「いろは」と漢数字で柱に番号がついています。
建築では、特に日本建築では昔ながらの尺貫法がいいそうです。
一寸法師がどのくらいの大きさなのかわかりました。