« 2024年3月 | トップページ | 2024年5月 »

2024年4月

2024年4月30日 (火)

お洒落で こだわり食材の「おむすびカフェ銀月舎 」@信楽 陶芸の森

 ゴールデンウィークいかがお過ごしで
いらっしゃいますか。
はや水田の風景を見かけるようになりま
した。雨が近いのでカエルも鳴き出して
います。

 昨日信楽に出かけました。新緑が素晴
らしくて感動しました。
国道307号線、橋の陶器のカエルさんを
見ると、ニッコリして胸が弾みます。
滋賀県の誇る陶都に入りました!
Photo_20240430220401
今回の信楽へは、温かみのある動物等の
作品デザインで人気の北欧の陶芸家
リサ・ラーソンの展覧会に行きました。

まずランチを県立陶芸の森産業展示館内
「山とおむすび 銀月舎」さまで。
広いレストラン、2時でも満席。
7人待つ間に、電話連絡もあるので、
館内の陶器の作品が鑑賞できます。
素晴らしい作品群!!
Photo_20240430221701
携帯が鳴りました。お声も掛けて下さい
ます。ガラス張りのカフェに入ると、
大きなアトリウムの中にいるみたいで
す。広くてゆったりくつろげます。
Photo_20240430222401
釜炊き近江米、地元野菜の食材、調味料
にもこだわっておられる銀俵さまの
姉妹店のカフェです。

「信楽の丁寧な手仕事の文化に出会い、
米づくり、茶づくり、野菜づくりにも
作り手のこだわりや想いが詰まってい
、宝物がたくさんありました。
その作り手の方々に感謝し、できるだけ
地元のものを取り入れた料理をつくって
いきたいと考え始めて15年。」
(銀俵さまHPより)

Photo_20240430225201
信楽焼の羽釜で炊いたおむすび定食
です。信楽焼きの作家さんの素敵な器で
頂きました。美味しくて、和のお味は
安らぎます。粕汁、手作り豆腐、煮卵
など。

Photo_20240430223501
 次はさらに上に登って陶芸館での
リサ・ラーソン展を訪れました。
ファンなので信楽で2度目です。
帰りに目当てのグッズは、絵本を2
買って帰りました。
食と芸術で楽しい一日となりました!!

 

| | コメント (0)

2024年4月24日 (水)

こだわり滋賀ネットワーク 東近江支部 本年度の活動予定

雨が降り続いています。
今年は気候の変動などで農家さんの作物
にも被害が出ています。
桜が終わり、若葉の季節になりました。
そして端午の節句がもうすぐ。
Photo_20240424232601

さて、支部活動も始動の時です!
こだわり滋賀ネットワーク東近江支部、
支部長多田さまより今年度の活動予定を
頂きました。ありがとうございます。

**◇**◇**◇**◇**◇**◇
東近江支部 本年度の活動予定

4月20日総会において近江米の食べ比べ
  近江米3種+もち麦2割入り
5
20政所でお茶摘み体験
5月24日島本微生物工業さんの会社及び
      農場見学と
      プチトマトの収穫体験実施
6
月(日程未定)
   園田ファームさんにて研修
6月18日政所新茶まつりに参加予定

**◇**◇**◇**◇**◇**◇
政所茶について

鈴鹿山脈の谷あい、東近江市政所町で
生産されるお茶です。
谷筋の地形による寒暖の差と、愛知川で
生じる朝霧が銘茶を生み出し、
秀吉お気に入りのお茶だったそうです。
明治期には、3万キロあった製茶も、
戦時中の芋畑への転換、高度経済
成長を経て、減少の一途であり、生産者
の高齢化でも減少し続けています。

政所茶に誇りをもつ地元茶農家さんが、
茶畑の再生や茶づくり塾の開講など
移住者も増えて、頑張っておられます。

急斜面の茶畑のため、全行程が手作業
で行われており、収穫も手摘みです。
さらに、奥永源寺地域で栽培されている
政所茶は完全有機・無農薬栽培です。
昔ながらの栽培方法で、植物由来の
「菜種の油かす」や、「ススキやカヤ」
などの有機物のみを肥料にしていて、
安全・安心な「山の香り」溢れる味わい
は、政所茶の一番の特徴です。

参照:引用
HP政所茶|知る|みんなの奥永源寺)

No

 

| | コメント (0)

2024年4月19日 (金)

滋賀の暮らし初夏へ~地産食材に囲まれて~

こだわり滋賀ネットワーク
企画運営委員会が415日に開かれ、
以下の事項を協議しました。

令和5年度の事業報告、収支決算
令和6年度の事業計画案、収支予算案

広報誌「こだわり。」、支部活動
滋賀の農業まるごと知っ得講座
ついて。

会員の皆様、今年の夏秋の知っ得講座も
楽しみにお待ち下さいね。

さて、もうすぐ5月です。
鯉のぼりが風に吹かれて泳いでいます。

2024
         (堅田、天神川にて)

***************
新鮮さ抜群の野菜たち

道の駅びわ湖大橋米プラザで、地元の
野菜を買いました。
Photo_20240419224801
タケノコご飯。
タケノコは驚くほど柔らかくて、感動。
アイスプラントも新鮮。
アイスプラントは育ててみたのですが、
乾燥を好むので日当たり良く、雨も降
るので難しかったです。

Photo_20240419225101
曲がりキュウリが6本入っていて180円。
トゲの鋭いことが新鮮さの証明です。
かなり鋭くて、ビックリ。
野洲市の東農園さまのです。
ぬか漬けに。

***************
コープしがさんの個配で
地元の野菜や食品を買いました。
Photo_20240419225301
お芋ご飯、草津市田渕さまのサツマイモ
紅はるかです。形の不揃いだったかを
チョイスしました。

東近江市の丸菱製麺さまの焼きそば用
蒸しめんは、国内では約8割以上を
輸入小麦が占める中、100%国産小麦
で製造。滋賀県産小麦も使用。
こだわりを持っておられます。
Ebi
海老焼きそば。

***************

5270627_20240419231101

こだわり滋賀ネットワークの全支部、
新入会員の方々も増えています。
私たちは、生産者と消費者のきずなを
深める活動
をしています。

活動内容
生産者や現場を訪れるイベント等開催
農業についての勉強会、交流会等開催
滋賀の農や食に関する情報を発信

一緒に活動して頂ける会員を随時募集
しています。
入会はコチラの↓HPから、
事務局までお願い致します。
こだわり滋賀ネットワーク|滋賀県ホームページ (shiga.lg.jp)

こだわり滋賀ネットワーク事務局

  • 住所〒520-8577
    滋賀県大津市京町4-1-1
    滋賀県 農政水産部
     みらいの農業振興課内
  • 電話番号077-528-3895
  • FAX番号077-528-4882
  • メールアドレスkankyo-kodawari@pref.shiga.lg.jp

 

| | コメント (0)

2024年4月11日 (木)

ポコ・ア・ポコ 滋賀県の食材で作ったパンを滋賀県の子供達へ

桜咲き、新年度になりました!
事務局の皆様、会員の皆様、
お世話になります。
本年度も環境こだわり農業・
びわ湖の水産業を応援しましょう!

Photo_20240411230701

さて、滋賀県は米どころ、麦どころ。
地産地消の安全で美味しいパンのご紹介
です。
Photo_20240411230801
(黒米食パンとクロワッサン)

地元農家さんに小麦の委託生産されてい
長浜市の
ポコ・ア・ポコ 丸栄製パン(株)さまの
ご紹介です。

 日産25,000食、県内の小中学校では
159
52,000人の学校給食を受託されて
います。

それには、安全基準の遵守、厳しい
衛生管理のクリアに加えて材料の
こだわりがあるそうです。
滋賀県の食材で作ったパンを
滋賀県の子供達へ
という強い信念に
基づかれています。

「何とかパン作りに向いた小麦が作れ
ないかと考え、志を共にしてもらえた
生産者さんと研究を重ねました。苦労
の末、パンに向いた品種『ニシノカオ
リ』、『ゆめちから』を見つけ、県内
生産を実現しました。
『ニシノカオリ』で栄養価の高い全粒粉
パン、『ゆめちから』で小さな子ども
たちにも好まれる、白くてふんわりとし
たパンを作ることに成功しました。これ
らの小麦の可能性を追求し、後世に広め
る取り組みを進めています。」
(丸栄さまHPより)

poco a pocoって楽譜によく出てくる
音楽用語ですね。

この意味の「少しづつ」には、パン作り
への日々努力をされている丸栄さまの
謙虚なお気持ちが伝わってきます。

コープしがさまの個配のカタログに
黒米パンがあったので、注文。
去年も今年もオープンサンドにして
います。風味がとっても美味しいです。
いつもレタスとロースハムと卵。(
💦

202311
2023.11

1_20240411231101
2024.1

Photo_20240411231501
2024.4 全粒粉食パン(滋賀県産小麦100%)

生地を味わいたくて、そのまま頂きまし
た。これも風味がとっても美味しいです。

ポコ・ア・ポコ 丸栄製パン(株)さま
 HP https://poco-p.jp/
ぜひホームページのメディア掲載も、
TV「ちちんぷいぷい」等、
御覧ください。
辻井社長様の地産の安全なパン作りへの
熱い思いに信頼感で満たされます。

| | コメント (0)

« 2024年3月 | トップページ | 2024年5月 »