸し上げ
旨みを凝縮された味
になっているそう
です。
Photo_20240223131601Photo_20240223131701
約一晩浸水された大豆は、通常煮て
柔らかくし、皮をむき、洗浄、水切り、
テンペ菌投入、パック詰め発酵という
工程で製造され、大豆本来の風味を
活かしたテンペは冷凍で出荷される
そうです。
Photo_20240223131301 Photo_20240223132101

「発酵するときの香りに違いが現れる
テンペは、自然豊かな比良山からの恵み
の水で、インドネシアで食べるより美味
しいテンペが製造できている
」と笑顔で
話してくれました。
しかし「知名度のないテンペを日本で
どう展開し販路を開拓するか」が課題
と話される一方で、アジアン料理には
欠かすことのできないテンペは、日本
全国から問い合わせがあるそうです。
京阪デパートや”道の駅”妹子の郷”で
購入できるそうです。是非手に取って
みてくだいね。」

レポトからは、テンペが健康に最適な
食品という事が良く分かりました。

文字のカラーはブログ担当が入れさせて
頂きました。健康に良い情報と生産の
ご努力の状況を教わりました。
めっけもん探索の皆様、
お疲れ様でした!

 

| | コメント (0)

2024年2月20日 (火)

県内の地域資源で「浜大津こだわり朝市」レポート

毎月第3日曜日、浜大津駅前
スカイサークルで開催されている
朝市に行って来ました。

8時から12時まで。
2
18日の朝は、わずかな小雨も止んで、
寒さも厳しくはありませんでした。
8
時半になるまでに、買い物客がこんなに
も集まって来られました。
Photo_20240219222401

**~**~**~**~**~**~
浜大津こだわり朝市
日時
: 毎月第3日曜日
     朝8時から12時まで

場所: 浜大津駅前スカイサークル
      (スカイクロス)※
京阪びわ湖浜大津駅の改札を出て
  すぐの広場です

主催:    こだわり大津百町市委員会
事務局: 株式会社まちづくり大津 内
**~**~**~**~**~**~

「沖島漁師の会」さま、
遠く朝早くから出て来られたのだと思い
ます。お目当ての鮒ずしを一匹手に入れ
ました。
アツ!
おじさまが試食の生魚を勧めて下さるの
ですが、目はひとつしかない「鮒の子造
り」に。湖国の郷土料理ですね。
うろりの佃煮と共に頂きました。
すべて沖島産。
早起きしたかいがありました。
湖魚の天ぷらも目の前で作っておられ
ました。

Photo_20240219223601

次に信楽の「かたぎ古香園」
(こうかえん)さまへ。
Photo_20240219223901
こちらの「信楽高原紅茶」は、
特別栽培農産物、農薬不使用栽培
です。今朝もミルクティーで飲んできま
した。我が家の日本茶も農薬不使用の
こちらのお茶です。
息子にも送っているので、農薬不使用の
朝宮茶煎茶ティーバッグを本日も頂き
ました。
遠路ありがとうございます。

日々お野菜は必須です。
湖南からも来られています。
Photo_20240219224101
白菜を頂きました。これで鍋ですね。

東海道最大の人口を誇る宿場町であった
ことを示す浜大津の「大津百町」。
地元野菜とお魚の「百町市場」さまは
丸屋町から。
ニンニクを頂きました。
Photo_20240219224301

Photo_20240219225501

県内から集まる豊かな食材に
主婦はワクワク感でいっぱいになりま
した。
様々な出店です。燻製肉、珈琲のお店や
洋服もありましたよ。

買ってきた品は以下のとおりです。
Photo_20240219225701

駐車場は、明日都やスカイプラザがあり
ます。
スカイプラザは、明日都と共に乗り入れ
30
分は無料でした。
Fからはスカイサークルと同じフロアー
で入れます。

Photo_20240220101101

「こだわり大津百町市委員会」さま

「まちづくり大津」さま
体に環境にやさしい企画と
生産者さまとの交流の場を
ありがとうございました。

日曜日、浜大津の爽やかな活気で
楽しい朝になりました。

| | コメント (0)

2024年2月11日 (日)

第1なぎさ公園の菜の花畑 春を呼ぶ菜の花の食材

2月7日に守山市今浜町地先にある
1なぎさ公園の菜の花畑に行きました。
にわか雨の降った後でしたが、見事に
菜の花が一面に広がっていました。
見頃で、みずみずしい美しさでした。

Photo_20240211183301

道の駅 びわ湖大橋米プラザで買い物を
していたので、雨の後、午後の遅い時間
になりましたが、訪れる人々も多く、
それぞれが楽し気に写真のポーズを
とっておられました。
見頃は2月中旬ごろまで。
駐車場も設けられています。
4
時を過ぎていたので指定された
マリオットホテルの第2駐車場への指示
がありました。
みさき自然公園の駐車場は
夕方の時間には閉鎖されますので、
ご注意ください。

Photo_20240211183501

目の覚めるようなビタミンカラーです!
空と比良山とびわ湖のある景色を背景に
幸せな気分にしてくれます。

Photo_20240211183801

4000平方メートルの敷地に整然と植え
られた1万2000本のカンザキハナナの
菜の花畑は、シルバー人材センターの
方々が毎年整備して下さっているそう
です。

先立って、米プラザで地元のお野菜の
お買い物をしました。
Photo_20240211184101

菜花で早春を実感。
おひたしにしようか、ちらし寿司に
飾ろうかと嬉しい思案中です。
Photo_20240211184301

大津市上田上の「菜の花漬」(黄金漬)もあります!
Photo_20240301115201

 

| | コメント (0)

2024年2月 8日 (木)

東近江支部昨年末活動報告~農家民宿さんしゅゆの宿でしめ縄作り~

春が間近です。
新春のためこだわり滋賀ネットワーク、
東近江支部では、昨年の最終活動として
12
26日にしめ縄作りが開催されま
した。
多田支部長様から、その写真と共に
ご報告を頂きました。
ありがとうございます。

5270627_20240208174801

会場は農家民宿植田さまのお宅、
「さんしゅゆの宿」です。
哲学者森信三氏の一番好きな花が
屋敷の塀越しに見えて早春に咲く、
黄色いさんしゅゆだったことを
思い出しました。
20232

藁の香りと手触りと楽しい語らいが
伝わってくるお写真です。

Photo_20240208134101

そして、お食事も。
農家さんの畑の新鮮な食材が並びます。
藁づくり、郷土料理に
日本の伝統文化が伝えられています。

「植田さんの御主人上手に作られまし
た、海外から戻られていたお孫さん達
も参加、楽しい交流になりました」
多田由喜子支部長さまのご感想です。

 

| | コメント (0)

« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »