万葉集からも当時の安曇川の様子が生き生きと語られているようです。
畊心庵の前に歌碑が建てられています。