竹を焼べると繊維を通じて切り口から沸騰した水分がじゅわじゅわ。
「も、もしかしてこれが竹酢液!?」と思いきや、「竹の水分ですよ」。
あはは、そうっすよね。